海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP魅惑の台湾10都市めぐりの旅行記

魅惑の台湾10都市めぐり

ぐるっと台湾一周の旅

魅惑の台湾10都市めぐり

魅惑の台湾10都市めぐり

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

魅惑の台湾10都市めぐり

台中国家歌劇院

2016.06.20
昨日は出発は夕刻でゆったりしてたけど、台北の空港から台中迄いきなりバス。
ツアー人数も多く、バスほぼ満員でした。
現地のガイドさんは「黄」さん。
なんか、忙しいツアーになりそうな予感。

まずは台中市内観光。
早朝の国家歌劇院。
曲線が美しく、ガラス部分の曲線も目を引きます。
日本の建築家伊東豊雄氏による設計で、かなり難易度の高いものだったようで、施工業者が決まるのにも時間がかかったようです。
本当は、内装の方も見たかったのですが、時間が早いこともあって残念ながら外側だけです。

写真を拡大する

魅惑の台湾10都市めぐり

日月譚

2016.06.20
有名な観光地「日月潭」ですが、あいにくのどんより曇りお天気。
今一つすっきりしない感じ。
夕陽が有名らしいが、とてもそこまでの時間は取れないよね。

写真を拡大する

魅惑の台湾10都市めぐり

台湾 日月潭文武廟

2016.06.20
湖畔にある文武廟はどでかい。
台湾は老子の教え道教の寺院「道観」もたくさんある。
ここもそのうちの一つ。

写真を拡大する

魅惑の台湾10都市めぐり

台湾 日月潭文武廟

2016.06.20
日本では、この道教の影響をかなり受けてはいるものの、道教としては普及しなかったのが不思議だ。
陰陽師・陰陽五行とかなり名前や形態を変えて根強く残っているんだけどなぁ。

写真を拡大する

魅惑の台湾10都市めぐり

台湾 日月潭文武廟

2016.06.20
奥の方は石のレリーフがすごいことになっている。
すぐお隣の国なのに、道教に対する熱量の違いには驚く。

写真を拡大する

魅惑の台湾10都市めぐり

槍意森活村

2016.06.20
今回は行かないが、有名な山「阿里山」があるのが嘉義である。
日本統治時代、阿里山は、宜蘭県の太平山、台中市の八仙山と並んで台湾3大林場の1つで、上質のヒノキが阿里山でとれ日本に送られていたそうだ。
その林業に携わっていた人たちの宿舎であった日本風建築物が、改修されて新しい観光地になっています。

写真を拡大する

魅惑の台湾10都市めぐり

槍意森活村

2016.06.20
林業についての資料館や、日本文化を感じられるショップなどが入っていて、丁寧に見て回りたい所です。
だんだんお天気も回復してきました。

写真を拡大する

魅惑の台湾10都市めぐり

林百貨店

2016.06.20
台南市に移動して訪れたのは「林百貨店」です。
外装のレトロな雰囲気ある建物も良いのですが、内装がたまりません。
創設当時からのレトロなエレベーターは着階時のチ~ンという音といい、階数の表示板といい、しびれます。
各階のディスプレイもおしゃれでセンスが良いので、時間足りないと思います。

写真を拡大する

魅惑の台湾10都市めぐり

蓮池潭(リエンツータン)

2016.06.20
今日の最終目的地高雄に到着です。
ここまでくるといいお天気です。
池では水上スキーの練習とか、やってました。

写真を拡大する

魅惑の台湾10都市めぐり

蓮池潭(リエンツータン)

2016.06.20
池の名前の通り、蓮の花が美しく咲いていました。

写真を拡大する

魅惑の台湾10都市めぐり

龍虎塔

2016.06.20
この池の周りでも一番のパワースポットが、この「龍虎塔」です。
塔に向かう通路がジグザグになっているのは、悪魔はつねにまっすぐに進むため、道をわざとジグザグにして悪魔を近寄せないようにしているのだそうです。

写真を拡大する

魅惑の台湾10都市めぐり

龍虎塔

2016.06.20
十二支の中では龍が一番良い動物で虎が一番悪い動物だと考えられているので、龍から入って虎から出ると悪いものを一掃でき善人になれると信じられているのです。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

魅惑の台湾10都市めぐりへのコメント

なんごうさん  2019/08/20 22:52

行きたくなりました。早くいこう


※コメントの投稿にはログインが必要です

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール