海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP2018GW~ルクセンブルク4泊6日【前編:エッシュ・シュル・シュール他】の旅行記

2018GW~ルクセンブルク4泊6日【前編:エッシュ・シュル・シュール他】

小国ルクセンブルクは森と渓谷の国。ルクセンブルクに4泊し、田舎町も。前編は、ルクセンブルク市内と、エッシュ・シュル・シュールとラロシェットです。

2018GW~ルクセンブルク4泊6日【前編:エッシュ・シュル・シュール他】

2018GW~ルクセンブルク4泊6日【前編:エッシュ・シュル・シュール他】

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

2018GW~ルクセンブルク4泊6日【前編:エッシュ・シュル・シュール他】

【1日目】
雨を気にしながら早めに起床。雨の止み間を見ながら、早めの6:00に出発。8:30には成田到着。自動チェックインでスイスイ♪保安検査もイミグレも混まず、快適。KALのラウンジでゆっくりしたあと、11:10のフライトで、まずはコペンハーゲンへ。

15:30にコペンハーゲンに到着。5時間近くの乗り継ぎ時間、外に出ることも出来るけれど、それは帰りにしようということで、ラウンジタイム。ラウンジ「Aviator」にてゆっくり。コペンハーゲンは空港自体素敵だけど、このラウンジもカフェみたいでとてもカワイイ。

搭乗には十分に間に合うようにラウンジを出たけれど、A26ゲートはなかなか遠い。どんどん人のいる場所から離れて、空港のはずれみたいなところへ…がらーんとした人のいない搭乗口、もうすぐ搭乗時間なのに…と不安になってキョロキョロするわたくし。

飛行機は小さめで、人数が少ないだろうことも分かっていたけれど、搭乗口が変更したのではとか不安になってソワソワするわたくし笑。まぁ時間近くなったらスタッフがやってきて、チェックインも始まったけどね。20:20の定刻に飛行機は無事テイクオフ。

写真を拡大する

2018GW~ルクセンブルク4泊6日【前編:エッシュ・シュル・シュール他】

【1日目】
さて、22:10にはルクセンブルク空港到着。
今回のホテルは4泊ずっと空港近く「ibis budget Luxembourg」
到着時間が夜遅く、出発時間が早朝というフライトスケジュールの中、1泊目と4泊目はここしか選択肢がなく、中2泊は街中の方が都合がよかったけれど、ルクセンブルク市内はすごく料金が高い…(私の感覚では、ですが笑)しばらく検索の日々を過ごしたけど、手頃なホテルが見つからず、結局4泊同じところにいた方が楽じゃん?って思い。

空港からホテルは見えているものの、10分ちょいくらいは歩く。24時間チェックインOKのホテル、でもカウンターには誰もいない…「おやっ??」とソワソワしていると、集まっておしゃべりしていた宿泊客の若い女の子たちが、「チェックインしたいの?多分だけど、あっちで出来ると思うよ」って教えてくれる。ありがと~ってそちらへ行くと、隣接する普通のIbisのカウンターがあって普通にチェックイン出来た。女の子たち、ありがとう~。

さて、時間は22:45。
時差もあり非常に眠いので、ささっと身支度して就寝。

写真を拡大する

2018GW~ルクセンブルク4泊6日【前編:エッシュ・シュル・シュール他】

【2日目】
疲れてはいたけど、時差もあり、6:00には起床。7:45にはホテルを出発、まずは徒歩で空港へ。いろいろ計算して、ルクセンブルクカードをここで買えたらベストだと思っていたけど、予想通り、「駅で買ってね」と言われる。了解!

バスで旧市街へ行くため、€2でチケットを買おうと
券売機に入れたんだけど、
しーん…
コインが落ちていかないけど、引っ張り出すことも出来ない…
がちゃがちゃと試行錯誤していたら、バスの運転手さんに、あっちの券売機使って~的なことを言われる。運転手さんそれで去ろうとするから、「2ユーロが!ここに!!詰まっちゃってぇ(日本語)」と慌てて伝えたら、少々あきれ顔で、もう乗っていいよって感じだったので、お金は券売機に引っ掛かったまま、16番バスに乗せてもらう。ありがとう8:08出発。

あとで思えば、あの券売機は壊れていたわけではなく、クレジットカードしか使えないのに、無理やりコインをつっこんだんだな、私…自分のせいだったんだな…あーごめんなさい。改めて運転手さんに感謝。

さて、 行き先はルクセンブルク駅。朝ということもあるのか、30分以上かかって到着。駅では、すぐにルクセンブルクカードを買えそうな場所を発見。ルクセンブルクカードは1日、2日、3日券の3種類。いろいろ計算して、今回は2日券を€20で購入。公共交通や多くの観光施設が無料になる素敵なカード。ルクセンブルクには、このカードのほかに、電車とバスが乗り放題になる1日乗車券€4もお得。翌日はこっちを買って使いました。

さて、駅から旧市街まではそれなりの距離なので、遠慮なくバスに乗車。適当に、22番バスで「Hamilius」まで。そこから歩いて、旧市街の中心へ。

ギヨーム広場のインフォメーションに立ち寄り、地図をもらうついでにおじさんが丁寧に、とてもわかりやすい英語で観光ルートを説明してくれた。ありがとう。ちなみに、地図は日本語バージョンありです。…のわりに日本人、いたかなぁ?

ふらふらとこちらはノートルダム寺院。ミサ中だったので、見学は遠慮し、後日と思ったけれど、結局なんだかんだ忙しくて中には入らなかったなぁ。

写真を拡大する

2018GW~ルクセンブルク4泊6日【前編:エッシュ・シュル・シュール他】

【2日目】
さて、こちらは憲法広場からの眺め。ちなみにこの憲法広場、ちょっとした遊園地?になっていて、メリーゴーランドとかがあったりして。でも朝は閑散。

あちらの橋はアドルフ橋。駅への行き来でバスで通ったけれど、こうしてみると、この景観の素晴らしさがよくわかる。街中に渓谷があるってぴんとこなかったけれど、こうやって見ると、なるほど、と。

なんてよいお天気、なんて美しい緑。

写真を拡大する

2018GW~ルクセンブルク4泊6日【前編:エッシュ・シュル・シュール他】

【2日目】
さて、ギヨーム広場を通って、地理を掴みがてら、大公邸を見てみる。インフォメーションの人がパレスって言っていたけれど、
パレス!!って感じではないかなぁ笑 
でもこの青空に立派な建物、映える!

夏場は内部見学ツアーもあるらしい。
私はこうやってみるだけで満足。

さて、どこへ行こう?

写真を拡大する

2018GW~ルクセンブルク4泊6日【前編:エッシュ・シュル・シュール他】

【2日目】
ぶらぶら歩いて、ボックの砲台の方へ向かっていったら、
不意に景色の良いところに出る。

これこれ!これがイメージするルクセンブルク!って感じの風景が一望できる場所。ルクセンブルクって調べるとよく出てくる写真の場所。

写真を拡大する

2018GW~ルクセンブルク4泊6日【前編:エッシュ・シュル・シュール他】

【2日目】
あそこがボックの砲台。堅固な天然の要塞だと実感する風景だわ。
さて、早速ボックの砲台の中へ。ルクセンブルクカードで無料。
ダンジョン探検みたいで面白かったのだけど、途中で出口と気づかず、一方通行の回転扉を出てしまい、途中なのにダンジョン探検終了…ちーん…

…まぁいっか。天気いいし、中にいるのももったいないしねー。
ってことで、散策は続く続く。

写真を拡大する

2018GW~ルクセンブルク4泊6日【前編:エッシュ・シュル・シュール他】

【2日目】
うーん素敵な風景。
尖塔のある建物は、サン・ジャン教会。
ただでさえ絵になる風景だけど、教会があるとさらに絵になるなぁ。遠景の緑も美しい。
眼下を流れるアルゼット川。あの辺歩きたい!

一旦どんどん先まで歩き、3つの塔を見た後、も一度来た道を戻り、エスプリ広場の方を目指してみる。

写真を拡大する

2018GW~ルクセンブルク4泊6日【前編:エッシュ・シュル・シュール他】

【2日目】
時間は11:00過ぎ、日も高くなって、朝寒かった気温も、上昇中。とっても過ごしやすい温度に。そして、時間も時間でぞろぞろとツアー客がこの風景をちょっと見てはガイドについてどんどんいなくなる。

私にはあのペースは無理だなぁ~ってやっぱり思ってしまう。
ゆっくり、ゆっくりと自分のペースでこの景色を堪能。ツアー客が押し寄せているときは、うへーっと思うけれど、しばらく待てば全く人のいない時間が訪れる。こんないい季節のヨーロッパにしては、きっと人は少ない方だろうなー。いいとこに来た!

写真を拡大する

2018GW~ルクセンブルク4泊6日【前編:エッシュ・シュル・シュール他】

【2日目】
エスプリ広場に向かって歩く歩く。
こちらからの眺め、かなり良い。途中途中、ベンチもいくつかあって、のんびりと過ごすにはよさそう。

のんびり歩いているうちに、ランチタイムだ!
今日は朝ごはんを食べていなかったし、早め早めに食事をしたかったので、早速予定していたガレット屋さんへGo!

