海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPモミジが街へやって来た♪-紅の彩-秋と冬の狭間にて【金鳳山平林寺】の旅行記

モミジが街へやって来た♪-紅の彩-秋と冬の狭間にて【金鳳山平林寺】

11月下旬。ついにモミジが里山から平野部へやってきました。モミジ寺の異名を持つ平林寺では翠から紅へと変わっていく紅葉の色が今が一番の見頃です。

モミジが街へやって来た♪-紅の彩-秋と冬の狭間にて【金鳳山平林寺】

モミジが街へやって来た♪-紅の彩-秋と冬の狭間にて【金鳳山平林寺】

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

モミジが街へやって来た♪-紅の彩-秋と冬の狭間にて【金鳳山平林寺】

ここ何年か気になっていた紅葉の名所である新座市の平林寺。

今年の紅葉の色づきはどうなのだろう?
行くならば、紅葉の3色グラデーションが鮮やかな11月下旬?
それとも、足元が真赤な絨毯に変わる12月?

どちらの時期も捨てがたいけれど、私が行けるチャンスは1回だけ。
どっちに行くべきなのだろう?

そんな悩める乙女の背中を押したのは、平林寺の向かいにある日本庭園“睡足軒”の紅葉ライトアップ情報。

2018年の睡足軒ライトアップは11/23から11/30までの期間限定…。
平林寺のモミジも日本庭園のライトアップも楽しめる期間は、11月末の僅か1週間だけ。

それならば、今がその時♪

写真を拡大する

モミジが街へやって来た♪-紅の彩-秋と冬の狭間にて【金鳳山平林寺】

関東地方も11月下旬ともなると、ジャケットなしでは外を歩けない季節となる。
寒がりの私は冷たい北風は得意ではないのだが、この時期ならでのお楽しみもある。

それは、上空の冷たい空気が里山から平野へと連れてくる晩秋の彩り。
銀杏の黄色、欅の赤、桜の茶色…、街路樹や庭の樹木たちが冬籠りの彩に染まる。

町を歩いているだけでもその色彩は美しいのだが、やはり心惹かれるのは庭園の紅葉。
師走の足音が聞こえてくると、どこかの庭園へとお出かけしたくなってウズウズしてくる。

そんな私が2018年晩秋の旅先にセレクトしたのは、モミジ寺として知られる禅刹の金鳳山平林寺。

写真を拡大する

モミジが街へやって来た♪-紅の彩-秋と冬の狭間にて【金鳳山平林寺】

モミジ寺に行こうとは決めたものの平林寺の公式ホームページには紅葉情報は無く、他のサイトを見てもリアルタイムな紅葉状況は殆どなく、確実に分かっているのは例年の紅葉時期が11月下旬から12月上旬の20日間程度と云う事だけ。

こんな時に役に立つのがインスタグラム。
インスタ映え…はあまり好きな言葉ではないが、インスタの良いところは最新の写真が投稿されることが多いという点。

#平林寺…で検索したら、かなりいい感じの色合いの写真が沢山♪
地面一面の紅絨毯にはまだまだ1週間以上の時間がかかりそうだが、境内のモミジの樹木の色合いは見頃に差し掛かりつつある感じだった。

写真を拡大する

モミジが街へやって来た♪-紅の彩-秋と冬の狭間にて【金鳳山平林寺】

平林寺に行くとは決めたモノの、平林寺は公共交通機関でのアクセスが少しばかり不便な場所。
(車の場合は、500円の民間駐車場の利用が可能だが、平日でも混みあっていた)

公共交通機関での行き方としては、次の3通りがある。
1. 東武東上線の志木駅または朝霞台駅(JR北朝霞駅も可能)からバス
2. 西武池袋線の東久留米駅またはひばりが丘駅からバス
3. JR武蔵野線の新座駅からバス

ゲートとなる駅が4駅あるのでぱっと見は便利そうなのだが、それは見せかけだけ。
2番目の東久留米駅や3番目の新座駅発のバスは1時間に2本のバス便あればラッキーで、1時間以上バスの便が無い時間帯も有る。
1番目の志木駅ならば、日中は1時間に3本のバス便があるので間違いがない。

そして、もう1つ。
駅から歩いてアクセスする方法も有り、その場合はJR新座駅が最寄り駅となる。
新座駅から平林寺までは駅から歩いても30分弱なので、東上線へのアクセスが不便な場合には歩くのも選択肢としては悪くない。

私は自分の予定とバスの時間が上手く合わなく新座駅から徒歩で平林寺へ。
速足で歩いた私は、駅から25分もかからなかった。
因みに、新座駅南口の3番乗り場から平林寺迄の運賃(下車バス停:平林寺)は200円だ。

写真を拡大する

モミジが街へやって来た♪-紅の彩-秋と冬の狭間にて【金鳳山平林寺】

バス停があるのは、平林寺の総門の前。
総門の茅葺屋根の門には平林寺専門道場の文字がある。

平林寺はお寺ではあるが、今も現役バリバリの禅宗の修行道場でも、日本各地から修行僧が集う寺だ。

写真を拡大する

モミジが街へやって来た♪-紅の彩-秋と冬の狭間にて【金鳳山平林寺】

500円の入山料を支払い境内へと入ると山門、仏殿、中門が一直線に並ぶ禅宗独特の伽藍。

山門を取り囲むモミジは真っ赤に紅葉が始まっていた。

写真を拡大する

モミジが街へやって来た♪-紅の彩-秋と冬の狭間にて【金鳳山平林寺】

平林寺はもともとは岩槻市にあったお寺を寛文3年(1966年)に、現在の場所に移築したそうで、モミジに彩られた山門もその時に一緒に岩槻から引っ越してきた時のままだそうだ。

写真を拡大する

モミジが街へやって来た♪-紅の彩-秋と冬の狭間にて【金鳳山平林寺】

徳川の世から明治、大正、昭和、平成の時代の多くの修行僧が、この山門から生まれ出ている。

そして2019年5月、新しい時代の幕開けと共に、また、新たな修行僧が生まれるのだろう。

写真を拡大する

モミジが街へやって来た♪-紅の彩-秋と冬の狭間にて【金鳳山平林寺】

山門の前には、モミジの木が沢山。

写真を拡大する

モミジが街へやって来た♪-紅の彩-秋と冬の狭間にて【金鳳山平林寺】

11月の終わりは、緑の葉が黄色、赤へと色を変える頃。

苔庭の深緑色、モミジの淡い緑、黄色、赤の秋色が広がっていた。

写真を拡大する

モミジが街へやって来た♪-紅の彩-秋と冬の狭間にて【金鳳山平林寺】

日当たりがよく風通しの良い場所にある樹は、紅色。

写真を拡大する

モミジが街へやって来た♪-紅の彩-秋と冬の狭間にて【金鳳山平林寺】

少しだけ奥まった場所にある木は、まだ柔らかな緑色。

紅葉が始まった時期だけに見ることの出来る鮮やかな色の組み合わせ。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

モミジが街へやって来た♪-紅の彩-秋と冬の狭間にて【金鳳山平林寺】へのコメント

makoa187jpさん  2018/12/03 20:25

小林もみじ園、昨日行きました。最盛期で、綺麗でしたよ。今年の紅葉狩りは、超近場でした。

animoさん  2018/12/03 19:52

埼玉は他の地方の影に隠れがちですが、発掘すれば素敵な場所がザクザク出てくる県ですね。平林寺も数年前では知る人ぞ知る…モミジ寺でしたが、今ではかなりメジャーなようです。
モミジと言えば、小林モミジ園さんもそろそろ綺麗な時期を迎えているのでは…?
あと1週間位は、平野部のアチコチで紅葉を楽しめますよ♪

makoa187jpさん  2018/12/03 17:31

ここ、知りませんでした。埼玉もいいところ、いっぱいあるんですよね。 
今年は、いろいろあって、紅葉狩りできませんでした。 
空より高い志…。地下に潜ってしまっています。何だか、少し、元気になれました。ありがとうございます。


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

☆移動費
平林寺から朝霞駅:バス200円

☆観光日
平林寺入山料:500円
睡足軒ライトアップ:無料

☆食事
新座駅イタリアントマトでの軽ランチ:500円

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール