海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP2018GW バンコク周辺でインスタ映えスポットを巡ってみるの旅行記

2018GW バンコク周辺でインスタ映えスポットを巡ってみる

行ったこともあるスポットも、お初のスポットも巡ってみます

2018GW バンコク周辺でインスタ映えスポットを巡ってみる

2018GW バンコク周辺でインスタ映えスポットを巡ってみる

1

2

3

次のページへ→
写真を拡大する

2018GW バンコク周辺でインスタ映えスポットを巡ってみる

Wat Paknam

ワット・パクナムはバンコク中心部の西側にあります。
自力で行くにはBTSとタクシーがおススメなのですが、今回タクシーはGrabアプリを使って呼び出しました。
GPSや文字検索だけでなく、行き先や現在地をピンを移動させて設定ができました。
ドライバーさんが見つかると、相手の顔写真と一緒に車のナンバーが表示されるので、ナンバーを頼りに乗車する相手を見つけると言葉がわからなくても大丈夫です。

写真を拡大する

2018GW バンコク周辺でインスタ映えスポットを巡ってみる

Wat Paknam

本堂の方にも参拝してきました(インスタ映えするところは本堂とは別のお堂)
参拝者に金箔をたくさん張り付けしてもらった象や

写真を拡大する

2018GW バンコク周辺でインスタ映えスポットを巡ってみる

Wat Paknam

お坊さんへお参りしたあと、いよいよインスタスポットのお堂に向かいます。

写真を拡大する

2018GW バンコク周辺でインスタ映えスポットを巡ってみる

Wat Paknam

お堂には靴を脱いで5階まで階段を昇っていきます。最上階に到着すると息をのむ美しさでした。

写真を拡大する

2018GW バンコク周辺でインスタ映えスポットを巡ってみる

Wat Paknam

しばし対峙して瞑想...
外にでて周囲を見渡すこともできるので、天気が良ければ外周を廻ってみるのもいいです。

日本人が多かったのですが、欧米からの参拝者もいらっしゃいました。

写真を拡大する

2018GW バンコク周辺でインスタ映えスポットを巡ってみる

サバイジャイ・ゲップタワン

初日の夕食はエカマイにある「サバイジャイ・レストラン」
※ サバイジャイ・ゲップタウンから改名してました。

200メートルほどなんですが、移転したばっかりで旧店舗の店先には店員さんが「移転したからねー」と案内をしていました。
エアコンなしのスペースと、エアコンありのスペースがあったのでエアコンありを選択して入店

写真を拡大する

2018GW バンコク周辺でインスタ映えスポットを巡ってみる

何種類かあるソムタムから「ソムタムタイ」実食
あまり辛くしないでね(マイ・ペット)と頼んだらホント辛さ控え目でした。

写真を拡大する

2018GW バンコク周辺でインスタ映えスポットを巡ってみる

タイ版海老の刺身「クンチェー・ナンプラー」醤油ではなくてナンプラーと唐辛子(プリッキヌー)ベースのたれに付けていただきます。
このお店のエビは身が厚くプリップリでかなり美味しかったです。

写真を拡大する

2018GW バンコク周辺でインスタ映えスポットを巡ってみる

この店の名物「ガイ・ヤーン」もオーダー チキンにそもそも味がついているのでそれだけでお酒のアテになりますが、これもナンプラー+プリッキヌーのソースと一緒に食べるとたまりません
辛いのが苦手な場合はスイートチリソースでも美味しくいただけます。

写真を拡大する

2018GW バンコク周辺でインスタ映えスポットを巡ってみる

タラート・ロットファイ(ナイトマーケット、鉄道市場)

タラート・ロットファイにはMRTを使って移動して「タイカルチャーセンター」駅で下車。
駅からすぐに歩いて行けるのでタクシーを使わなくても簡単に到着できます。
インスタ映えで有名な景色を撮るにはナイトマーケット手前のショッピングモール「エスプラネード」に入って右側の駐車場へ移動します。
一番上層部から撮ると全景が見られるのですが、普通に車が出入りするので車には充分注意が必要です。

写真を拡大する

2018GW バンコク周辺でインスタ映えスポットを巡ってみる

三倍速で願いをかなえてくれるガネーシャがいる「ワット サマン」に今回タクシーを使わず行ってみました。
まず、BTSエカマイ駅そばの「エカマイターミナル」に向かい、チュチュンサオ行きのミニバス(ロトゥー)チケット売り場を探します。
ピンクガネーシャの写真があるのですぐにわかりました。
今はワット サマンまでの直通はやっていないようで、一旦チュチュンサオまで向かいます
チュチュンサオバスターミナルに到着したら今度は乗り合いバス(テンソウ)に乗り換えです。バスは20~30分おきに発車し目当てのワット サマンまでは45分ほど到着です。
都合、乗り換え時間も含めて3時間ほどかかりました。

ワット サマンに到着するとこの象が出迎えてくれます。

写真を拡大する

2018GW バンコク周辺でインスタ映えスポットを巡ってみる

ピンクガネーシャとご対面~
大勢のタイ人の方が参拝していました

1

2

3

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

2018GW バンコク周辺でインスタ映えスポットを巡ってみるへのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

弾丸旅行のブログもやってます
アラフィフの世界弾丸 https://ameblo.jp/toshi6901

飛行機:
往路(ミャンマー編に含む)
復路: エアアジアのセールで16,660円 ※荷物20kg含む

宿泊:
前半2泊(Airbnb): 8092円
後半2泊(Citadines): 12551円

移動:
ドンムアン→市内: A1バス(30バーツ×2)
MRT/BTS移動:300バーツチャージ(1000円)
エカマイ→ ピンクガネーシャ: 300バーツ(150バーツx2)
その他タクシー代など諸々で 3000円程度の予算

近くの旅行記

初めての微笑みの国タイランド! 美味しい料理と人の優しさに癒されました♪ バンコク&ホアヒンのんびり旅 3回目のタイ、バンコク・チェンマイ・パタヤ・サメット島、ぐいぐい攻める旅 カンボジア&タイ6日間の弾丸旅行~
初めての微笑み… バンコク&ホア… 3回目のタイ、… カンボジア&タ…

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール