海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPワシントン D.C.で美術館をめぐるひとり旅の旅行記

ワシントン D.C.で美術館をめぐるひとり旅

ヨーロッパばかり訪れていたここ数年。久しぶりにアメリカいいかも!と思い、行先に決めたのは観光客が少なそうなWashington D.C.

ワシントン D.C.で美術館をめぐるひとり旅
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

ワシントン D.C.で美術館をめぐるひとり旅

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

ワシントン D.C.で美術館をめぐるひとり旅

【成田空港第一ターミナル】
久しぶりのアメリカ。いくつかの候補地からここWashington, D.C.に決定。ナショナルギャラリーも行きたいし、ホワイトハウスも一度は見たいし。
1都市3泊だから事前準備もカンタン。、、と油断していたのがまずかった。
渡米に必ず必要なESTA申請!ANAのチェックインカウンターで、申請フォームに入力を進めるも、自分のスマートフォンの操作の遅さと事項の多さにだんだん焦る。。。結局ipadを借りてなんとか申請完了。
ここではさらっと書いたけど、あの時は本当に焦った。。ANAの皆さまのサポートがなければ乗り遅れていたかも。本当に感謝感謝です。

写真を拡大する

ワシントン D.C.で美術館をめぐるひとり旅

【NRT→IAD】
ワシントン・ダレス国際空港までは約13時間のフライト。たぶん満席。でもANA便だし、ずっと映画を観ていたのでそれほど退屈でもなく。ESTA申請で助けてもらったこともあるけど、やっぱりANAいいな~ってあらためて。
映画は全部で5本ぐらい観た。「Die defekte Katze」というドイツ映画がイチオシ。ミニシアター系。日本公開するかな?してほしい。

写真を拡大する

ワシントン D.C.で美術館をめぐるひとり旅

【Washington Dulles International Airport】
空港到着。久しぶりすぎるぐらいのU.S.A!入国審査で少しどきどき。(アメリカの入国審査官はマッチョだと聞いていたから)
到着ロビーは思ったより簡素。「え、こんな?」って感じ。ここからシルバーライン・エクスプレスに乗ってメトロの駅まで行きます。

写真を拡大する

ワシントン D.C.で美術館をめぐるひとり旅

【Silver Line Express】
空港と地下鉄シルバーラインのWiehle-Reston East駅を結ぶシャトルバス。切符は車内でなく事前にチケット売り場で購入。5ドルなり。

写真を拡大する

ワシントン D.C.で美術館をめぐるひとり旅

【Silver Line】
バスに乗って15分ほどでWiehle-Reston East駅に到着。ここから Silver Lineで市街地へ。予約しているホテルの最寄り駅もこの線が通っているので安心。
と、乗る前にこれを買わなくては。

写真を拡大する

ワシントン D.C.で美術館をめぐるひとり旅

【SmarTrip】
ワシントンDC版のsuicaもしくはPasmo。欧州の地下鉄は改札がないのが多いけれど、ここは日本と同じ。このICカードを乗車時と下車時に改札でタッチ。

1回チャージもしたのだけど、多く入金しすぎてしまって、まだ15ドルぶんぐらい残ってる。。(笑)もったいないけど、もう行かないだろうしなぁ~。

写真を拡大する

ワシントン D.C.で美術館をめぐるひとり旅

【Metro】
メトロのホーム。天井が高くてかっこいい!
そして、驚いたのが暗さ。駅にもよると思うけれど、人の顔がだいたいわかるぐらいの明るさ。これはこれで慣れてしまうと普通なのかも。逆にいうと東京の駅が明るすぎるのかも。

写真を拡大する

ワシントン D.C.で美術館をめぐるひとり旅

【The Madison Washington DC, A Hilton Hotel】
McPherson Squareという駅で降りてホテル到着。チェックインは16時ってあったから、「荷物を一時預けでそのまま観光」を想定していたら、さくさくチェックインしてくれた。よかった~。
お部屋はこんな感じ。まあまあ広い。でも、、

写真を拡大する

ワシントン D.C.で美術館をめぐるひとり旅

【The Madison Washington DC, A Hilton Hotel】
このカーテンを開けたときの景色が。。。工事中のコンクリート?がどん、と置いてあって、これは景色以前の問題というか。アメリカ人だったらきっと部屋をチェンジしてほしいって言うだろうな。
ここに3泊か~と思ったけれど、設備には問題ないし、まあいいっか。
そんな感じでお部屋にいる間はずっとカーテン閉めたままでした。ベッドはキングサイズで広々。

ところで、私はいつも出発1週間前ぐらいに宿泊先のホテルへConfirmationメールをするのだけれど(初めて行くので楽しみです!的な事前挨拶とか、チェックイン時間が遅くなりそう的な連絡事項とか、できればバスタブ付きのお部屋を的なリクエストとか)、どのホテルも必ず返事をくれました。でもこのホテルは来なかったなぁ。アメリカのホテルがそれが普通なのか、このホテルだけなのか。

写真を拡大する

ワシントン D.C.で美術館をめぐるひとり旅

早速荷物を置いてお出かけ。
この日は30℃ぐらいあってなかなか暑かった。。晴れると写真は映えるんだけど。ぶらぶら歩くにはちょっときつい。
結局3日間滞在中、快晴だったのはこの日だけ。
NY同様、ここもStreetNo.がわかりやすくて、道も広いから歩きやすい。

写真を拡大する

ワシントン D.C.で美術館をめぐるひとり旅

この豪華な建物は「TRUMP INTERNATIONAL HOTEL」。悔しいくらい青空に映える(笑)。エントランスは裏側にあったけれど、それほど人の出入りはなかったような。。
ともあれ、立派な建物です。

写真を拡大する

ワシントン D.C.で美術館をめぐるひとり旅

【The White House】
ということで、The White House。写真は翌日に行ったときのもの。勿論警備は超厳重。へー、ここかーなんてぶらぶらしていたら、警察官たちが我々観光客にむかって「どけ!」「早く出ろ!」とか怒鳴り始めた。公園でのんびりしていた人まで追い払われて。。。それでも建物からはかなり離れているのに。何かセレモニーでもあるのか知らないけど。
なんなのよ、あの言い方、だから嫌われるんだよ、、とか、こういうとき日本語で一緒に愚痴れる人がいればよかったんだけど。残念ながらいなかったので心の中で文句言ってました(笑)。
この日はフライトの疲れもあり、早めにホテルへ戻って就寝。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

ワシントン D.C.で美術館をめぐるひとり旅へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール