海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPランタン祭りのホイアンと古都フエの旅の旅行記

ランタン祭りのホイアンと古都フエの旅

とびっきりエレガントなクルーズで、アジアを優雅に、ゆったりと楽しみたい。

ランタン祭りのホイアンと古都フエの旅

ランタン祭りのホイアンと古都フエの旅

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

ランタン祭りのホイアンと古都フエの旅

2017.02.08
セントレアの売店で、日本土産として売られていた顔パック。
歌舞伎の隈取がデザインされてます。
シュミレーションできるコーナーがあって、母がチャレンジ。

写真を拡大する

ランタン祭りのホイアンと古都フエの旅

HOI AN ANCIENT HOUSE VILLAGE RESORT & SPA

2017.02.08
ホイアンのホテル、遅くに到着。
部屋の扉を開けてびっくり。
いきなりのバスタブ?!
ベッドはこの奥にあります。

写真を拡大する

ランタン祭りのホイアンと古都フエの旅

HOI AN ANCIENT HOUSE VILLAGE RESORT & SPA

2017.02.09
ホテルはちょっと街中から外れていて、とっても緑の濃い、空気もしっとりと潤ったところです。
朝から釣りをしている人もいますね。
日本の田園風景にどこか似ています。

写真を拡大する

ランタン祭りのホイアンと古都フエの旅

2017.02.09
古都フエへ向かいます。
途中のダナンの街中は、バイクだらけ。

写真を拡大する

ランタン祭りのホイアンと古都フエの旅

フエの建造物群

2017.02.09
フエはベトナム最後の王朝、グエン朝の都として栄えた古都。フォン川を挟み新市街の対岸、旧市街に点在する王宮、寺院、博物館などの建造物が、ベトナム初の世界遺産として登録されています。グエン朝は1802年、フランスの援助を受け内乱が続くベトナムを統一したザーロン帝が創設。フランスの植民地化、第二次世界大戦など時代に翻弄されながらも、13代143年間にわたって続きました。

写真を拡大する

ランタン祭りのホイアンと古都フエの旅

阮朝王宮

2017.02.09
午門 / Ngọ Môn
王宮の南に位置する正門で高さは約17m、幅は約58mあります。
1805年に初代皇帝ザーロン帝により築かれた見張り台「南関台」を2代皇帝ミンマン帝が改築し1833年に建てられました。「午」は南の方位を意味し、古代中国の聖人君子が南から天下に耳を傾ければ、世の中は平和に治まるとの考えに由来しているほか、正午になると門の真上に太陽がのぼることから、この名がついたと言われています。
コの字型の門に5つの入口があり、中央が皇帝と各国の大使、向かって右(右夾門)が文官、左(左夾門)が武官のための入口。そのさらに両端にある2つの入口(右闕門、左闕門)は兵士・馬・象が使用していました。男性だけがこの門からの出入りを許されており、皇后であっても他の門を使用しなければなりませんでした。
午門の2階は「五鳳凰樓」とよばれており、新年の挨拶と科挙の合格発表のときにに皇帝がすがたを表しました。1945年8月30日に最後の皇帝パオダイ帝が退位(王朝の終焉)を告げたのもこの門からでした。

写真を拡大する

ランタン祭りのホイアンと古都フエの旅

阮朝王宮

2017.02.09
太和殿 / Thái Hoà Điện
午門をくぐって正面に太和殿があります。ここでは皇帝の即位式などの朝儀がおこなわれました。女性は決して立ち入ることができず、皇后も例外ではありませんでした。内部には皇帝の玉座がおかれ、80本の柱には皇帝を象徴する龍の装飾が施されています。建築はベトナムの伝統建築である2棟連棟形式(前殿と正殿を回廊で繋ぐ方式)で建てられています。棟の連結部分を外から見ると、吐水口に怪魚の装飾を見ることができます。
1805年にザーロン帝によって建てられ、その後1833年にミンマン帝が改修しています。ベトナム戦争中の1968年テト攻勢で完全に破壊されてしまいました。その後、1970年に再建されました。

写真を拡大する

ランタン祭りのホイアンと古都フエの旅

Y Thao Garden

2017.02.09
宮廷料理のお店だそうです。
テーブルに飾ってある花はお菓子で作られています。
食べてもよいそうですが・・・

写真を拡大する

ランタン祭りのホイアンと古都フエの旅

ティエンムー寺

2017.02.09
慈仁塔(トゥニャン塔)
3代ティエウチー帝が1845年に建てたもので、高さ21mある八角形七層の塔は仏教で悟りを意味する蓮を象っている。各階には仏像の坐像が安置され、過去七仏(釈迦如来までに登場した7人の仏陀)をあらわし、最上部には釈迦如来像が安置されています。
慈仁塔はフエのシンボルとして人々に親しまれており、よく土産物のモチーフにもちいられます。

写真を拡大する

ランタン祭りのホイアンと古都フエの旅

トゥドゥック帝廟

2017.02.09
この頃になると雨が強くなってきて、ちょっと残念。
この謙宮門を抜けて奥が寝殿(礼拝堂)の和謙殿。
殿内にはトゥドゥック帝と皇后の位牌が祀られています。

写真を拡大する

ランタン祭りのホイアンと古都フエの旅

トゥドゥック帝廟

2017.02.09
鳴謙堂
ベトナムで2番目に古い劇場です。天井には皇帝を表す「天」として星空や太陽が描かれています。現在は衣装を着て撮影(有料)するスペースになっています。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

ランタン祭りのホイアンと古都フエの旅へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

ベトナム 少数民族の村を訪ねて ベトナム世界遺産を4カ所巡る奥ちゃん一人旅① 【フエ・ホイアン・ハノイ】いにしえのベトナム三都巡り
ベトナム 少数… ベトナム世界遺… 【フエ・ホイア…

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール