海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP2019年2月流氷を見に北海道への旅行記

2019年2月流氷を見に北海道へ

以前から流氷を見たくて、北海道へ行くことに。ついでに旭山動物園と小樽、夜は氷瀑祭りや阿寒湖氷上フェスティバルを見る。

2019年2月流氷を見に北海道へ
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

2019年2月流氷を見に北海道へ

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

2019年2月流氷を見に北海道へ

10時に羽田集合、11時羽田発新千歳行きのANAに乗る。
12時35分新千歳着。
復興ツアーに参加し3泊4日の北海道の旅に行く。
初日は阿寒湖の方まで移動するので、丸1日ほぼ移動だった。
その移動の途中、2回ほどトイレ休憩があり、お土産屋さんに立ちよる。
ここはまずは一回目のお土産屋さん。
突然、熊のはく製の慎太郎君が物悲しそうに遠目を見て立っていた。

写真を拡大する

2019年2月流氷を見に北海道へ

慎太郎君の隣にいた、カナダ出身のひとみさん。
ちょっと怖い。

その後、2回目の立ち寄ったお店では店内は絶対に松山千春の音楽しか流さないというお店で、チーズや豆やいろんなものが売られていた。
座ってしかいないけど、結構移動だけでも疲れてしまった。
その間、ガイドさんのお話を聞いたり雪景色を見たり、時にはうたた寝しちゃった。
ガイドさんのお話の中で3つ気になったのが、依田勉三,とよとみ牛乳、アイヌコタンの3つ。依田勉三は慶応出身の北海道十勝地方の開拓事業者。話を聞いていて、何もないところからどうやってこの地を開拓していったかとても気になった。

写真を拡大する

2019年2月流氷を見に北海道へ

今日となるホテルはニュー阿寒ホテルというところで、大型ホテル。
私達以外にも沢山のツアー客が来ている。
ここのホテルの裏で阿寒湖氷上フェスティバルが開催されていて、小さいながらも花火があがったり、するらしい。

写真を拡大する

2019年2月流氷を見に北海道へ

お部屋は和室。中は暑いぐらい。外とは大違い。
夕飯を食べた後、阿寒湖氷上フェスティバルに出かける。

写真を拡大する

2019年2月流氷を見に北海道へ

ホテルの裏に行くとちらほら人が集まっていた。
久々に寒いところに来たな・・・って思ってたら、-16℃だもん。
ピーンと張りつめた空気の中、花火が打ち上げられるまで待っていた。

写真を拡大する

2019年2月流氷を見に北海道へ

寒いから火で暖をとる。

写真を拡大する

2019年2月流氷を見に北海道へ

時間になると目の前で花火が打ちあがった!
冬の花火もとっても綺麗。
夏とは違う雰囲気の中、上がる花火もいい。
花火が終わると即退場。笑
その後はアイヌコタンに向かう。

写真を拡大する

2019年2月流氷を見に北海道へ

その途中で見かけた雪だるまたち。
関東じゃ雪だるま作るほど、雪も降らないからないから、
いいなーって思いながら見てた。
子供ならこういうの作りたいと思ったかもしれない。

写真を拡大する

2019年2月流氷を見に北海道へ

アイヌコタンに行く途中にワカサギ釣りが出来るところを見つけた。

写真を拡大する

2019年2月流氷を見に北海道へ

アイヌコタンの入り口。
アイヌコタンとは36戸・約120人が暮らすアイヌの集落のこと。
お土産屋さんやレストラン、舞踊が見れる場所もあった。
ここは北海道で唯一、国の重要無形民俗文化財に指定されているそう。
https://www.akanainu.jp/

写真を拡大する

2019年2月流氷を見に北海道へ

アイヌコタンの中の休憩所。
雪の多さが見て分かる。
残念ながら既にお店がほとんど閉まっていたのでふらっと見て、ホテルまで戻った。

今回の旅でアイヌの文化に興味を持った。
以前に口の周りを大きく描いた写真を見たことがあって、何を意味するのだろうか・・・って思ってそれっきりになっていたのでこれも何かの縁かもしれないので色々調べてみたいと思った。

写真を拡大する

2019年2月流氷を見に北海道へ

ホテルに戻る前に北海道にしかないコンビニでガイドさんが話していたとよとみ牛乳の事を思い出し、これを買ってみた。
凄く濃厚で甘さもちょうど良かった。
やっぱり北海道の乳製品は美味しいんだなって実感した。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

2019年2月流氷を見に北海道へへのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

新着スケジュール