写真を拡大する

2018GW~ルクセンブルク4泊6日【前編:エッシュ・シュル・シュール他】

【2日目】
12:05、ダルム広場近くの「Brasserie Matelots」に到着。お客さん誰もいなくて、営業中??とメニュー見ているふりをしながら様子をうかがっていると、1組、また1組とうろうろし始め、ようやく店員さんが気づいてくれる。私も入るー!と3組目で入店。

ガレットを食べるんだ~と決めていたので、ガレットのとこをガン見。しかし種類がたくさん…英語書いてあるけど、食材だとわかんない単語も多い。ハムと卵とあとなんか(チーズの名前だったのかな)のガレットをいただくことに。ウェイターさんが気にかけてくれ、日替わりメニューも説明してくれた(よくわからなかったけど笑)

実はガレット、これまでに食べたことがない料理。せっかくなので、海外で初体験しようと意気込んでたりして。運ばれてきた瞬間、大きさに恐れおののき、でもガレットだし食べ切れるでしょと高をくくっていたら、けっこうお腹にたまるものね…とってもおいしかったけれど、少しだけ残してフィニッシュ。
これは夕食は無理くさい。食後にコーヒーもいただき、素敵なランチタイム。
飲み物入れて€18.20なり。

退店するとき、忙しくてバタバタしてごめんね~って感じのことを言ってくれたけど、全然大丈夫!気にかけてくれてありがとう。

写真を拡大する

2018GW~ルクセンブルク4泊6日【前編:エッシュ・シュル・シュール他】

【2日目】
さて、午後はグルント散策の予定。断崖になっているこの街、高台の方が街の中心で栄えているけど、下に見えているグルント(低地)も落ち着いていていい感じ。

ちなみに高台とグルントの高低差は40~50メートルとか。ビルだったら10階以上。簡単に行き来することのできない高低差ね…
そこは近代都市ルクセンブルク、ちゃーんとエレベーターが設置されています。まぁ、2か所しかないけど。そのうちの北側の方のエレベーターに行ってみた。
事前調べで場所がよくわからなかったけど、さっきもらった地図にちゃんと記載あり。

このエレベーターがなかなかすごくて。エレベーターに続く通路が空中通路っていうかなんて言うか、低地部分に突き出していて、ガラス張りなので、眺めがよい!
こちらはそこからの眺め(ガラス越し)です。
高所恐怖症なので先端部分に建つのが怖くて、足元をトントンと確かめたり、腰が引けていたりしたから、近くにいたお姉さんがちょっと受けていた。だって怖いんだもん~。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

2018GW~ルクセンブルク4泊6日【前編:エッシュ・シュル・シュール他】へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

後編は、
2018GW~ルクセンブルク4泊6日【後編:クレルボーとヴィアンデン他】
https://tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/80955/
をご覧いただければと思います。

【旅の費用メモ】
ルクセンブルクの空港にて、5/3にキャッシング レートは€1=131.652円 1kr=17.874円(デンマーク)

[移動:86,090円]
航空券(日本~コペンハーゲン~ルクセンブルク往復) スカンジナビア航空 86,090円
※航空会社のオンライン予約で、2017/5/27に手配。

[宿泊:30,017円]
・「Ibis budget Luxembourg Aeroport」 4泊€228(30,017円)
※ホテルの公式サイトにて、2018/3/5に手配。

[食事:9,993円]

[観光:6,631円]
・旅行中の交通費:€6+150kr(3,471円)
・観光施設の入場料:€24(3,160円)

[その他:987円]
お土産など

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・

ルクセンブルクのシックな色彩の街並みに惹かれていたこともあり、
1年近く前にお安い航空券を発見して迷いなく予約。
4泊もあればベネルクス三国とはいかなくても、
オランダやベルギーにも足を伸ばしてみるっていうのもありだったと思うけど、
あちこち大荷物持って移動する旅にちょっと疲れたので、今回はルクセンブルク4泊。
ルクセンブルクとの国境に近い、ベルギーの田舎町くらいには日帰りで行こうかと思って、
最後までデュルビュイという町の訪問を諦めきれなかったけど、
季節や曜日の都合で交通機関が上手く組み立てられず、断念。
その代わり、ルクセンブルクの田舎町をいくつか訪問する日程にしました。

5月という季節もあって、穏やかな気候の中緑豊かな風景を楽しめました。
電車やバスでの移動も楽しめたし、そうして着いた田舎町は本当にのんびりしていて、
ゆるやかに流れる時間を堪能できました。


*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・

旅行記を書きかけのまま放置してしまい、今頃のアップになってしまいました…
都合で夏は旅行に行っておらず、年末の予定も立っておらず...笑
どこか行きたいなぁ。

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール