海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP〇梅雨の中、世界遺産 苔寺を見に!の旅行記

〇梅雨の中、世界遺産 苔寺を見に!

~特別公開の沙羅双樹・青もみじも~

〇梅雨の中、世界遺産 苔寺を見に!

〇梅雨の中、世界遺産 苔寺を見に!

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

〇梅雨の中、世界遺産 苔寺を見に!

地蔵院

☆苔寺が10時からの予約拝観時間で、受付が9時半からだったため、苔寺に行く前に地蔵院に寄り道をしました。

バスから降りた乗客のほとんどは、そのまま苔寺の方へ、私たちはこちらの階段を上って地蔵院へ。

写真を拡大する

〇梅雨の中、世界遺産 苔寺を見に!

地蔵院

☆参道や境内の竹が美しく、「竹の寺」とも呼ばれています。

朝一番で人もいないので、清々しく素敵な風景です。

写真を拡大する

〇梅雨の中、世界遺産 苔寺を見に!

地蔵院

☆「総門」
 
衣笠山地蔵院といい、臨済禅宗の細川頼之公建立のお寺です。

細川頼之公は三河国(今の愛知県)出身で、細川元首相にも関係のある方です。

写真を拡大する

〇梅雨の中、世界遺産 苔寺を見に!

地蔵院

☆「本堂」

頓智で有名な一休さんこと一休宗純禅師は、後小松天皇の皇子として応永元年(1394)旧暦1月1日に生まれ、6歳で本格的な修行に入るため安国寺に移るまで、ここで養育されました。

写真を拡大する

〇梅雨の中、世界遺産 苔寺を見に!

地蔵院

☆「竹の参道」

本当に誰もいなくて、とっても静かです。

写真を拡大する

〇梅雨の中、世界遺産 苔寺を見に!

地蔵院

☆「苔の参道」

奥には庭園入口が見えます。

写真を拡大する

〇梅雨の中、世界遺産 苔寺を見に!

地蔵院

☆「庭園入口」

ここから先は残念ながら撮影禁止です。

写真を拡大する

〇梅雨の中、世界遺産 苔寺を見に!

西芳寺(苔寺)

☆「衆妙門」

ここが出入り口です。

ここではがきのチェック後、入場します。

写真を拡大する

〇梅雨の中、世界遺産 苔寺を見に!

西芳寺(苔寺)

☆『世界遺産』

拝観は往復はがきでの事前申し込み、2か月前から申込可能で時間指定の方はできません。

今日は10時からと13時からのようです。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

〇梅雨の中、世界遺産 苔寺を見に!へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

京都☆2011年11月紅葉の時期に訪れて ~大原・上桂 ・嵐山・嵯峨野~ 幽玄の苔寺庭園と飛雲閣ほか 秋の京都+えっこんなところへ?(前編) 桜の京都一人旅 五山の送り火再チャレンジ。近江の雰囲気を感じて、聖地比叡山にも。食も充実。
京都☆2011… 幽玄の苔寺庭園… 秋の京都+えっ… 桜の京都一人旅 五山の送り火再…

新着スケジュール