海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPポルトガル北部の旅の旅行記

ポルトガル北部の旅

三度目のポルトガル、今まで訪れていなかった北部を回って見たいと思います。

ポルトガル北部の旅

ポルトガル北部の旅

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

ポルトガル北部の旅

関西空港

元日の夜、いつもの深夜便で出発。
今回は二年ぶり、三回目のポルトガル訪問です。
お正月なので、空港は、いつもと違い日本人が多いですね。
やはり、ハワイ目指す人が多いんですかね〜。
さて、2018年10月から、エミレーツ航空の大阪便にエアバスA380が就航しました。
私はエコノミーですが、若干の広さと乗り心地の良さ(揺れが少ない)を感じます。
客席はほぼ満席状態。

写真を拡大する

ポルトガル北部の旅

ドバイ国際空港

ほぼ予定通りドバイ着。
距離的には、全体の60%ぐらいの工程をこなしたのかな。
次のリスボン行きまで約90分程度の待ち時間、ラウンジで過ごす余裕も無く、小休憩で次の便に搭乗。
リスボンまで、まだまだ旅路は続くよ...。

写真を拡大する

ポルトガル北部の旅

lisboa hotel

最近、地中海周辺に行くことが多かったので、
やっぱりポルトガルは遠くに感じますね、ドバイ~リスボン間は、かなり乗った感があります。
空港からホテルのあるポンパル広場まで、シャトルバスで向かいます。
(経路が二系統あるみたいです。)
常宿にしてたホテルは値段が高かったので、今回は違うホテル。
建物は小さいですが、良いホテルです。
室内も綺麗です、ポルトガルの今までの宿でハズレは無いですね。

写真を拡大する

ポルトガル北部の旅

コメルシオ広場

ここにやって来ると、ユーラシア大陸の果てまでやって来たんだな~と感じます。
前回は年末に訪れましたが、今回はそれよりも肌寒さを感じます。(もうちょっと暖かいと思ってたけど...。)

写真を拡大する

ポルトガル北部の旅

コメルシオ広場

バイシャ地区にあるバカリャウコロッケのお店で小腹を満たす。
コロッケって、商店街の肉屋さんのコロッケを食べ歩きイメージじゃなく、
クレープやジェラート屋さんみたいな、お洒落なイメージです。
スーパー等の惣菜売り場で良く目にするコロッケはチキンナゲットサイズですが、
ここのコロッケは握りこぶしサイズです。(種類も一つだけ)
製造しているお姉さんがカメラを向けると微笑んでくれます…。
干し鱈とジャガイモのコロッケの中にゴルゴンゾーラチーズが入っていて、味にアクセントを与えている。
一個が4EUROです。
グラスワインとセットもあります。

写真を拡大する

ポルトガル北部の旅

コメルシオ広場

そして、冬のポルトガルと言えば定番のこれです。
「焼き栗!」
何か煙っているなと思えば栗の屋台があります。
塩味が程良いのと、殻も剥き易いので歩きながら食べるのに最適なんですよ...。
前回よりも、0.5ユーロ値上げで、2.5ユーロが相場みたいです。
ほぼ毎日、お世話になりました。

写真を拡大する

ポルトガル北部の旅

ここ数年で増えたのが缶詰ショップ。
色々な産地と内容もサーディーン以外にツナとかタコとかいろいろあって、お土産にもってこいです。
パッケージも凝っていて、お洒落な外観、見ているだけでも楽しい。
(空港にも専門店が出ていた。)

写真を拡大する

ポルトガル北部の旅

ロレート教会

シアード地区にあるロレート教会。
天井のフレスコ画が壮大で美しい。
この辺りはブティック等が立ち並ぶ場所で、ひっそりと建っています。

写真を拡大する

ポルトガル北部の旅

セッテ・リオスバスターミナル

ポルトガル2日目、ポルトに向かいます。
メトロに乗って、セッテ・リオスのバスターミナルへ。
(ポルトガル観光の要所です。)

写真を拡大する

ポルトガル北部の旅

セッテ・リオスバスターミナル

今回はバスチケットをネットで事前に購入。
ポルトまで約3時間の旅。
途中、ファティマを経由します。

写真を拡大する

ポルトガル北部の旅

ポルトのメトロはリスボンと違って改札がありません。
この機械にアンダンテ(andante)というICカードをあてるだけです。
このICカードの買い方がちょっとややこしくて、いまだによく分かっていません。
全路線がエリア分けされていて、通過するエリア数を買う事になります。
大体、自分の移動範囲はZ2でカバー出来ると思うので、Z2を2回分買ったのですが…。
1回目はOKなのですが、2回目で何故かエラーが出てしまいました。

写真を拡大する

ポルトガル北部の旅

mercure Porto Centro

サン・ベント駅の裏側の丘を登った場所にあります。
ポルトで二泊しました。(間の一泊はギマランイス)
二泊目に部屋が変わるのですが、チェックインでキーを貰って部屋に行くと、ドアノブに「Do not disturb」のタグが掛かってる、「何か」嫌な予感が…』
案の定、前の客が使ったまんまの状態。
フロントに言って部屋を変えて貰い、夕食から帰ってくると、部屋にお詫びの手紙とケーキが差し入れられていて恐縮しました。(全然、怒ったわけじゃ無いんだけれども。)
中々、従業員教育が行き届いていると感じさせられました。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

ポルトガル北部の旅へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

YOUTUBEに動画をアップしていますので、
見ていただけましたら幸いです。

①ポルトガルの旅 2019 Part 1 リスボン 〜 ポルト

https://youtu.be/31H7Wg03iI4

②ポルトガルの旅 2019 Part 2 ギマランイス 〜 リスボン

https://youtu.be/kc6hJdgEaIc

近くの旅行記

10392_11 サイパン2008 ガラパン&マニャガハ島 乳児連れぶらり関西 初めての子連れバリ旅行 ニューカレドニアリフ島旅行 バリ島4泊6日2009-04-29~2009-05-04
親族旅行 in… サイパン200… 乳児連れぶらり… 初めての子連れ… ニューカレドニ… バリ島4泊6日…

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール