海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPサンド・ベージュの古都へ☆着陸失敗にはドキドキしたけどね♪の旅行記

サンド・ベージュの古都へ☆着陸失敗にはドキドキしたけどね♪

ヒマラヤトレッキングを楽しんだ後の旅の〆はカトマンズの街散歩。しかし、カトマンズ空港への着陸時にまさかの…。航空機事故が多いって嘘ではなかったんだ!【神々の峯へ-7 】

サンド・ベージュの古都へ☆着陸失敗にはドキドキしたけどね♪

サンド・ベージュの古都へ☆着陸失敗にはドキドキしたけどね♪

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

サンド・ベージュの古都へ☆着陸失敗にはドキドキしたけどね♪

2017年の年末から2018年の年始にかけて歩いたヒマラヤの峰々。
真冬のトレッキングだったので降雪が一番の懸念事項でしたが、旅の女神さまの優しい采配で、雪が降り出したのは私たちが最高標高地点であるABC(アンナプルナ・ベースキャンプ)へと辿り着いた後でした。

山小屋の食堂の窓から目の前に迫るマチャプチャレ岳やアンナプルナの峰々を眺めていた時に降り出した雪は、あっという間に全てを覆いつくし、朽葉色で覆われた秋の名残を残すアンナプルナの峰々を純白に衣替えし、更に夕方には雪があがり、夕焼けが山々を紅に染め上げるというサービスまでついていました。

そんな素晴らしきトレッキングをしてきた私達の旅も、そろそろ終盤。
この日の旅行記はポカラの朝から始まりますが、カトマンズへと戻る飛行機がなんと着陸失敗!
カトマンズ空港は事故率の高い空港として知られていますが、まさか自分の乗った飛行機がその一つになる可能性を持っていたとは…と心臓バクバクでした。

そして、到着したカトマンズ。
カトマンズで目にした光景は2015年に起きた地震の爪痕のすさまじさ。
震源地が首都カトマンズだった地震の規模はマグニチュード7.8。
9000人近い死者が出て、その被害総額は50億US$とも言われた地震です。
今回の旅に当たりトレッキング旅には支障のない程度には復興しているとは聞いていたものの、地震から3年を経てもまだ瓦礫の山状態の寺院を目にし、地震の暴力的な破壊力とその後の復興の難しさを実感しました。

しかし、救いだったのはカトマンズの中央広場に集う人達の明るさ。
ヒンドゥ教とチベット仏教が融合した独特な宗教感が影響しているのか、今にも倒れてきそうな寺院の階段で日向ぼっこを愉しむ人達の顔に悲壮感はなく、今、生きていることを愉しむ雰囲気が感じられました。

写真を拡大する

サンド・ベージュの古都へ☆着陸失敗にはドキドキしたけどね♪

★2017年末-2018正月 ABCトレッキング旅 日程★
□12/29 羽田(00:20)-バンコク-カトマンズ-ポカラ(15:00)
    タイ航空 イエティ航空利用
・12/30-1/5 6泊7日 ABCトレッキング
 ・Day-1 12/30 ポカラ→シワイ→チョムロン(2170m)
 ・Day-2 12/31  チョムロン→ヒマラヤ・ホテル(2920m)
 ・Day-3 1/1 ヒマラヤ・ホテル→マチャプチャレ・ベースキャンプ(3700m)
 ・Day-4 1/2 マチャプチャレ・ベースキャンプ→アンナプルナ・ベースキャンプ(4130m)
 ・Day-5 1/3 アンナプルナ・ベースキャンプ→シヌア(2360m)
 ・Day-6 1/4 シヌア→ジヌー(1780m)
 ・Day-7 1/5 ジヌー→シワイ→ポカラ
■1/6  ポカラ-カトマンズ イエティ航空利用
□1/7  カトマンズ(13:55)-バンコク-(成田)
□1/8  -成田(06:15) タイ航空利用

★2017年末-2018年始 ABCトレッキング旅 旅行記★
・ビザの取得は忍耐の連歩 http://tabisuke.arukikata.co.jp/album/27528/
・大和撫子 山岳民族に勝負を挑む♪ 
http://tabisuke.arukikata.co.jp/album/27547/
・高山病は妊夫の気分
http://tabisuke.arukikata.co.jp/album/27570/
・荒ぶる女神の抱擁
http://tabisuke.arukikata.co.jp/album/27612/
・暁の女神が纏う羽衣
http://tabisuke.arukikata.co.jp/album/27688/
・秘湯デビュー@ヒマラヤ
http://tabisuke.arukikata.co.jp/album/27709/
・着陸失敗の確率は?
https://tabisuke.arukikata.co.jp/album/28068/
・裏道散歩で見~つけた
https://tabisuke.arukikata.co.jp/album/28100/

写真を拡大する

サンド・ベージュの古都へ☆着陸失敗にはドキドキしたけどね♪

2018年1月5日
部屋の窓から射しこむ朝日の明るさで目を覚ます。
瞼の上に感じる日の光の明るさで、しまった寝坊した~と思って飛び起きたのだが、いつもの風景とは違う室内風景にちょっとキョトンとしてしまった。

そうだ!
アンナプルナの山の中に居たのは昨日のお昼までで、もうポカラへと帰ってきて、今日はカトマンズへと移動する日だったのだ!

写真を拡大する

サンド・ベージュの古都へ☆着陸失敗にはドキドキしたけどね♪

年末の12/30に歩き始めたアンナプルナの山。
1日4時間~6時間のトレッキングで、憧れだったABC(アンナプルナベースキャンプ)へと歩きつき、朽葉色で彩られた晩秋のヒマラヤと純白の雪で化粧された真冬のヒマラヤの二つの表情を愉しんできた。

今回のトレッキング旅の最高標高地点であるABCがあるのは、標高4130mのヒマラヤ山中。
ABCでの零下20℃の気温と初めての高地トレッキングと言うことで高山病(山酔い)を心配したのだが、私は多少の頭痛を感じる位で済んだ(一方の相棒はトレッキング2日目から高山病の症状の一つである食欲不振に悩まされダウン寸前まで追い込まれたが、高山域を脱した途端に無事に回復)。

ABCからの帰路には山の中にある温泉宿(ジヌー温泉)で一泊し、温泉でまったりと過ごす至福のひと時。

ヒマラヤの山の中で過ごした7日間は、旅の前に想像していた以上に素晴らしき日々。
1日6時間のトレッキングだって高度が変わるたびに変化をしていく山の景色をオカズに歩けば全然苦にならなく、山小屋での宿泊だって寝袋さえあれば快適。
心配していた食事だって、山小屋のコックさんが作ってくれるホットミールが美味しくて、高山病予防のための腹八分目対策がなかったならば、お腹いっぱいになるまで食べたかった。

写真を拡大する

サンド・ベージュの古都へ☆着陸失敗にはドキドキしたけどね♪

ポカラのホテルからは朝焼けに焼けるマチャプチャレ岳の姿が見える。
マチャプチャレ岳の別名はフィシュ・テイル。

二つに割れた山頂部分の尾根が魚の尻尾のように見える所からつけられた名前だが、ポカラの町から見えるその姿は残念ながら魚の尻尾型ではない

写真を拡大する

サンド・ベージュの古都へ☆着陸失敗にはドキドキしたけどね♪

アティティ リゾート&スパ

ポカラで宿泊したのはAthithi Resort(アティティ・リゾート)ホテル。
アティティ・リゾートは日本のガイドブックには記載がないが、レイクサイド迄も徒歩5分と近く更にシャワーは夜でも熱いお湯が出るので、私的には十分すぎる宿泊施設だった。

スタッフの雰囲気も良く、敷地もゆったりと中庭があり、ポカラでのお勧めホテルの一つだと思う。

写真を拡大する

サンド・ベージュの古都へ☆着陸失敗にはドキドキしたけどね♪

ポカラ空港

朝8時。
朝食後にガイドのディネシュさんがホテルへと迎えに来てくれ、ポカラ空港へ。

写真を拡大する

サンド・ベージュの古都へ☆着陸失敗にはドキドキしたけどね♪

荷物をチェックインした後はセキュリティチェックなのだが、チェックは男女別。
Ladiesのラインにある小部屋では、女性の係官がスタンバイしていた。  

写真を拡大する

サンド・ベージュの古都へ☆着陸失敗にはドキドキしたけどね♪

09:35発のYeti航空のカトマンズ行に乗り込むのだが…、此処は山岳地帯のネパール。
カトマンズ空港に霧が出ていて着陸に難ありということで、霧待ちのディレイ。

霧で遅延が起き始めると、その後のカトマンズ行もどんどん遅くなっていくので、カトマンズ行の飛行機は早めの時間を予約しておく方が良いのかもしれない。

写真を拡大する

サンド・ベージュの古都へ☆着陸失敗にはドキドキしたけどね♪

ゲートからは歩いて飛行機に搭乗する。
ブリッジなんて洒落たものは存在しない。   

写真を拡大する

サンド・ベージュの古都へ☆着陸失敗にはドキドキしたけどね♪

カトマンズからポカラへ向かう飛行機に搭乗した1週間前は出発時間5分前の飛び乗り状態で席を選ぶ余裕もなかったが、今回は窓側を押さえて貰えて、窓からの眺望もバッチリ。

写真を拡大する

サンド・ベージュの古都へ☆着陸失敗にはドキドキしたけどね♪

飛行機が飛び立つとポカラの町の向こう側に見えるのは、8000m級の雪山の姿。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

サンド・ベージュの古都へ☆着陸失敗にはドキドキしたけどね♪へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

☆国際線航空券
 タイ航空:124590円/1人

☆ABCトレッキング手配代金(ヒマラヤンアクティビティーズに依頼)
  1270US$/1人
  ・手配内容
  カトマンズ―ポカラ 国内線航空機チケット(ガイド同乗依頼)
  ポカラの宿2泊
  カトマンズの宿1泊
  6泊7日のABCトレッキング(ガイド・ポーター各1名)

☆ 観光
   ダルバード広場の入場料等

☆ その他
   お土産代(スーパーで紅茶等)

☆ 旅予算外費用:トレッキングの装備費用(参考)
  ダウン寝袋 46440円
  冬山用ダウンジャケット等冬山装備 75621円

   


  
  

近くの旅行記

【アラフィフの挑戦】4000m超のネパール・トレッキングへ出発♪ チームJam Jam始動☆大和撫子 山岳民族に勝負を挑む♪ 秘湯デビュー@ヒマラヤ/R18なマッサージ屋は、どこまで脱ぐ? ネパール旅行2011~2012 【ネパール】神々の棲むヒマラヤへ、ネパール6日間の旅。 GW ネパール ヒマラヤとマニ車(35か国目)
【アラフィフの… チームJam … 秘湯デビュー@… ネパール旅行2… 【ネパール】神… GW ネパール…

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール