海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP台北 烏来温泉につかってきました。え、あかんかったの?の旅行記

台北 烏来温泉につかってきました。え、あかんかったの?

台北から電車とバスで行ける烏来温泉。河原にお湯が沸き出していました。しかし…

台北 烏来温泉につかってきました。え、あかんかったの?
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

台北 烏来温泉につかってきました。え、あかんかったの?

1

2

3

次のページへ→
写真を拡大する

台北 烏来温泉につかってきました。え、あかんかったの?

 烏来温泉はこんなところです。ひなびた温泉街って感じ。もう少し先に、営業中の温泉旅館があります。

写真を拡大する

台北 烏来温泉につかってきました。え、あかんかったの?

 やっぱり日本が大好きのようで。でもこの旅館も、やってるのかやってないのかよく分かりません。

写真を拡大する

台北 烏来温泉につかってきました。え、あかんかったの?

 烏来温泉へは、台北駅近くから直通バスか、松山新店線で終点の新店まで行き、そこからバスか。どちらにしても849番のバスに乗るのですが、新店駅から乗った場合、こんな感じ。日曜の午前九時ごろです。乗り口のステップに立ってる人もいました。新店駅からで15NTD、約500円、35分。
 台北駅から乗って座れなかったら大変です。新店まででも30ほどのバス停に止まるし。ゲストハウスで聞いたとおり、地下鉄+バスにしといてよかった。

写真を拡大する

台北 烏来温泉につかってきました。え、あかんかったの?

 橋を渡って一応老街と言われる通りを抜けて、とりあえずトロッコ列車へ。一人だったし、順番の巡り合わせで、運転席の横の席でした。ラッキー! 乗車券は片道のみで50NTD、180円くらい。線路の幅は80cmくらい、最高時速23キロで進みます。
 走り出した瞬間、遊園地のアトラクションかいなと思いました。運転席の床下から、オートバイのような音と臭いがしてました。
 帰りは歩いてもいいし、また片道切符を買ってもいいし。

写真を拡大する

台北 烏来温泉につかってきました。え、あかんかったの?

 そしてついたのが烏来瀑布。落差80m、4条に分かれて下の川へと流れ込みます。滝壺はなし。

写真を拡大する

台北 烏来温泉につかってきました。え、あかんかったの?

 その川は新店渓というらしいのですが、この看板の「泰雅語」とは「タイヤル語」のことですね。このへんにはタイヤル族が住んでいたそうで、街中にも付近にも、レリーフや像がたくさんありました。老街に入ってすぐのところに無料の博物館も。

写真を拡大する

台北 烏来温泉につかってきました。え、あかんかったの?

 で、さすが亜熱帯、バナナは実るわパパイヤは鈴なりだわ、やんばるの森みたいでした。いやいや、こっちのほうが緯度が低いし、もうちょっとで北回帰線だもんなあ。

写真を拡大する

台北 烏来温泉につかってきました。え、あかんかったの?

 いま新しく橋を建設中につき、河原の温泉は…あれれ、向こうの方に人がたくさんいるなぁ。ここでこの機会を逃したら、もう二度と入るチャンスはないかもしれない。やってみよう、行ってみよう。そのために海パンはいてきたんじゃないか。

写真を拡大する

台北 烏来温泉につかってきました。え、あかんかったの?

 で、表紙の写真のように、無事に河原のお湯につかりました。
 右は地元のおじいちゃん、膝の上には地元の子供。その子のお母さんに撮ってもらいました。
 表紙の写真のように大の字になって寝そべると、太陽が真上にあって、この世の極楽。

写真を拡大する

台北 烏来温泉につかってきました。え、あかんかったの?

 先人の残してくれた湯船です。場所によっては熱くてとても入れません。川の水を引き込んでちょうどいい湯加減になった所を探して入りましょう。

写真を拡大する

台北 烏来温泉につかってきました。え、あかんかったの?

 さてどうやってここへ行くかですが、これも地元の人に教えてもらいました。まず温泉街を瀑布方面へと進みます。橋から100mくらい行くと道が二手に分かれています。それを左へ。

写真を拡大する

台北 烏来温泉につかってきました。え、あかんかったの?

 このバリケードの左の隙間を抜けて、

1

2

3

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

台北 烏来温泉につかってきました。え、あかんかったの?へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

新着スケジュール