古都トレドと首都マドリード―スペインの古今の首都を巡る旅

トレドの街は、キリスト教とイスラム教の融合という歴史的背景を反映していて興味深かったです。マドリードでは王室ゆかりの修道院とプラド美術館を訪問しました。

古都トレドと首都マドリード―スペインの古今の首都を巡る旅

古都トレドと首都マドリード―スペインの古今の首都を巡る旅

←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→
プラド美術館

プラド美術館

プラド美術館を訪れるのは初めてではありませんが、ベラスケスの「ラスメニーナス」は何度見ても新たな感動を覚えます。フランドル絵画、ベネチア絵画も充実していて、どれもゆっくり見て、17時まで滞在しました。改修工事中で2階には行けず、見られない絵もありました。
日本でチケットを購入して開館前に行きましたが、開館30分前にはすでに列ができていました。17時からは入場無料になるため、それに並ぶ人の長蛇の列ができていました。
←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→

近くの旅行記

そうだ、ブエルタを観に行こう。 マドリード&バルセロナ 6日間 イベリア半島周遊+モロッコ! スペイン満喫の旅 寝台列車に乗る マドリッド&リスボン 16世界遺産・スペイン他16日間(スペイン12・イタリア2・ベルギー3都市)
そうだ、ブエル… マドリード&バ… イベリア半島周… スペイン満喫の旅 寝台列車に乗る… 16世界遺産・…

新着スケジュール