海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP3度目のイタリア ☆訪れたことのない街を一人で☆  ③の旅行記

3度目のイタリア ☆訪れたことのない街を一人で☆  ③

ジェノヴァ、ラスピッツィア、ピサ、プラート、ボローニャ、ミラノ各一泊で鉄道移動観光。  イタリア自由一人旅は初めてで緊張気味。 ボローニャ、ミラノ編です。

3度目のイタリア ☆訪れたことのない街を一人で☆  ③

3度目のイタリア ☆訪れたことのない街を一人で☆  ③

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

3度目のイタリア ☆訪れたことのない街を一人で☆  ③

プラート中央駅

(左上写真)プラート中央駅 (右上写真)7番線線路に捨てられたゴミと芥子の花
(下写真)プラート発のレジョナーレは昭和の田舎列車のよう。
  私の座った3人席、窓下にはノスタルジックなのごみ入れ(左下), 汚れた窓ガラス(右下)

◎The Sixth Day
7:11プラート駅着。
プラートは乗降客の多い駅だった。 この駅で早朝切符が買えるか心配で日本からメールしたが返信なし。 何を寝ぼけた事を言っているのかと思われたのだろう。
返信を貰えなかったので 全ての列車の切符をマルペンサ空港のトレニタリアの窓口で購入。 レジョナーレの切符はヴァリデート要。 ところがバリデート機はホーム下の階段を登る辺りにない。 エレベーターでホームに上がるが見つからず、切符売り場に戻り場所を確認するとホームにあると言われた。 ホームに戻り探すがやはり見つからず。 女学生に場所を聞き探してもらう。 階段を登るとすぐの所にあった。 エレベーターを使ったのが間違えだった。 ピサ サン ロッソーレ駅ではあちこちにあったのは無人駅であった為だったのでしょうか?
7:20 7番線 ボローニャ行きの電車は既に止まっていた。 真っ赤な芥子の花が咲く線路わきには ペットボトルやビニール袋が捨ててあった。 7:23 2号車に乗り 車両のつなぎ目直ぐの3人ボックスに座る。 乗車率3割程だったので このボックス席を占領できた。 電車はshortlyに出発するの車内アナウンスがあったので しっかり手荷物を押さえる。貴重品は身に着けているが 記念の写真を収めたSDカードを盗まれてはたまったものでない。 7:32 定時に電車はプラート発。
Prato Centrale~Bologna Centrale 8.45€

写真を拡大する

3度目のイタリア ☆訪れたことのない街を一人で☆  ③

Finestrella La Piccola Venezia   Ventana al canal

ピエッラ通りの小窓、運河の窓から、どぶ川のような運河(上写真)が見える。
ボローニャは昔運河の街だったそうだ。

ボローニャ中央駅より インディペンデンツァ通りを 左折しアウグスト・リギ通り(Via Augusto Righi)を東方向に進む、右折してピエッラ通りを南に進む。 とメモを見て進むがそれらしきものは見つからず。 立ち話をしている奥さん達に教えて貰う。 私の時は窓の扉(下写真)は開いていましたが小さな窓なので気付かなかった。 
私はホテルまでバスを使わず(ネット情報でバスは利用しずらく、ウッカリ バリデートを忘れると とんでもない額の違反金を徴収されるとあった)歩きました。 ホテルまでの途中にあったので取りあえず寄りました。 ワザワザ訪れる程ではないかな。
ピエッラ通りを更に南に進む(更に東側のG.Oberdan通りを南下しても良い) マルサーラ通りを左折 グラッシ館(Palazzo Grassi)を左手に見る。
9:03 サンマルティーノ広場駐車場左手奥のレジデンツァ サンマルティーノ着。 荷物預けるだけのつもりが、部屋に入れて貰えた。 但しチャックアウトした人の清掃が済んでいなかった。 
部屋に入るには3つの鍵が必要。 3年前のシチリア旅行で痛い目にあっているので 開け閉めの仕方を聞くだけでなく、実際にさせて貰い、これで安心の筈。 アシネッリの塔に登るには 小さなバッグの携帯しか許されないので、荷物整理し、9:30レジデンツァ発。

写真を拡大する

3度目のイタリア ☆訪れたことのない街を一人で☆  ③

サン ピエトロ大聖堂

拝観料、コンピアント共無料。
死せるキリストへの嘆き(コンピアント) テラコッタ群像 16世紀初期  by Alfonso Lombardi 
サンタマリア・デッラ・ヴィータ教会(後述)のコンピアントと比べて見て下さい。 サンピエトロのコンピアントにはイエスの死を嘆くNicodemus(ニコデモ)を含む7名の像です。 この7名のコンピアントの方が一般的だそうです。
7名の名前はサンタマリア・デッラ・ヴィータ教会のコンピアントの箇所(後述)を参照下さい。
像の配置は異なっています。

写真を拡大する

3度目のイタリア ☆訪れたことのない街を一人で☆  ③

ネットゥーノ広場

The Fontana del Nettuno (Fountain of Neptune), made of marble and bronze, was built between 1563 and 1566 by the Flemish sculptor Giambologna on a project by Tommaso Laureti.
It is a symbol of the power of the Pope who ruled the world like Neptune ruled the seas. At the feet of the statue, in fact, lie four little angels, representing (the?)Gange(s?), the Nile, the Amazon and (the?) Danube, i.e. the rivers of the continents known at the time.
https://www.bolognawelcome.com/en/home/discover/places/architecture-and-monuments/bolognas-waters/fontana-del-nettuno/
(私訳)ネットゥーノの噴水は大理石とブロンズで、 (イタリア画家)Tommaso Lauretiのプロジェクトの一環として、1563年から1566年の間に フランドルの彫刻家Giambolognaにより作られた。
噴水はネプチューンが海を支配したように世界を支配した教皇の力のシンボルである。 (ネプチューン)像の足元には、実は 当時知られていた大陸の川である、ガンジス川、ナイル川、アマゾン川、ダニューブ川を表す4つの小さな天使が横たわっているのです。

とネプチューンと天使の説明がありますが、写真の水のニンフ(4体の内のひとつ)の解説はなし。

写真を拡大する

3度目のイタリア ☆訪れたことのない街を一人で☆  ③

マッジョーレ広場のツーリストインフォメーション

(左写真)アシネッリの塔入場券
(右写真)マッジョーレ広場のツーリストインフォ informazioni turistiche と窓ガラスに書かれています。 窓ガラスにサン・ペトロニオ大聖堂が映るのが見えるでしょうか?

ボローニャ観光で是が非でも訪れたかったアシネッリの塔へ直行しなかったのは、塔の入場券はマッジョーレ広場のサン・ペトロニオ大聖堂正面向かいの建物にあるT info(右写真)で販売されているからです。 
スーパーのレジで貰うような ★ペラペラのレシートが入場券(左写真)ですので、最後までこれを無くさない★ ように!!! 第1希望 11:00の券をget.  65歳以上 €3。

写真を拡大する

3度目のイタリア ☆訪れたことのない街を一人で☆  ③

ボローニャの斜塔

(左写真)左の高い方が登る事のできるアシネッリの塔。 右のガリセンダの塔は入場不可だそうです。  *「地球の歩き方 イタリア 2019~20」

(右写真)アシネッリの塔 より
498の狭いスリル満点の急階段を登ると 赤レンガの町ボローニャが見えた。
この塔を登るには小さなバッグ一つしか持って行く事は出来ません。 

写真を拡大する

3度目のイタリア ☆訪れたことのない街を一人で☆  ③

アシネッリの塔

(開)3/1~11/5 9:30~19:30  9:30, 10:15, 11:00 ... 45分於き 18:30 が最終。
   11/6~2/28 9:30~17:45 17:00 が最終。
塔のチケットは下記サイトで買う事もできます。
https://www.duetorribologna.com/
塔内の禁止事項が下記に有りますので参照下さい。 禁煙。 大きな荷物を持って行く事、飲食(水は可)、フラッシュ撮影、三脚の使用など禁止。 塔に登ることにより悪化する危険のある疾患のある人は入搭不可etc. ご注意下さい。
又、手荷物検査が入塔時並びに塔内でされる可能性もあります。
https://www.duetorribologna.com/files/documenti/06_07_rules_eng.pdf

写真を拡大する

3度目のイタリア ☆訪れたことのない街を一人で☆  ③

アシネッリの塔

☆大足の人は要注意www
写真の2人は若夫婦。 往復とも奥様が旦那さんに歩調を合わせ大丈夫と声をかけていました。 行きは旦那さんが先。 旦那さんがゼーゼーして何度も休みを取るので、私も小休止できるし、写真も撮れるのでラッキー。 (でも行きの写真は設定を間違えてピンボケばかり。) 幅の狭い急階段しかも、ステップの奥行も狭い(写真)。 私はトンマノ 小足 なので 狭くても大丈夫。 スリリングな写真を撮って 皆様に「キャー怖そう!」と思って欲しいと頑張ってました。 旦那はゼーゼー言いながらも、「別に怖くはないが足が大きいのでステップに上手くのらないので速く進めない。」とチョー偉そうに奥様に声をかけてます。 「確かに! でもかなりしんどそうですよ。 男はつらいね!」と心に思いながら、もう一枚階段の写真を。
帰路も彼らと一緒になりました。 足並みを揃えて降りるのに飽きてしまった奥さんも階段の写真を撮り始めました。 旦那:「お前 クレイジーじゃないか? こんな時写真撮るなんて!」 奥様:「でも彼女も写真撮っているわよ。」 この彼女って誰? ご想像にお任せします。 夫婦喧嘩の火種を作ってしまったかな? 
のでスリリングな写真と言うより、楽しかった旅のエピソードの一枚。

写真を拡大する

3度目のイタリア ☆訪れたことのない街を一人で☆  ③

サン・ペトロニオ聖堂

(左写真) Giacomo Lercaronoの墓石 サン ピエトロ大聖堂
(右写真) Bronze statue of Cardinal Giacomo Lercaro サン・ペトロニオ聖堂 (下説明)

Artwork of the sculptor GIACOMO MANZU, it was placed on December 8th 1954 in the basilica of St. Petonio in memory of his consecration, accomplished by Cardinal Lercaro himself on October 3rd of the same year. *説明板
(私訳)彫刻家ジャコモ・マンズーの作品。 1954年 10 月3日 枢機卿Giacomo Lercaro の叙階の記念に 枢機卿自らが完成させ、 同年の12月8日 にサン・ペトロニオ聖堂に設置した。

写真を拡大する

3度目のイタリア ☆訪れたことのない街を一人で☆  ③

サン・ペトロニオ聖堂

祭壇に向かって左手の入口付近にある天文学者ジョバンニ・ドメニコ・カッシーニ設計の日時計

☆日時計 本当に カレンダーの役割 果たすか?
正午前後に行くと 天井の太陽の描かれた穴(左写真)から光が入り、床に描かれた月と日を示すと、AMOITALIA https://amoitalia.com/bologna/basilica_san_petronio.html にありました。 12:01 柱の根元に光が差して来ましたが、何処を差しているのか 分かりませんでした。 今更ですがこの右上写真を見ると 双子座の手前の雄牛座辺りを差しているようにも見えます。 5月7日が雄牛座とこの時知らずに、 イタリア人?の若い女の子達に言われ双子座の辺り(右下写真)を見ていました。 5月7日と分かるのを楽しみにしていたのですが(涙)。

毎月第二土曜日に日時計の専門家Giovanni Paltrinieriによるツアー(イタリア語のみ)が サン・ペトロニオ大聖堂で催されるそうです。 
http://www.basilicadisanpetronio.org/cycle-of-guided-tours/

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

3度目のイタリア ☆訪れたことのない街を一人で☆  ③へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

(表紙写真)  ボローニャのアシネッリの塔より  11:14

★出費内訳  ボローニャ移動1日観光1泊+ミラノ移動1日観光1泊後空港まで移動した出費のみ計上。
現地6泊9日の総出費は①https://tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/83576/  をご覧下さい。 自宅より成田までの交通費、旅行保険、お土産代は含まれていません。

1 €=¥ 128.35(千葉銀行交換レート)  カード決済はその時のレート

☆宿泊 計 €234.5 ¥29,438
Residenza San Martino €63 (booking.com.予約) ¥7,955
ADI ドリア グランド ホテル €171.5(booking.com.予約) ¥21,483

☆食事代
5/7 昼 €19 cc ¥2,399
夜 €15 cash ¥1,925
豆乳 500ml cc €1.15 cc (お土産と一緒に) ¥145
5/8 昼 €9 cc ¥1,130
   夜 €12.5 cc ¥1,569
ビール €1.05 トマト€0.99 cc (お土産と一緒に) ¥257
  ミネラルウォーター等計 €3 ? ¥385

☆ツアー代 (現地交通費計) €50.85 ¥6,483
ボローニャ中央~ミラノ中央 €24.90 ¥3,187  (フレッチャロッサSuper Economy) 3/24購入
以下現地購入
プラート~ボローニャ €8.45
ミラノ Abbonamento Giornaliero €4.5 cash ¥578
Malpensa Express €13

☆観光 
最後の晩餐チケット+予約料+国際電話=€10+€2+¥ 736=¥2,271
以下現地支払い
サン・ペトロニオ大聖堂  内部撮影 € 2 cash ¥257
Chapel of the Magi 入場料 €3 cash  ¥385
斜塔 € 3(シニア) cash ¥379
サンタマリア・デッラ・ヴィータ教会 コンピアント €4 cash ¥513
ドゥオーモ共通券 (エレベーター) €17 cc ¥2,134
ロンダニーニのピエタ美術館 €5 cash ¥642
教会献金計 €4 cash  ¥514

近くの旅行記

【鉄道旅行】北イタリアからトスカーナへの旅 6月下旬ドロミテ「アルペ・ディ・シウジ」は一面の花の絨毯&サンマリノ共和国 ヴェネツィア・ラヴェンナ・ボローニャ 5泊7日の旅 ~2011年夏休み~ オレ様街道的・お正月イタリア紀行2013 ~中編~ イタリア旅行 なんとか世界遺産8箇所★WINDJET倒産で前途多難なイタリア旅行
【鉄道旅行】北… 6月下旬ドロミ… ヴェネツィア・… オレ様街道的・… イタリア旅行 なんとか世界遺…

新着スケジュール