海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPとっておきのポルトガル(後編)の旅行記

とっておきのポルトガル(後編)

6月3日から6日(ポルトからリスボンまで)

とっておきのポルトガル(後編)

とっておきのポルトガル(後編)

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

とっておきのポルトガル(後編)

ポサーダ モステイロ デ ギマランエス

この旅行の目的の一つは、ポサーダに泊まることでした。ポサーダは、古城や修道院などの歴史的建造物を改装したポルトガル国営のホテルです。ポルトガル国内に41あるそうです。
今回泊まったのが、ポルトガル王国初代国王アルフォンソ1世が生まれたギマランイスから東へ約2kmのところにあるペーニャ自然公園内の小高い丘に建つ、国内最大規模のポサーダでした。

写真を拡大する

とっておきのポルトガル(後編)

ポサーダ モステイロ デ ギマランエス

12世紀のアウグスティノ修道院を改造した、4つ星ホテルです。
教会全体にロザリオが掛かっていて素敵でした。

写真を拡大する

とっておきのポルトガル(後編)

ポサーダ モステイロ デ ギマランエス

朝食のビュッフェは、品数も多くて美味しかったです。

写真を拡大する

とっておきのポルトガル(後編)

ポサーダ モステイロ デ ギマランエス

ポサーダからは、世界遺産「ギマランイス歴史地区」が遠くに見えました。

写真を拡大する

とっておきのポルトガル(後編)

サン・ベント駅

ポルトには駅がふたつあり、特急・急行列車が発着するカンパニャン駅と市街地にある写真のサン・ベント駅です。
20世紀初めに修道院の跡地に建てられたサン・ベント駅のアズレージョには、ジョアン1世のポルト入城などポルトにまつわる出来事が描いてあリマス。

写真を拡大する

とっておきのポルトガル(後編)

いたるところに美しいアズレージョに彩られたビルが建ってました。

写真を拡大する

とっておきのポルトガル(後編)

ポルト歴史地区

旧市街地を歩いていたら建物の壁にこんなものが描かれていました。何のパーセンテージか分かりますか?

写真を拡大する

とっておきのポルトガル(後編)

ポルト歴史地区

高台からドウロ川に降りて行くジグザク階段に素敵な絵が描かれていました。

写真を拡大する

とっておきのポルトガル(後編)

ポルト歴史地区

高台からパノラマで撮影したドウロ川を臨むポルト歴史地区です。右手にはロープウエイが見えます。

写真を拡大する

とっておきのポルトガル(後編)

ポートワイン

サンデマンは、1970年にスコットランド人のジョージ・サンマンが作ったもので、黒マントとソンブレロがトレードマークです。

写真を拡大する

とっておきのポルトガル(後編)

ポートワイン

ポートワインの2002年のヴィンテージのハーフボトルを2本買いました。

写真を拡大する

とっておきのポルトガル(後編)

ポルト歴史地区

かつてワインの樽を運んでいた帆船がドウロ川に浮かんでいました。絵になりますね!

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

とっておきのポルトガル(後編)へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

2011ポルトガル ポルトガル 地の果てが見たい、ファドがききたい! ポルトガル15日間 ふらりフリー旅 西へ!冬のポルト・リスボン☆大航海時代に思いをはせて ポルトガル~リスボン・ポルトで3泊ずつ~ ポルトガル縦断 小さな町と世界遺産を巡る
2011ポルト… ポルトガル 地… ポルトガル15… 西へ!冬のポル… ポルトガル~リ… ポルトガル縦断…

新着スケジュール