海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP【旅行記追加】四国1200km走破!車中泊で廻るきままな4日間の旅の旅行記

【旅行記追加】四国1200km走破!車中泊で廻るきままな4日間の旅

愛媛・道後温泉/高知・四万十川、桂浜/徳島・かずら橋、鳴門/香川・金比羅

【旅行記追加】四国1200km走破!車中泊で廻るきままな4日間の旅

【旅行記追加】四国1200km走破!車中泊で廻るきままな4日間の旅

1

2

3

次のページへ→
写真を拡大する

【旅行記追加】四国1200km走破!車中泊で廻るきままな4日間の旅

道後温泉本館

日本三古湯のひとつ。地元の常連客や周囲のホテルや旅館の宿泊客が多く利用している。神の湯休憩室利用なしで入浴料400円。男性は西と東のふたつの浴室があり両方とも自由に行き来できる。温度は高め。
3階に「坊ちゃんの間」という夏目漱石にゆかりの資料が展示された部屋がある。入館者は自由に見学ができる。

写真を拡大する

【旅行記追加】四国1200km走破!車中泊で廻るきままな4日間の旅

金刀比羅宮

写真は金刀比羅宮の大門。365段目にある。昇りきって一の坂を振り返るといかに急な階段を登ってきたかが実感できる。大門を抜けるとそこからが参内。五人百姓といわれる、古くから宮域で商売を許された五軒の商店が傘をさしてべっこう飴を売っている。
そこからしばらくは緩やかな石畳の参道になる。

写真を拡大する

【旅行記追加】四国1200km走破!車中泊で廻るきままな4日間の旅

金刀比羅宮

写真はこんぴら狗の銅像。昔はこんぴらさん参りの代参を飼い犬に託していたようである。かわいい顔をしている。

写真を拡大する

【旅行記追加】四国1200km走破!車中泊で廻るきままな4日間の旅

道後温泉本館

628段目に旭社がある。かなり大きな建物でこれが御本宮だと思っていた。いや体力の限界でそう自分にいい聞かせたかっただけかもしれない・・・。さらに登って、785段目、海抜251mのところに写真の御本宮が建っている。丸金の提灯が印象的。この日は雨だったが、晴れていれば近くの展望台で讃岐平野を眺めることができる。

写真を拡大する

【旅行記追加】四国1200km走破!車中泊で廻るきままな4日間の旅

渦の道

徳島といえば鳴門のうず!ということで観に行った。うずの観潮に適しているのが干満時刻の前後1時間半ということなので事前に潮見表で調べていった。うずを観潮する方法としては観潮船に乗船するか、展望遊歩道から見下ろすかの二つ。
今回は後者の方法、徳島県立渦の道という施設(500円)に行った。鳴門と兵庫県淡路島を結ぶ大鳴門橋の橋桁内に設けられた海上45mの展望遊歩道。ところどころうずスポットの見える位置に眺望床としてガラス張りになっている。正直怖い。
うずははっきりとわかるようなものは観潮できなかった。

写真を拡大する

【旅行記追加】四国1200km走破!車中泊で廻るきままな4日間の旅

千畳敷展望台

渦の道から徒歩5分のところにある広場。大鳴門橋と鳴門海峡を眺めることのできる展望所。近くにお土産屋があって、鳴門金時を使った「お百姓さんが作ったスイートポテト」が最高においしい。お土産にも自分用にも最適。

写真を拡大する

【旅行記追加】四国1200km走破!車中泊で廻るきままな4日間の旅

びんび家

鳴門から高松方面へ国道11号線沿いの食事処。漁師のお店という感じで活気がある。メニューは刺身定食や煮付け、鯛めしなど。どれも新鮮でおいしい。写真ははまちの刺身定食。定食につくお味噌汁は鳴門わかめがこれでもか!と言わんばかりに入っている。右下のお椀。

写真を拡大する

【旅行記追加】四国1200km走破!車中泊で廻るきままな4日間の旅

がもう

この旅一番HIT!したお店。讃岐うどん「がもう」。有名店で朝8時半のオープンにもかかわらず8時前には10人程の列が。そういうわたしたちは7時半くらいに到着で二番手。写真はその際に撮影。でも長く待つのも辛いので近くのコンビニで飲み物を購入。コンビニ入店中も他の観光客の方たちが店員さんに場所を聞いていた。戻ってみると駐車場は半分埋まっている状態であった。国道11号線のローソンを目印にするといいかもです。ローソンの入口にそこからの地図が掲示してました。

写真を拡大する

【旅行記追加】四国1200km走破!車中泊で廻るきままな4日間の旅

がもう

がもうで頼んだ「かまたま」と「あつかけ」。ここの金時豆のてんぷらがとてもおいしかった。

写真を拡大する

【旅行記追加】四国1200km走破!車中泊で廻るきままな4日間の旅

うだつの町並み

ことわざ「うだつがあがらない」の卯建が見れる場所。江戸時代に建てられた建物が残っていて、隣家への防火壁の役目を果たしていたようだ。この通りは日本の道百選に選ばれている。車の通りが少なくゆっくりと散策ができる。近くには「二重うだつの町並み」もある。

写真を拡大する

【旅行記追加】四国1200km走破!車中泊で廻るきままな4日間の旅

舞中島潜水橋

脇町うだつの町並みの近くの吉野川に架かる潜水橋。川の増水の際に水の抵抗を少なくするため水中に沈む仕組みになっていて、欄干や手すりがついていない。高知の四万十川にも同じような沈下橋がある。

写真を拡大する

【旅行記追加】四国1200km走破!車中泊で廻るきままな4日間の旅

鳴滝

美馬市から奥祖谷へ抜ける国道438号線沿いに突如現れた滝。落差85mの滝。時間がなくて近くまで行っていないが道路沿いから観るのと近くからでは違った表情のある滝のようだ。

1

2

3

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

【旅行記追加】四国1200km走破!車中泊で廻るきままな4日間の旅へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

四国1日目は土砂降りであったが、2日目以降は最終日まで秋晴れでした。予定を左回りから右回りに変更して正解でした。
・讃岐うどんは個人的にはがもうが好きでした。
・鳴門のうず潮は潮見表を調べていかれることをおすすめします。今回は中潮でしたのであまりうずを確認できませんでしたが、大潮のときは20mにもなるうず潮もできるようです。
・鳴門の千畳敷展望台にあるお土産屋に「鳴門金時芋」のお菓子が充実していて、「お百姓さんが作ったスイートポテト」は本当においしいです。軽くトーストするとかなりGood!!お土産にも自分用にもおすすめです。
・鳴門のびんび家は漁師の料理という感じで豪快、店内も活気があります。鯛釜めし(1,000円)は最高でした。定食についてくるお味噌汁は鳴門わかめの量にびっくりします。
・祖谷のかずら橋は一方通行で一度しか渡れないためじっくりと味わってください。二度目は再度渡橋料500円が必要。
・奥祖谷の二重かずら橋は祖谷のかずら橋から細い道を1時間以上も走らないといけませんが、観光客がすくなく何度も渡れたり橋の真下の川辺までいけるのでおすすめです。近くにはいやしの温泉郷もあります。
・高知市ひろめ食堂は、高知市の会社員の方が大勢飲んでました。いろんなお店のおかずを自分の好きなテーブルで食べれるというシステムはおもしろかったです。かつおのタタキが高かったですが最高においしかったです。
次の日にいった道の駅のタタキは本格的にわらであぶっていてボリュームもあって安かったのでこちらもおすすめです。
・桂浜は個人的には朝行くことをおすすめします。駐車場も浜辺も空いていますし、竜馬像が東を向いているので午後からは逆光になって写真が撮りにくくなると思います。また朝日を浴びた海はきらきらしていて綺麗でした。
・高知県須崎市の鍋焼きラーメンはおみやげ屋にも売っています。鍋焼きラーメンを食べた後に小ライスを入れて雑炊にするのが定番のようです。
・佐田岬の灯台へは駐車場から徒歩20分以上、アップダウンのある遊歩道を歩いていきます。時間と体力に余裕の方にはおすすめします。
・松山城は歴史が苦手な方でも有名な徳川の葵の紋章が見れたり、天守閣からの松山市内の景色が見れたりできるので十分楽しめると思います。

近くの旅行記

四国上半分の旅 青春18で行く広島世界遺産としまなみ街道サイクリング・松山 【温泉】お願い雨降らないで!松山&今治サイクリング、焼鳥、お城、温泉の旅 【温泉】道後温泉にて♪ ☆清流四万十川を訪ねて! 中讃(うどん・こんぴらさん)&しまなみ海道
四国上半分の旅 青春18で行く… 【温泉】お願い… 【温泉】道後温… ☆清流四万十川… 中讃(うどん・…

新着スケジュール