海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPポーランドのクリスマス―ワルシャワとクラクフ街歩きの旅行記

ポーランドのクリスマス―ワルシャワとクラクフ街歩き

ポーランドの栄光と悲劇、復興をたどる旅でした。2つの都市ではクリスマスマーケットを楽しみました。

ポーランドのクリスマス―ワルシャワとクラクフ街歩き

ポーランドのクリスマス―ワルシャワとクラクフ街歩き

写真を拡大する

ポーランドのクリスマス―ワルシャワとクラクフ街歩き

クラクフ中央駅

ワルシャワからクラクフへ。電車に乗っている間は雪が降っていたけれど、幸いクラクフに到着する頃には天気がよくなりました。クラクフ中央駅から旧市街へは近く、人の流れについていくとすぐ着きました。城壁を過ぎたら旧市街が広がります。

写真を拡大する

ポーランドのクリスマス―ワルシャワとクラクフ街歩き

中央市場広場と織物会館(織物取引所)

中央市場広場に行く途中に、元祖ベーグルと言われるオブヴァジャーネックを売るワゴンがたくさんありました。子どもも大人も食べながら町を散策する姿が見られました。試しに買ってみましたが、ベーグルよりも固いかな。

写真を拡大する

ポーランドのクリスマス―ワルシャワとクラクフ街歩き

中央市場広場と織物会館(織物取引所)

クラクフの旧市街には馬車が走っていて、中央市場広場が馬車の停留所になっています。御者は女性で、馬車は飾り付けられていて、とても華やかです。この人ごみの中を馬車で通るのは難しそう・・・

写真を拡大する

ポーランドのクリスマス―ワルシャワとクラクフ街歩き

カジミエーシュ地区

ユダヤ教の教会・シナゴーグに行きました。特に美しいといわれるテンペルシナゴーグです。オペラ劇場のように美しかったです。ほかにもシナゴーグを回りましたが、壁画の描き方や造りにおいても、キリスト教徒は異なる雰囲気を持っていました。

写真を拡大する

ポーランドのクリスマス―ワルシャワとクラクフ街歩き

ヴァヴェル城

ヴァヴェル大聖堂の外観はカラフルで、形も面白いです。王の大聖堂ということで、内部の装飾も荘重。人でごった返して、人の流れに乗って見学するという感じです。
ヴァヴェル城は広大で、時間の都合上大聖堂しか入りませんでした。

写真を拡大する

ポーランドのクリスマス―ワルシャワとクラクフ街歩き

中央市場広場と織物会館(織物取引所)

クラクフの中央広場前ではクリスマスマーケットが開かれていました。ポーランド最大と言われているとおり、広場はマーケットで埋め尽くされています。ホットワインやピエロギなどのクラクフの名物はもちろん、クリスマスリースやカードや衣類など、クリスマスのグッズもたくさん。見ているだけで楽しくなります。

写真を拡大する

ポーランドのクリスマス―ワルシャワとクラクフ街歩き

聖マリア教会

内部が豪華でびっくり!内部は青色と茶色と金色が基調で、色彩感覚が独特でした。天井の青色と装飾の金色は夜空のようで、色遣いが面白かったです。造りやステンドグラスなどを見ると、西欧の教会と同じなのかもしれませんが、何となく雰囲気が違うように感じられました。

写真を拡大する

ポーランドのクリスマス―ワルシャワとクラクフ街歩き

ショパン博物館

クラクフからワルシャワに戻って、午後6時半。ショパン博物館は午後8時まで開館しているので、急いで入館しました。ショパンの生涯を伝える展示のほか、ショパンの曲を楽しむブースがありました。
予約していたけれど、人が少なかったので予約の必要はなかったようです。建物が歴史的な建造物のようで、きれいでした。

写真を拡大する

ポーランドのクリスマス―ワルシャワとクラクフ街歩き

ワルシャワ蜂起記念碑

月曜日に閉館する施設が多い中で、珍しく火曜日休館のワルシャワ蜂起博物館。9時頃訪れたら、小中学生が見学に来ていました。他にも、少なからぬ人が見に来ていて、関心の高さが伺えました。
ここでは、ワルシャワを見舞った戦争の悲劇と極限状態でも希望を失わずに抵抗する市民の記録が展示されています。ショッキングな写真も数多く展示されていますが、ワルシャワの歴史を学ぶともに、戦争の悲惨さや人間の残酷さ、そこでも生きていく希望を感じることができ、たいへん勉強になりました。

写真を拡大する

ポーランドのクリスマス―ワルシャワとクラクフ街歩き

旧市街市場広場

ワルシャワ蜂起博物館で、ワルシャワの近現代史を生々しく学んだ後で、旧市街を訪れたので感動しました。王宮前広場には大きなクリスマスツリーが広場を明るくしていて、王宮にもプロジェクションマッピングで彩られていてきれいでした。
旧市街の入り口と、旧市街市場広場では、クリスマスマーケットが開かれていました。
夜には、いくつかショパンピアノコンサートが開かれていて、リーズナブルな価格でピアノの演奏を聴くことができます。「time for Chopin」でコンサートを聴きましたが、ショパンの曲のみ10曲ほど演奏され、ショパンの世界を堪能できました。

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

ポーランドのクリスマス―ワルシャワとクラクフ街歩きへのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

チェコ&ポーランド世界遺産の旅 ポーランド・スロバキア6泊8日 スロバキアのスピシュスキー城を目指す旅 ヨーロピアンイーストパスで巡る!中欧世界遺産 ★ポーランド★デラックスホテルでプチ・リッチな旅★南北縦断個人旅行★ 東欧9日間の旅! ビール三昧から歴史探訪まで 2006年 やっと行けたポーランド!!ショパンの街、負の遺産、魅力いっぱい4泊7日間♪
チェコ&ポーラ… ポーランド・ス… ヨーロピアンイ… ★ポーランド★… 東欧9日間の旅… やっと行けたポ…

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール