海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPドイツ 南部 世界遺産を巡る旅の旅行記

ドイツ 南部 世界遺産を巡る旅

ドイツ南部の世界遺産(アイゼナハ、ナウムブルク、ヴァイマール、バイロイト、バンベルク、レーゲンスブルク、ライヒェナウ、マウルブロン、ロルシュ、シュパイヤー、フェルクリンゲン、トリーア)を巡ります。

ドイツ 南部 世界遺産を巡る旅

ドイツ 南部 世界遺産を巡る旅

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

ドイツ 南部 世界遺産を巡る旅

ヴァルトブルク城

2019-05-09
アイゼナハ
世界遺産「ヴァルトブルク城」
ヴァルトブルク城の風景

朝、一番にアイゼナハ駅前に行き、ヴァルトブルク城行きの市バスを探し、数人に尋ねるも「バスは無い」と言われた。仕方なく、ヴァルトブルク城まで徒歩で登る事にする。お陰で、このヴァルトブルク城の全景を登山道から見る事ができた。
しかし、帰り道、何便かの市バスとすれ違う。結局、ヴァルトブルク城行きの市バスは有ったのだ。

写真を拡大する

ドイツ 南部 世界遺産を巡る旅

ヴァルトブルク城

2019-05-09
アイゼナハ
世界遺産「ヴァルトブルク城」
エリザベートの間の風景

1067年、テューリンゲンの伯爵ルートビィヒ・デア・シュプリンガーが建てた中世の城。
エリザベートの間は金色のモザイク画で豪華に光輝いていた。

写真を拡大する

ドイツ 南部 世界遺産を巡る旅

ヴァルトブルク城

2019-05-09
アイゼナハ
世界遺産「ヴァルトブルク城」
マルティン・ルターが過ごした小部屋「ルターシュトゥーベ」

ルターは追手を逃れる為、ヴァルトブルク城に匿われた。1521年5月から翌年3月の10ヶ月間この部屋で、ラテン語の新約聖書をドイツ語に翻訳した。

写真を拡大する

ドイツ 南部 世界遺産を巡る旅

ナウムブルク大聖堂

2019-05-10
ナウムブルク
世界遺産「ナウムブルク大聖堂」
ナウムブルク大聖堂の風景

2018年、世界遺産登録される。4本の塔を持つドイツ・ゴシック建築の大聖堂。
長年、世界遺産委員会で情報照会の判定になっていたが、何とか昨年世界遺産に登録された。

写真を拡大する

ドイツ 南部 世界遺産を巡る旅

ナウムブルク大聖堂

2019-05-10
ナウムブルク
世界遺産「ナウムブルク大聖堂」
ナウムブルク大聖堂内陣の風景

聖ペテロと聖パウロに捧げられた、ナウムブルク大聖堂は、1028年から着工され、13~14世紀にロマネスク様式や初期ゴシック様式で増改築が行われた。

写真を拡大する

ドイツ 南部 世界遺産を巡る旅

ゲーテの家

2019-05-10
ヴァイマール
世界遺産「古典主義の都ヴァイマール」

ゲーテは1782年から、1832年までこの家に住んだ。
私は文学に疎いので、この世界遺産の意味があまり理解できない感じだ。

写真を拡大する

ドイツ 南部 世界遺産を巡る旅

エーベンホーフ

2019-05-10
ヴァイマール

ゲーテの家近くで、「地球の歩き方」に載っていたレストラン。 テューリンゲン料理を食べる。 白い団子の様な物は、テューリンゲン料理で特徴的な、モチモチのジャガイモの団子。料理はまあま美味しかった。

写真を拡大する

ドイツ 南部 世界遺産を巡る旅

国民劇場

2019-05-10
ヴァイマール
世界遺産「古典主義の都ヴァイマール」

シラーの「ウィリアム・テル」、ゲーテの「ファウスト」が初演され、リスト、シューマン、ワーグナー、リヒャルト・シュトラウスも活躍した劇場。

写真を拡大する

ドイツ 南部 世界遺産を巡る旅

市教会(ヘルダー教会)

2019-05-10
ヴァイマール
世界遺産「古典主義の都ヴァイマール」

思想家で牧師であったヘルダーの名前を取っている。1500年に建立される。

写真を拡大する

ドイツ 南部 世界遺産を巡る旅

城美術館

2019-05-10
ヴァイマール
世界遺産「古典主義の都ヴァイマール」

ヴァイマール公の城で、1744年に塔だけを残して焼失したが、ゲーテの意見を取り入れられ、1803年に再建された。 現在改装工事中で外観のみ見学。

写真を拡大する

ドイツ 南部 世界遺産を巡る旅

アンナ・アマーリア大公妃図書館

2019-05-11
ヴァイマール
世界遺産「古典主義の都ヴァイマール」

ドイツ最初の公共図書館。大公妃アンナ・アマーリアの息子であるカール・アウグストによってヴァイマールに招かれたゲーテは、この図書館の監督役を務めた。

写真を拡大する

ドイツ 南部 世界遺産を巡る旅

バウハウス大学

2019-05-11
ヴァイマール
世界遺産「ワイマール、デッサウ及びベルナウのバウハウスとその関連遺産群」

バウハウス大学校舎の風景

バウハウスは、建築家ヴァルター・グロビウスによって1919年にヴァイマールに創設された芸術造形学校。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

ドイツ 南部 世界遺産を巡る旅へのコメント

ロンドンオリンピックさん  2019/06/18 18:22

makoa187さん
コメントありがとうございます。
ドイツに出掛けるのは、
・1996年 ライン川&ロマンティック街道
・2013年 ドイツ 北部
に続いて、3回目です。
ドイツでは、毎年、新規世界遺産が登録されているので、次期を見て、また出かけたいと思います。

makoa187jpさん  2019/06/18 18:00

ドイツ、行きたくなりました。2011年以来、行ってませんで。
写真で、空想旅行を(泣)

ロンドンオリンピックさん  2019/06/11 20:19

ハッピーさん
こんばんわ。
いつも見ていただいてありがとうございます。
今回の旅は春であまり天気が良くなかったのですが、バンベルク観光の日はばっちり晴れました。
旧市庁舎前には午前と夕方に訪れたのですが、夕方の方が順光で良い写真が撮れました。
また今後も宜しくお願いします。

パッピーさん  2019/06/11 20:10

ロンドンオリンピックさん 今晩は。
旧市庁舎が青空に映えて 本当にキレイ!!!
初めての海外一人旅で訪れたバンベルク懐かしいです。
ラオホビール、マイルドでチョット甘くって、最高でした。 
日本で一度だけ飲みましたが、
本場で飲んだのとはくらべものにならなかったです。
レーゲンスブルク、トーリアは是非行って見たい街。
今後も魅力的な街を沢山紹介して下さい。


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

参考文献: 地球の歩き方 ドイツ 2018~19年版

近くの旅行記

強運を利用したちょっと欲張りゲーテ街道とライン河畔街巡り(前編-旧東ドイツ)
強運を利用した…

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール