海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP「笠間つつじまつり2019」・笠間稲荷神社・ 笠間の陶炎祭 日帰り旅の旅行記

「笠間つつじまつり2019」・笠間稲荷神社・ 笠間の陶炎祭 日帰り旅

約8,500株のつつじが満開の「笠間つつじまつり」へ。また、笠間稲荷神社や陶器マーケット「笠間の陶炎祭」も

「笠間つつじまつり2019」・笠間稲荷神社・ 笠間の陶炎祭 日帰り旅

「笠間つつじまつり2019」・笠間稲荷神社・ 笠間の陶炎祭 日帰り旅

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

「笠間つつじまつり2019」・笠間稲荷神社・ 笠間の陶炎祭 日帰り旅

笠間日動美術館

史上最大というGW10連休の後半、笠間につつじを見に来ました。JR笠間駅からレンタサイクルでつつじ公園の麓へ。麓にあるのが、笠間日動美術館です。

銀座の日動画廊創業者、長谷川仁・林子夫妻により作られたという美術館で、企画展示館、フランス館、日本館、野外彫刻庭園などがあるそうです。

写真を拡大する

「笠間つつじまつり2019」・笠間稲荷神社・ 笠間の陶炎祭 日帰り旅

大石邸跡

笠間日動美術館に隣接する形で、大きな像が建っています。『忠臣蔵』で有名な大石内蔵助の祖父で、笠間藩家老だった大石良欽(よしたか)の邸宅跡なのだそうです。播州赤穂から遠く離れた笠間にも『忠臣蔵』の足跡があったのは知りませんでした。

写真を拡大する

「笠間つつじまつり2019」・笠間稲荷神社・ 笠間の陶炎祭 日帰り旅

笠間つつじ公園

笠間日動美術館の近くに駐車場があります。その駐車場内にレンタサイクルを置いて、つつじ公園内に入ります。

左右をつつじが咲く道を進むと正福寺に出るとのこと。行ってみましょう。

写真を拡大する

「笠間つつじまつり2019」・笠間稲荷神社・ 笠間の陶炎祭 日帰り旅

正福寺

階段を少し登ると、ちょっとした広場になっています。正福寺の境内です。

正福寺は、「坂東23番札所」と「関東108地蔵尊59番札所」なのだとか。

画像左側の階段をさらに登ると、つつじ公園のエリアに入ります。

写真を拡大する

「笠間つつじまつり2019」・笠間稲荷神社・ 笠間の陶炎祭 日帰り旅

正福寺

つつじだけではなく、シャクナゲも見頃を迎えていました。

写真を拡大する

「笠間つつじまつり2019」・笠間稲荷神社・ 笠間の陶炎祭 日帰り旅

笠間つつじ公園

正福寺からの階段を少し登ると、仮設風の小屋があります。つつじ公園の「第1ゲート」になります。入園料の500円を支払って、園内へ。

写真を拡大する

「笠間つつじまつり2019」・笠間稲荷神社・ 笠間の陶炎祭 日帰り旅

笠間つつじ公園

階段を登っていきます。朝は冷んやりしていましたが、長袖だと汗ばんで・・・。

やや見頃を過ぎたつつじもありましたが、赤や白のつつじが満開を迎えていました。

写真を拡大する

「笠間つつじまつり2019」・笠間稲荷神社・ 笠間の陶炎祭 日帰り旅

笠間つつじ公園

額に汗を感じながら階段を登ります。眼下には、美しいつつじの花々と新緑が。

写真を拡大する

「笠間つつじまつり2019」・笠間稲荷神社・ 笠間の陶炎祭 日帰り旅

笠間つつじ公園

「第1ゲート」から15分ほど階段を登ると、見晴らしのよいスペースに出ます。山腹に赤いつつじが点在し、つつじ公園の頂上に石像が見える光景が目の前に広がります。

写真を拡大する

「笠間つつじまつり2019」・笠間稲荷神社・ 笠間の陶炎祭 日帰り旅

笠間つつじ公園

山頂に登る少し手前のところから眼下を見下ろすと・・・。
新緑と赤いつつじのコントラストが絶景です。

写真を拡大する

「笠間つつじまつり2019」・笠間稲荷神社・ 笠間の陶炎祭 日帰り旅

笠間つつじ公園

標高143mのつつじ公園の山頂です。山頂には、身代わり観音がありました。

写真を拡大する

「笠間つつじまつり2019」・笠間稲荷神社・ 笠間の陶炎祭 日帰り旅

笠間つつじ公園

身代わり観音の裏手には、飲食物を販売する建物があります。その建物の2階が展望台になっていて、ビュースポットとなっています。

身代わり観音の背中越しに、つつじが咲き誇る光景です。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

「笠間つつじまつり2019」・笠間稲荷神社・ 笠間の陶炎祭 日帰り旅へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

◆予算

(1)移動
・戸塚安行 → 東川口: ¥210
・東川口 → 笠間: ¥1,944
・柏 → 友部(グリーン車):  ¥780
・笠間駅 → 陶芸美術館 工芸の丘: ¥100
・陶芸美術館 工芸の丘 → 友部駅: ¥100
・友部 → 駒込: ¥1,944
・友部 → 日暮里(グリーン車):  ¥780

(2)食事
・アンデスメロンソフトクリーム(笠間つつじまつり): ¥350

(3)観光
・「笠間つつじまつり」: ¥500
・レンタサイクル: ¥300

(4)宿泊
・なし: ¥0

(5)その他
・雑費: ¥537

□参考サイト:
・笠間観光協会:
http://www.kasama-kankou.jp/
・笠間稲荷神社:
http://www.kasama.or.jp/
・笠間の陶炎祭(ひまつり):
http://www.himatsuri.net/

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール