海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP【後編:ソラーノ】2019春~イタリア・マレンマ地方ピティリアーノ3泊6日の旅行記

【後編:ソラーノ】2019春~イタリア・マレンマ地方ピティリアーノ3泊6日

南トスカーナのマレンマ地方にある“最も美しい村”へ。どんな絶景に出会えるかな?こちらはピティリアーノとソラーノの旅行記です。

【後編:ソラーノ】2019春~イタリア・マレンマ地方ピティリアーノ3泊6日

【後編:ソラーノ】2019春~イタリア・マレンマ地方ピティリアーノ3泊6日

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

【後編:ソラーノ】2019春~イタリア・マレンマ地方ピティリアーノ3泊6日

【4日目:ソラーノへ】
今日のショートトリップ先はソラーノ。出発前は、バス会社のHPにある時刻表とにらめっこしながら、スケジュールを決めた。バスは主に通学に使われるようで、時間帯が限られているし本数も少ない。きちんと計画を立てないと上手く回れないことになる。

いろいろ考えた結果、7時台のバスで出発、15時台で帰るというプランを立てたのだけど、バス停の時刻表を見ると予定している7:55のバスがない。前日に気づいていたのでドキドキだったのだけど、ソヴァーナからの帰りの例もあるし、まーとりあえず待つかってことで。もし来なかったら11時台のバスで行って20時くらいのバスで帰る覚悟。

朝ごはんなしでホテルを出ると、すぐさま行き先表示に「sorano」が入った18番バスがやって来る。7:50ですがね。ソラーノへ行くって言うから、通学の学生さんたちと一緒に乗り込んだ。ところでこのバス停、次は新市街の方にあるバス停に行き、またそこから戻ってきて、もう一度同じこのバス停に止まる謎システム。さらにその先にあるターミナルで、謎の停車時間あり。

そうこうしているうちに、あっという間にソラーノの町が見えてくる。そろそろ止まるかな?って思っていたら、そんな気配もなく、町を離れて高台に上っていく…えっ何?町離れていくんだけど!って焦り、運転手さんに「ソラーノは??」って聞いたら、何やらイタリア語で返答あり。なんか前の方指さしていたから、次に止まるよ~って感じだったのかもしれないけど、全然わからず、「???」

まいっかともう一度座り、ほどなくして着いたバス停で学生さんたちと一緒に降りた。どうやらここはオルシーニ要塞の前。町へは来た道を戻る形になる。

入り口前の広場には人懐こいネコがいて、しばらく遊んだ後、ここからいざ町へ!

写真を拡大する

【後編:ソラーノ】2019春~イタリア・マレンマ地方ピティリアーノ3泊6日

【4日目:古い町並み】
あっちにいる間、すっかりソラーノも「イタリアの最も美しい村」の一つだと思いこんでいて、「さすがそう触れ込むだけある~」と納得していたけど、どうやら違っていた笑

メイン通りからすぐさま入りたくなる路地を見つけて、一歩踏み入れば、またしてもその先に枝分かれするように道が続く。あ~道を見失わないようにとりあえずメイン通りを進まなきゃー!って思いながらも、路地に引き込まれ、最終的には方向を見失うのがいつもの私。

写真を拡大する

【後編:ソラーノ】2019春~イタリア・マレンマ地方ピティリアーノ3泊6日

【4日目:石畳】
この一角がとても気に入った。
道も家も石造りの風景、なんでこんなに好きなんだろう。

写真を拡大する

【後編:ソラーノ】2019春~イタリア・マレンマ地方ピティリアーノ3泊6日

【4日目:】
さて、メイン通りのローマ通りに戻り、そのまま前に進み、レオポルディーノ要塞に行き当る。展望台になっているはずだけど、朝早いせいかまだ開いていない。なのでぐるりと通り過ぎ、ローマ通りとは別の道を入り口方向に向かって歩く。

ふと開けた場所に出る。

写真を拡大する

【後編:ソラーノ】2019春~イタリア・マレンマ地方ピティリアーノ3泊6日

【4日目:ソラーノの町並み】
こうやって見るだけでも、ソラーノの町の起伏の大きさがよくわかる。実際に歩いてみると、上ったり下ったり…平坦なところはわずかで、斜面に家が立ち並んでいるような感じ。ピティリアーノは町中自体はそこまで起伏が大きくなかったけど、それでも展望場所へ行ったり来たり、今日は既にふくらはぎがパンパン…笑 そこへきてこのソラーノ!それでも上ったり下りたり、いくらでもしたくなってくるそれほど素敵な街並み。

このあたりでは歩けばネコに当たる!ってほど、のんびり暮らすネコの姿がよく見られ、足を止めて遊んでは前に進むって感じで、あまりに楽しいネコ散歩になりました。

写真を拡大する

【後編:ソラーノ】2019春~イタリア・マレンマ地方ピティリアーノ3泊6日

【4日目:胸高鳴る路地】
もう何とも言えない素敵さ。
すっかりこの町の虜。ネコがのんびり暮らす町は全部好きになっちゃう。

写真を拡大する

【後編:ソラーノ】2019春~イタリア・マレンマ地方ピティリアーノ3泊6日

【4日目:素敵階段】
メインのローマ通りから、先程の裏通りに続く階段。
良い……
さっきあっちの通りで会ったネコにここでも出会ったり、ネコもうろちょろ。

写真を拡大する

【後編:ソラーノ】2019春~イタリア・マレンマ地方ピティリアーノ3泊6日

【4日目:下の門】
ところで、さっき入ってきた門は「上の門(Porta di Sopra)」と言うらしく、この町にはもう一つ、門があるらしい。では行ってみましょう。

ぐんぐん下り、(帰りが大変だな…)と思いつつも、「下の門(Porta dei Merli)」へ。おぉ~くぐったあと振り返ると、風情あるなぁ。まだまだ下ります。上から見ると、下りた先には清流と橋。きっとあそこからの眺めは素晴らしいに違いない!

写真を拡大する

【後編:ソラーノ】2019春~イタリア・マレンマ地方ピティリアーノ3泊6日

【4日目:下から見上げたソラーノ】
ずんずんずん…
ふくらはぎ死ぬと思いつつ、下りきると、そこには清流にかかる橋。そこからの眺めがこちら。もう少し緑豊かな時期だったらもっと素敵だったかも~。でも十分。だーれもいないこの場所で、暖かな日差しを浴びながら、しばしこの風景を堪能。大声で歌いたくなる。

遺跡とかのあるトレッキングコースになっているようで、Caveの案内表示とかあったけど、きっとすごく遠いし、私は町の路地散策がしたいので、戻ることに。

写真を拡大する

【後編:ソラーノ】2019春~イタリア・マレンマ地方ピティリアーノ3泊6日

【4日目:レオポルディーノ要塞殻の眺め】
着いたときは観光客なんて全然いなかったけど、10時も過ぎるとぼちぼち出会うようになってきた。レオポルディーノ要塞の展望台、そろそろ開いているかな?
イタリアは朝早くても開いていないし、うっかり昼過ぎると昼休みだし、私的に安全な時間帯は10時半~11時半。さて、そんな頃合いになってきたし、要塞、行ってみよう。

おー!門開いてた!
これこれこの風景!
なんて気持ちの良い場所なのー!

写真を拡大する

【後編:ソラーノ】2019春~イタリア・マレンマ地方ピティリアーノ3泊6日

【4日目:ソラーノの町並み】
要塞なので上から見下ろす形になる。家々の屋根がよく見え、そそられる。

写真を拡大する

【後編:ソラーノ】2019春~イタリア・マレンマ地方ピティリアーノ3泊6日

【4日目:ソラーノの町並み】
サン・ニコロ教会の鐘楼がよいアクセント。
谷に向かうように家々は立ち並び、そして周辺は緑で覆われている。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

【後編:ソラーノ】2019春~イタリア・マレンマ地方ピティリアーノ3泊6日へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

前半は、
【前編:ソヴァーナ】2019春~イタリア・マレンマ地方ピティリアーノ3泊6日
https://tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/83098/
番外は、
【番外ネコ編】2019春~イタリア・マレンマ地方ピティリアーノ3泊6日
https://tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/83386/
をご覧いただけるとうれしいです。

【旅の費用メモ】
ローマの空港にて、3/28にキャッシング レートは€1=124.43円

[移動:89,770円]
航空券(日本~ドーハ~ローマ往復) カタール航空 89,770円
※航空会社のオンライン予約で、2019/3/4に手配。

[宿泊:16,686円]
・「Albergo Guastini」 3泊€134.10(16,686円)
※エクスペディアにて、2019/3/7に手配。

[食事:12,940円]

[観光:7,254円]
ほぼ交通費

[その他:491円]
お土産

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・
スケジュール帳見ながら、今年も年度末に行っちゃえ~と出発3週間ちょっと前に航空券を予約。
ローマから行ける小さな町を吟味、
日曜を挟む日程だと日曜のバス便が少ない(というかないことが多い)イタリアの小さな町を回る旅は
バスの時刻表とにらめっこしながら行き帰りの足を確保を出来る場所にしないといけない。
いろいろ調べながら、とりあえず足が確保できそうな今回のプランと
アブルッツォ州のスルモナを拠点にスカンノ、パチェントロを回るプランを考え、
実は後者にしようと思っていたけど、
標高が高いから寒いかな…と気候が気になり(寒いのキライ)、
やっぱりピティリアーノプランにしよう!と行き先確定。

出発前からピティリアーノの写真を見ながら、ここに行けるんだー!とドキドキワクワク。
ピティリアーノの町は期待以上の素敵な町で、
ダイナミックな景観と路地歩きとネコ遊びという大好きなものが楽しめた。
考えてみたら、イタリアの小さな町ではのんびり暮らすネコと出会えることが多いなぁ。
少し忙しくてバタバタしたけど、訪問した町で景色やネコに足を止めて自由に過ごせる時間は至福だった。
また私好みの町を探しに行きたいな。

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール