古都トレドと首都マドリード―スペインの古今の首都を巡る旅

トレドの街は、キリスト教とイスラム教の融合という歴史的背景を反映していて興味深かったです。マドリードでは王室ゆかりの修道院とプラド美術館を訪問しました。

古都トレドと首都マドリード―スペインの古今の首都を巡る旅

古都トレドと首都マドリード―スペインの古今の首都を巡る旅

←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→
Iglesia de los Jesuitas

Iglesia de los Jesuitas

トレドでは10ほどの教会をめぐる10ユーロのチケットがあり、教会を1つ1つ見るよりもお得です。それを知らなかったので、最初の2軒の教会はいちいちチケットを購入していましたが、リストバンドの共通チケットを購入すれば、建物の入り口でそれを見せるだけで入れるし、4軒教会を回れば元を取れるぐらいです。
この教会も共通チケットで入場できたので、何も知らずに入ったら、塔に上れました。トレドの街の外の展望台まで行かなくても、街を一望できます!この教会はどこからどう見ても、キリスト教の教会です。だまし絵で描かれた祭壇の絵があります。
←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール