海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP本州最大級!周遊バス「芝ざくらまつり号」で行く、栃木県市貝町の芝桜!の旅行記

本州最大級!周遊バス「芝ざくらまつり号」で行く、栃木県市貝町の芝桜!

栃木県市貝町の芝ざくら公園は、2.4haの一面に広がる本州最大級の規模を誇る芝桜が見られます。周辺の道の駅「サシバの里いちかい」などにも立ち寄りました。

本州最大級!周遊バス「芝ざくらまつり号」で行く、栃木県市貝町の芝桜!

本州最大級!周遊バス「芝ざくらまつり号」で行く、栃木県市貝町の芝桜!

1

2

3

次のページへ→
写真を拡大する

本州最大級!周遊バス「芝ざくらまつり号」で行く、栃木県市貝町の芝桜!

市貝町芝ざくら公園

JR宇都宮駅東口の6番バス乗り場から「周遊バス 芝ざくらまつり号」にて、本州最大級の芝桜が見られるという栃木県市貝町の芝ざくら公園にやってきました。

天候に恵まれ、高台にある駐車場のある部分から芝桜をみると、ピンクや白などのカラフルな「芝桜の絨毯」が目の前に!

写真を拡大する

本州最大級!周遊バス「芝ざくらまつり号」で行く、栃木県市貝町の芝桜!

市貝町芝ざくら公園

「芝桜の絨毯」の下段方向の眺めです。晴れた空と新緑に芝桜のコントラストが美しいです。

高台の駐車場から階段を下りて、芝桜の近くへ行ってみます。

写真を拡大する

本州最大級!周遊バス「芝ざくらまつり号」で行く、栃木県市貝町の芝桜!

市貝町芝ざくら公園

斜面にも芝桜が植えられています。こちらは意図的なのか、芝桜の密集度合いが低くなっています。

写真を拡大する

本州最大級!周遊バス「芝ざくらまつり号」で行く、栃木県市貝町の芝桜!

市貝町芝ざくら公園

濃いピンク、ピンク、紫、白の芝桜がびっしり植えられています。少し色褪せた花もありましたが、ほぼ見頃といってよいでしょう。天候といい、ベストタイミングでした。

写真を拡大する

本州最大級!周遊バス「芝ざくらまつり号」で行く、栃木県市貝町の芝桜!

市貝町芝ざくら公園

芝桜のカラフルなグラデーションは、付近を流れるという小貝川をイメージしているとのこと。

遠くの「上流」部分には、木製の展望台があります。緩やかな斜面を流れる芝桜の「小貝川」ですが、美しすぎます。

写真を拡大する

本州最大級!周遊バス「芝ざくらまつり号」で行く、栃木県市貝町の芝桜!

市貝町芝ざくら公園

2.4haに、約20万株という芝桜が一面に広がる光景は圧巻です。「最上流」の展望台は後ほどに、「最下流」方面から見ていくことにしましょう。

写真を拡大する

本州最大級!周遊バス「芝ざくらまつり号」で行く、栃木県市貝町の芝桜!

市貝町芝ざくら公園

ピンクといっても濃淡があります。市貝町の芝桜に関するパンフレットには、「園内には、赤・ピンク・紫・白の主に4色の芝桜が植えられている」とのこと。

写真を拡大する

本州最大級!周遊バス「芝ざくらまつり号」で行く、栃木県市貝町の芝桜!

市貝町芝ざくら公園

こちらは、「ダニエルクッション」という品種でしょうか。

写真を拡大する

本州最大級!周遊バス「芝ざくらまつり号」で行く、栃木県市貝町の芝桜!

市貝町芝ざくら公園

やや淡いピンク色は、「オータムローズ」でしょうか。

写真を拡大する

本州最大級!周遊バス「芝ざくらまつり号」で行く、栃木県市貝町の芝桜!

市貝町芝ざくら公園

白色の芝桜は、「リトルドット」でしょうか。

写真を拡大する

本州最大級!周遊バス「芝ざくらまつり号」で行く、栃木県市貝町の芝桜!

市貝町芝ざくら公園

薄紫色は、「オーキントンブルーアイ」でしょうか。

写真を拡大する

本州最大級!周遊バス「芝ざくらまつり号」で行く、栃木県市貝町の芝桜!

市貝町芝ざくら公園

赤色に近いピンク色は、「スカーレットフレーム」でしょうか。こちらは、数が少なく、芝桜の「小貝川」側面の一部に植栽されていました。

※芝桜の品種を解説する名板がありませんでしたので、各芝桜の名前は誤っているかもしれません。パンフレットには、「4種類」が植えられているとのことでしたが、「5種類」ではないでしょうか!?

1

2

3

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

本州最大級!周遊バス「芝ざくらまつり号」で行く、栃木県市貝町の芝桜!へのコメント

makoa187jpさん  2019/05/22 14:11

zeniyu84さま、コメントありがとうございます。

「周遊バス」オススメですよ。なお、東京(上野)・大宮駅発着の新幹線の往復が今回の「周遊バス」についたJRのツアーもありました(私は、往復在来線で行きましたので、「周遊バス」のみの申込みでした)。車で行くと、自由は利くのですが、駐車場への入場でかなりの時間がとられます(「周遊バス」なら、自家用車より優先して駐車場に入れる)ので、その点でも「周遊バス」がオススメです。

zeniyu84さん  2019/05/14 12:41

「周遊バス 芝ざくらまつり号」これ、いいですね~。我が家車がないのですが、これなら電車で行けそう!しかも豪華なお弁当もついてるなんて感動的~。イチゴ狩りもできるし、観光もあるし、非常にバランス取れていて、いい感じです!来年これで見に行ってみたいです。しかも、かなり芝桜の密度がすごい~
写真もきれいでした! ありがとうございます~ 

makoa187jpさん  2019/05/10 09:55

tomitaspさま、コメントありがとうございます。

仮にお弁当が付いていなくてもオトクだと思います。宇都宮と烏山駅間は580円で往復1,060円。さらにタクシーですが、往復で5,000円前後とのこと。また、ひたち海浜公園などとセットになっている大手旅行会社のツアーなどもありましたが、芝ざくら公園の訪問が午後になっているケースが多かったようです。この場合、撮影の光線がよろしくない可能性があります。

tomitaspさん  2019/05/09 21:22

何で周遊パスが4000円も?と思いましたが、弁当付きだったんですね!珍しい!


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

◆予算

(1)移動
・戸塚安行-東川口: ¥420
・東川口-宇都宮: ¥3,326
・浦和-宇都宮(グリーン車): ¥1,560

(2)食事
・ソフトクリーム(道の駅 サシバの里いちかい): ¥350

(3)観光
・「芝ざくらまつり号」: ¥4,000

(4)宿泊
・なし: ¥0

(5)その他
・雑費: ¥375

□参考サイト:
・市貝町観光協会:
http://www.ichikai-kankou.jp/

新着スケジュール