海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅の旅行記

神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅

特別最短フライトで行くチャーター企画

神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅

神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅

マタベリ国際空港

かわいらしい空港ターミナル。

写真を拡大する

神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅

マタベリ国際空港

鳥人間のモニュメント

写真を拡大する

神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅

イースター島博物館 Rapa Nui Museum

ここの入り口にあるモアイは、島で唯一手で触れることができるレプリカではないオリジナルのモアイ像だそうです。

写真を拡大する

神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅

イースター島博物館 Rapa Nui Museum

こじんまりした博物館だが、モアイの目を見ることができます。 モアイの目はほとんど潰されているので、なかなか見られません。

写真を拡大する

神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅

アフ・トンガリキ Ahu Tongariki

島の東部に位置するアフ・トンガリキは、ポリネシア随一の遺跡で、幅約100mものアフに15体のモアイが建ち並ぶ光景は、とても勇壮です。

写真を拡大する

神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅

アフ・トンガリキ Ahu Tongariki

1960年のチリ沖大地震津波によってアフもモアイも押し流されたのですが、1991~95年に日本のクレーンメーカーである「タダノ(TADANO)」の協力により修復されました。

写真を拡大する

神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅

アフ・トンガリキ Ahu Tongariki

おそらく、ここには島最大規模の集落があったものと推測されています。
「ボートハウス」と呼ばれるボート型の住居跡も残っています。

写真を拡大する

神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅

ラノ・ララク山 Rano Raraku

ラノ・ララクには製作途中のモアイ等も含めて約400タイプのモアイ等があると言われています。完成されたものとは違ったものもまた歴史を感じることができると非常に人気があります。

写真を拡大する

神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅

ラノ・ララク山 Rano Raraku

特に「Tukuturi」と言われているひげとひざまずいた姿勢のモアイ像は非常に珍しく人気があります。
一番古い形のモアイだそうです。

写真を拡大する

神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅

テ・ピト・クラ Ahu Te Pito Kura

テピトクラとは光のヘソという意味。ここのモアイにはPAROという名前がつけられていて、モアイPAROくんの近くには テピト・オテヘヌア(地球のへそ)とされる丸い石が置かれています。 直径75センチの丸い石の周りに丸い石が4つ並べられ、その周囲は円形の石垣になっています。 一説によるとホツマツア王がここにマナと呼ばれるパワーを秘めた丸い石を置き、世界のへそ=中心としたそうです。

写真を拡大する

神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅

アフ・ナウナウ Ahu Nau Nau

アナケナ・ビーチのすぐそばには、イースター島で最も保存状態の良いと言われるモアイが立つアフ・ナウナウがあります。全部で7体のモアイが並んでおり、そのうち5体はほぼ完全な形で残っています。さらに、4体は頭にプカオも載せているので必見です。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅へのコメント

m38さん  2019/03/12 17:46

コメントありがとうございます。
ボラボラ島は新婚さんのメッカのようですね。
リゾートなんて、と少し思っていましたが、年をとってもそれなりに楽しめるものだと認識を新たにしました。

makoa187jpさん  2019/03/11 17:51

イースター島とボラボラ島のセットとは、ゴージャスですね。
10年以上前に新婚旅行で行ったボラボラ島、また行きたくなっちゃいました。


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

タヒチ弾丸ツアー1泊3日 イ-スタ-島、モアイより孤島を駆け回る馬に魅せられて!
タヒチ弾丸ツア… イ-スタ-島、…

新着スケジュール