海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPドイツからスウェーデン、縦断の旅!~渡り鳥ラインに乗って~の旅行記

ドイツからスウェーデン、縦断の旅!~渡り鳥ラインに乗って~

ずっと前から憧れていた、ドイツとデンマークを結ぶ「渡り鳥ライン」。海峡に橋がかけられて、そのうち廃止になるらしいので、その前に乗ってきました!パン屋とスーパーめぐりも忘れずに。

ドイツからスウェーデン、縦断の旅!~渡り鳥ラインに乗って~

ドイツからスウェーデン、縦断の旅!~渡り鳥ラインに乗って~

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

ドイツからスウェーデン、縦断の旅!~渡り鳥ラインに乗って~

今回の旅はゴールデンウィーク期間中、超ハイシーズンということで、欧州系の航空会社の便が高すぎて手が届かず。初めてエアチャイナ、羽田発北京乗り継ぎ便を利用することになりました。エアチャイナに関するネットでの評価は大きく分かれていて、見ているとただただ不安に…遅延も頻発してるらしく、ゴールデンウィークに入ってからも3時間遅延してる日が!!北京での乗り継ぎ時間は2時間40分なので、それじゃあ間に合わないじゃん。
不安の中羽田空港でいろいろ手続を済ませて搭乗ゲートで待っていると、まさかの定刻どおり笑
羽田空港も心配していたほどの混雑は全然なく、ほっとしたよ。
機内食は日本発便なので安心のおいしさ。

写真を拡大する

ドイツからスウェーデン、縦断の旅!~渡り鳥ラインに乗って~

北京首都国際空港

北京首都国際空港に到着。広すぎて乗り継ぎがめちゃくちゃ大変!っていう口コミが多かったけど、Transferのサインに従って歩いていけば特に問題ありませんでした。パスポートチェックも顔認証ゲートになっていて5、6台稼動しているのでスムーズでした。手荷物検査などを通過して、初めての中国体験!

写真を拡大する

ドイツからスウェーデン、縦断の旅!~渡り鳥ラインに乗って~

北京首都国際空港

飲食店エリアにはスタバやピザハットなど、日本でもおなじみのチェーン店が。そして我々が大好きなKFCを発見!海外でKFCを見つけると必ず食べてみる私たち。中国のも食べてみなくては!
メニューはよくわからないので、とりあえずセットメニューの4番というのを指差しで注文。china moneyしか使えないということなので、カードで支払い。
バーガーは、かりかりの唐揚げにピリ辛ソースがかかっている感じでおいしい◎
セットのドリンクは変更できなかったんだけど、色からしてオレンジジュースかなと想像して飲んだら、かなり甘めのマンゴー?パッションフルーツのようなジュースでした。やっぱKFCは世界共通でうまい。

写真を拡大する

ドイツからスウェーデン、縦断の旅!~渡り鳥ラインに乗って~

北京首都国際空港

3時間弱のトランジットを北京空港を探索しながら過ごし、さあいよいよフランクフルト行きの便に搭乗!先は長いぞ~がんばろう。定刻どおり離陸。機内では映画(中国語の字幕つき)を見たりゲームをやったり。寝たかったけど興奮して眠れなかった。
中国発の便は機内食が私にとっては問題あり。写真下のシーフードのあんかけ、みたいなメニューは、想像してる味と全然違ってびっくり。日本の和風あんかけとか中華あんかけとは一線を画す味。独特の調味料なのか香辛料なのか、食べたことない味でした。さらに上の写真は二回目の機内食。これ、フジッリ?の上に分厚いハムがでーんと乗せてあるんだけど、パスタが無味!!ゆでただけ!!しかも塩こしょうもついておらず。どうしたもんか、困りました^^;

写真を拡大する

ドイツからスウェーデン、縦断の旅!~渡り鳥ラインに乗って~

ハンブルク空港

ようやくドイツ・フランクフルトに到着ー。ふー長かった!けど目的地はハンブルクなのでまだあと1フライト。この時点でかなりしんどい。
この写真は20時くらいに撮ったものですが、こんなに明るい。ヨーロッパに来たって感じがしてきました。
約1時間半ほどのフライトを経て、やっとハンブルク空港へ。もうへろへろです。
空港で荷物を受け取り、券売機で市内への切符を購入。Sバーンに乗り1駅目でUバーンに乗り換え、外のホームで電車を待つ。このとき、ハンブルクはまだめちゃくちゃ寒いことに気づいた。みんなコートにマフラーしてるし!私たち日本の感覚で春の装いで来ちゃった…笑 しまったー!!

写真を拡大する

ドイツからスウェーデン、縦断の旅!~渡り鳥ラインに乗って~

ホテルの最寄り駅、Stephansplatzに到着するも、適当に出た出口がどこなのかわからなくなってしまった。22時近くでさすがに真っ暗だし、まだ海外のwifi設定してなくてスマホも使えず。困ったなときょろきょろしていたら、親切なお兄さんが「駅を探してるの?」と声をかけてきてくれました。私が ホテルに行きたいんです、とホテルの名を言うと、「ごめん、知らないから、スペルを打ち込んでくれる?」と自分のスマホでグーグルマップを開き、渡してくれました。Baseler Hofと打ち込むと、お兄さんは ああここか、となって、道順を教えてくれたのです。
ほんとにほんとに有難かった(;_;)助かりました。出来る限り丁寧にお礼を言って、ようやくホテル発見。

写真を拡大する

ドイツからスウェーデン、縦断の旅!~渡り鳥ラインに乗って~

Hotel Baseler Hof

予約したホテルは、アルスター湖近くのBaseler Hof。受付に行くと、あやさんですね?と言ってくれた。3日間有効の市内交通乗り放題チケットもくれました。ドイツ語でなんとかやりとりをして、部屋へ。ヨーロッパによくある、せまめのシングルベットが二つ並べてあるタイプのベッド。広さもわりと快適で、バスタブのない部屋だったけど特に問題はなかったな。
尋常じゃなく疲労困憊だったので、シャワーを浴びて即就寝。
明日はブレーメンだ~!

写真を拡大する

ドイツからスウェーデン、縦断の旅!~渡り鳥ラインに乗って~

翌朝。チェックしてあったホテル近くのパン屋さん、Nur Hierで朝食。
Franzbroetchen Apfel(フランツブレートヒェンりんごのせ) とチーズ、ハム、トマト、きゅうりの挟んであるサンドイッチを店内でいただく。フランツブレートヒェンはシナモンシュガーが巻き込んである固めのパンで、すごくおいしい!サンドイッチは、かなりの種類並んでたんだけど、パンの種類が違うだけで中身はすべてこの組み合わせだったような。どちらも美味。
朝のパン屋さんはひっきりなしにお客さんが入ってきてたよ。みんな朝食用に買うのかな?

写真を拡大する

ドイツからスウェーデン、縦断の旅!~渡り鳥ラインに乗って~

ハンブルク中央駅

朝食を食べ終え、StephansplatzからUバーンに乗って、Hamburg Hbf Sued (ハンブルク中央南駅)へ。南駅から中央駅へは、人の流れに乗っていけばすぐでした。途中、コインロッカーも発見して、明日はここにスーツケースを預ければいいね、と確認。
中央駅、かっこいいなあ!

写真を拡大する

ドイツからスウェーデン、縦断の旅!~渡り鳥ラインに乗って~

ハンブルク中央駅

ハンブルクからブレーメンへは、DBではなくMetronomという私鉄で行きます。券売機で、ブレーメンへの往復がかなりお得になるというニーダーザクセンチケットを購入。
平日ということもあってか、車内は割りとすいていました。
写真にもありますが、RUHE(静かに)という携帯やおしゃべりが制限された車両に乗ったはずなのだけど、スペイン語をしゃべる5、6人の集団が車内で大騒ぎ。
スマホでがんがん音楽を流して、みんなでめっちゃ歌ってる笑
でも特にまわりのドイツ人も注意することもなく、いいんだな…って感じ。
あっと言う間にブレーメンに到着。

写真を拡大する

ドイツからスウェーデン、縦断の旅!~渡り鳥ラインに乗って~

ブレーメン中央駅

ブレーメンに到着。駅構内にDBのチケットセンター的なブースがあって、日本からずっと心配だったことを聞いてみることに。
渡り鳥ラインのチケットをDBのドイツ語サイトで自分で予約したんだけど、出発数日前にVerspaetungsalarm(遅延アラーム)というメールが来たんです。最初予約したときは全工程列車(途中フェリー)の予定だったんだけど、デンマーク着いたらバスに変更だよ、ということは理解できた。だけど、このまま自分のチケットが使えるのかどうかがイマイチわからず、キャンセル・変更不可の早割りチケットだったし、乗れなかったらどうしよう!!と不安に思っていたのです。
窓口で聞いてみると、「バスに変更になってるだけだから、受付印押してあげる」と判子とサインを書いてくれました。
ああよかった!

写真を拡大する

ドイツからスウェーデン、縦断の旅!~渡り鳥ラインに乗って~

マルクト広場

さてブレーメンの街歩き!
駅から賑わってるほうへてくてく歩く。途中橋の向こうに風車が見えました。
どんより曇り空ですが、広場は圧巻!
音楽隊の像と一緒に写真も撮れてうれしい。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

ドイツからスウェーデン、縦断の旅!~渡り鳥ラインに乗って~へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

中国・酒泉から敦煌 初めての中国★北京3泊4日の旅☆ ヨーロッパサッカー観戦ツアー ハンブルグ⇒ケルン⇒ロンドン⇒マドリード⇒パリ
中国・酒泉から… 初めての中国★… ヨーロッパサッ…

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール