海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP魅惑の隠岐4島めぐりの旅行記

魅惑の隠岐4島めぐり

チャーター機でひとっ飛び

魅惑の隠岐4島めぐり

魅惑の隠岐4島めぐり

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

魅惑の隠岐4島めぐり

隠岐空港

隠岐世界ジオパーク空港
島後(隠岐の島町)へ初上陸です。

写真を拡大する

魅惑の隠岐4島めぐり

佐々木家住宅

隠岐を代表する木造建築で国指定重要文化財になっています。隠岐造りと呼ばれる隠岐独特の建築様式で、身分の違いや用途によって使い分けられる玄関が三つあることが最大の特徴となっています。

写真を拡大する

魅惑の隠岐4島めぐり

佐々木家住宅

田舎のおばあちゃんの家を思い出させる、懐かしい空気でした。
もちろん、こんなに立派な家じゃなかったですが。

写真を拡大する

魅惑の隠岐4島めぐり

西郷港フェリーターミナル

昼食後フェリーで隠岐諸島の島前の中ノ島の玄関口である菱浦港へ。
二等室なので、ごろごろできちゃう。

写真を拡大する

魅惑の隠岐4島めぐり

菱浦港

到着。

写真を拡大する

魅惑の隠岐4島めぐり

隠岐神社

祭神は、後鳥羽天皇で、昭和14年、天皇没後700年祭を記念して御火葬塚の隣接地に造営されました。社殿は独特の隠岐造りで境内地約56,000㎡、参道の両側には桜並木が続き桜の名所として知られています。毎年4月14日と10月14日に例大祭が行われています。

写真を拡大する

魅惑の隠岐4島めぐり

隠岐神社

雌の狛犬。お腹のところに子供がいるのですが、わかるでしょうか。

写真を拡大する

魅惑の隠岐4島めぐり

隠岐神社

こちらが雄。
隠岐地方の狛犬は後ろ足が伸びているんですね~
猫のポーズみたい!

写真を拡大する

魅惑の隠岐4島めぐり

隠岐神社

後鳥羽上皇御火葬塚・・・ 承久の乱により隠岐へ配流になった後鳥羽天皇は、在島19年後の延応元年(1240年)2月、60歳で崩御されました。遺骨の大部分は今の御火葬塚に納められましたが、明治6年、明治天皇の思し召しにより、大阪の水無瀬神宮に合祀されました。翌7年、祠殿は取り壊され山陵はその後、第82代後鳥羽天皇御火葬塚として、宮内庁で管理されています。

写真を拡大する

魅惑の隠岐4島めぐり

後鳥羽院資料館

隠岐神社の宝物品や古代資料が展示されてます。

写真を拡大する

魅惑の隠岐4島めぐり

金光寺山

展望台からは目の前に広がる溶岩台地とともに、隣の西ノ島や島後の島々を望むことができます。山頂には平安時代初期の歌人であり遣唐副使であった小野篁が都への帰還を願った金光寺があり、皮膚病に効くという水が山頂付近で湧き出ている不思議な光景を見ることもできます。

写真を拡大する

魅惑の隠岐4島めぐり

金光寺山

金光寺
ひっそりした感じでなかなか雰囲気があります。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

魅惑の隠岐4島めぐりへのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール