Youは何しに、この世の果てへ/招待状は地獄行き☆国境を徒歩突破、地獄の門へ

2018年のゴールデンウィークは無謀にも中央アジアの北朝鮮と称される国への旅。Youは何しにトルクメニスタンへ?【地獄の門へ-1(クフナ・ウルゲンチ編)】

Youは何しに、この世の果てへ/招待状は地獄行き☆国境を徒歩突破、地獄の門へ

Youは何しに、この世の果てへ/招待状は地獄行き☆国境を徒歩突破、地獄の門へ

←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→
Grand Art Hotel(グランド・アート・ホテル)

Grand Art Hotel(グランド・アート・ホテル)

この日の空港からホテルへの移動は、ホテルに依頼した送迎車を利用した。
宿泊は、空港から車で5分のGrand Art Hotel。
Grand Art Hotelでは、空港への送迎を片道10US$で請け負ってくれる。
空港からタシケント市内までのタクシー相場は、おおよそ5(日中)~10US$(夜間)という情報はあらかじめ手配会社から聞いていたので、ホテルの車が10US$ならば…ということで送迎を依頼した。

このホテルへの送迎依頼は結果としては大成功で、タシケント空港出口にたむろしていたタクシードライバー(白タク)の言い値は安くても10 US$から。
同じ金額を支払うならば、ホテルで身元を保証している運転手さんの車が安心できる。

Grand Art Hotelは、ホテルのクラスだと☆☆ホテル。
でも、部屋には電気湯沸かしポットとミネラルウォーターも有り、Wi-Fiも部屋で使用でき電波状態も良好で、私的には十分すぎるホテルだった。
レセプションは24時間対応で、翌朝の早朝4時半の空港までの車の手配も朝食BOXの準備もバッチリ。
それでいて宿泊が1泊ツインルームで40US$/1泊(エクスペディアで予約、日本でクレジットカード決済)と安価なのは嬉しい。

場所がタシケントの中心部ではないので市内観光には不向きの宿だが、寝るだけのトランジットホテルとしての利用にはお勧めのホテルだった。

翌朝の起床は朝4時。
ウルゲンチへと向かう飛行機が朝6:10発なので空港には5時までに行かなければならない。

4時半のチェックアウト時に往復の送迎代を支払い、レギストラーツァ(写真)を受け取る。

レウズベキスタンではウズベキスタン人以外の外国人は到着後72時間以内に宿泊施設での滞在登録を行わなう義務があり、その滞在登録時に発行されるのが宿泊証明書であるレギストラーツァ。
レギストラーツァは旅人にとっては非常に重要な書類で、道端で警察官に職質を受けた時にパスポートを持っていなかったり、レギストラーツァを所持していなかったりするとかなり厄介なことになるらしい。
←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール