さいはての離島へ 秋の利尻島・礼文島3日間 ☆もう雨女なんて言わせない!☆

夫の腰痛で北京行き断念。歩行距離の短い、国内ツアーに変更。 台風の合間に往復。青空の利尻富士、宗谷岬から樺太遠望。4泊北京自由旅よりコスト高だが、絶景、温泉、海鮮、紅葉満喫でコスパ130%。

さいはての離島へ 秋の利尻島・礼文島3日間 ☆もう雨女なんて言わせない!☆

さいはての離島へ 秋の利尻島・礼文島3日間 ☆もう雨女なんて言わせない!☆

←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→
ラペルーズ顕彰記念碑

ラペルーズ顕彰記念碑

帆船の2枚の帆が大海原に浮かんでいるようです。

☆ラペルーズ顕彰記念碑 (説明板)英、露、中(2種)、韓 表記有り
1785年、フランス国王ルイ16世は世界海洋科学調査航海を命じ、海軍士官ラペルーズ伯爵(ジャン・フランゾワ・ド・ガロー)がこの航海の指揮にあたりました。1787年、2隻の艦艇を率い、北海道北部の海上を探査通過時に、北海道と樺太(現サハリン)の海域に海峡を発見しました。世界海洋界はこの発見と航海者の功績を讃えて、この海峡をラペルーズ海峡と命名しました。欧州人として初めて宗谷海峡を通過してから220年になるのを記念し、海峡を望むこの丘に、2007年顕彰記念碑が建立されました。
←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール