さいはての離島へ 秋の利尻島・礼文島3日間 ☆雨女とは言わせない!☆ 作成中

夫の腰痛で北京行き断念。歩行距離の短い、国内ツアーに変更。 台風の合間に往復。青空の利尻富士、宗谷岬から樺太遠望。4泊北京自由旅よりコスト高だが、絶景、温泉、海鮮、紅葉満喫でコスパ130%。

さいはての離島へ 秋の利尻島・礼文島3日間 ☆雨女とは言わせない!☆ 作成中

さいはての離島へ 秋の利尻島・礼文島3日間 ☆雨女とは言わせない!☆ 作成中

←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→
お食事処 あとい

お食事処 あとい

礼文産ウニ、イクラ、ボタンエビを含む海鮮丼。 ご飯とは別ザラに盛り付けてあるのが嬉しい。 ウニ 東京で食べる時のねっとり感なく美味。 
夏季だと 高価ですが うに丼が4千円で戴けるようです。
https://funadomari.jp/hpgen/HPB/entries/3.html

◆礼文島の人々にとって珍しいものは?
礼文島は 下記地図をご覧になれば分かるように南北日本細長い形をしています。
http://www.town.rebun.hokkaido.jp/hotnews/detail/00000265.html
この北東端にある金田ノ岬(上記地図には記載なし)から、 南西端近くの桃台猫台への大移動です。 礼文島の大きさは、東西約7.9km、南北約25.8kmだそうです。 25キロ強の移動ですが、高速道路でもないのに28分しか掛かりませんでした。
ガイドさんによれば、礼文島に信号機は二基しかなく赤信号になることが殆どないそうです。
←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール