For 22 days,Europe

パリ~ヴェネツィア、8カ国。

For 22 days,Europe

For 22 days,Europe

1

2

3

次のページへ→
写真を拡大する

For 22 days,Europe

コンコルド広場

1月9日。シャルルドゴール空港に着いた後、バスに乗りシャルルドゴール広場へ。そこで凱旋門をさらっと見る。シャンゼリゼ通りを歩き、コンコルド広場、チュイルリー公園へ。バックパックを背負っていて寒かったこともあり、ホテルへシャトレ駅から地下鉄に乗り向かう。予定ではルーブル美術館に行く予定でしたが、ここで旅の初日は終了。

初めて見るヨーロッパ。パリの町並みに感動し、見るもの全てに対してシャッターをきり続けました。ほとんど飛行機の中では眠れませんでしたが、初日の体力は気力でカバーしました。冬のパリはすごく寒かったです。日も落ちるのが早かったですし。初めてなこともあり、ホテルを探すのにも勿論迷いました。それ以上に地下鉄駅を探すのに手惑いました。当初ルーブルリヴォリ駅から乗る予定でしたが見つからずシャトレ駅まで歩きました。さらに地下鉄の仕組みもよくわからず戸惑いました。これからの旅のことを考えるとものすごく不安になったため、これから行かれる方は旅のプランだけでなく地下鉄駅、地下鉄の構図はしっかり把握してから旅行なさると良いと思います。って今思えば当たり前ですね。夕飯のチーズパンは口に合わず最悪でした・・・。コンクリートの味がした。。

写真を拡大する

For 22 days,Europe

モンサンミッシェル

1月10日。モンパルナス駅からレンヌ駅まで鉄道で、そこからモンサンミッシェルまではバスで行きました。

初めてユーレイルセレクトパス10日間を使いました。鉄道員のチェックも厳しくなく、バスに乗り込むときもインフォメーションセンターに日本語でバス停に関しての説明もあったのでこの日はスムーズに行きました。モンサンミッシェルは言葉に表すことのできないほど壮大で、天気が良かったこともあり、外側から見る景観もそうですが、内部を探索すればするほど見えてくる楽しみがありました。細い路地の何気ない風景がそれだけで魅力的なものでした。修道院の中も広く歴史的価値のある建物なので、一日をかけてくる価値は間違いなくあると思います。個人的にこの旅で来て良かったと思ったところベスト3には確実に入っています。有名なオムレツを食べることはできませんでしたが、それでも大変満足しています。7時間もいたので、砂浜を歩いたり、他にも個人旅行でしかできないだろう、行けないだろうと思えるようなことが沢山ありました。

写真を拡大する

For 22 days,Europe

エッフェル塔

1月11日。まず、ノートルダム大聖堂へ行き、サントシャペル、コンセルジュリーへ。その後一日目に行くことのできなかったルーブル美術館に行きました。そこから地下鉄でモンマルトルに行き、サクレクール聖堂を見た後、エッフェル塔に行き、シャンゼリゼ大通りのイルミネーションを見てパリの旅は終了です。

ノートルダム聖堂には入りませんでした。実際に中に入ったのはサントシャペル、コンシェルジュリー、ルーブル美術館、サクレクールです。しかし、一日しかパリをじっくり回れない制限があった中では良く回れたほうかなと思っています。ルーブルでは勿論、モナリザ、ミロのヴィーナスなど有名な作品を鑑賞することができましたし、モンマルトルではサクレクール大聖堂前でいろいろなパフォーマンスが行われていたりして、それだけでも十分その場で暮らしている人たちの雰囲気を感じ取ることができました。

写真を拡大する

For 22 days,Europe

ブリュッセルのグラン-プラス

1月12日。午前中にパリからベルギーのブリュッセルへ移動。昼ごろにはブリュッセルに着きました。当初はアントワープに行く予定でしたが、大聖堂はパリで見てしまったこともあり、同じようなものを見ていても面白みにかけるという発想からこの日はブリュッセルを中心に見ました。

グランプラス、小便小僧、主としてこの日中心に見たものはこの二つでしたが、他にもぐるぐる回りました。小便小僧やグランプラスの近くでは観光客やその土地の修学旅行生も多くいて、とても明るい雰囲気でした。屋台で売っていたベルギーワッフルもとても美味しかったです。帰りにスーパーを見つけるとパリにいたころと比べて断然物価が安くびっくりしましたが、今思うとパリではスーパーに入らなかったからそう感じただけであってベルギーでもそんなに変わらなかったのかなと思います。ただ、ヨーロッパでは断然スーパーは安いです。ホテルは駅から近くて便利でしたが、少し危険なブリュッセルの飾り窓のある地区でしたのであまり夜遅くは出歩きたくない雰囲気でした。

写真を拡大する

For 22 days,Europe

ブリュージュ歴史地区

1月13日。ブリュッセルから一時間程でブルージュへ。

この日は生憎の雨でしたが、ヨーロッパ特有の薄暗い雰囲気の中美しい町並みを歩けたことが今となっては思い出になっています。愛の湖公園から出発し、鐘楼をとりあえずは目指しました。鐘楼を登るのはなかなか大変ですが、上から見るブルージュの景色は圧巻でした。普通に歩いている町並みもまるでおとぎ話の中の世界のようで絶対にベルギーに訪れた際には行く価値のある場所だと思います。
ペギン会修道院も良かったですよ。

写真を拡大する

For 22 days,Europe

ザーンセ・スカンス

1月14日。アムステルダム駅から鉄道で20分。気軽に訪れることのできる風車で有名な町です。

行きかたがわからなかったので駅員さんに道をきくと有名な観光場所ということもあり、すぐに行きかたの地図をくれました。それを参考に行ってみたところアムステルダムの街の中心から少し離れたところにザーンセスカンスの街はありました。川を隔てて手前側には風車はないのですが、地元の船(無料)で向こう岸に渡ったところには風車があります。夕暮れに近かったこともありそこで見た景色は圧巻でした。この街は何も風車だけの町ではなかったです。行けばわかります。お土産屋の中には小さなチーズ工場もあり、そこでチーズを作る場面を見ることができ、それだけでオランダの片田舎を感じることができます。風車には時間帯が遅かったため入れませんでしたが、それでも大満足な街でした。

写真を拡大する

For 22 days,Europe

アムステルダム中央駅

1月15日。この日はアムステルダムの町中を自転車でめぐりました。

まずはアンネフランクの家に行きました。歴史的に負の遺産であり、戦争の起こした悲劇を感じつつなんともいえない心境でした。後世にこの話を伝えていくことがここを訪れた人間の使命でもあると思いました。
午後はダム広場周辺のレンタサイクルショップで自転車を借りることからスタート。日本のハンドブレーキではなくフットブレーキのものを借りました。感覚は全く違いましたが、とても新鮮な感じがして面白かったです。アムステルダムの街には公園もあり、特にアムステルダム国立博物館の近くの公園では地元の方のスピードに合わせて漕いだりもしました。そして、博物館内では念願のフェルメールの「牛乳を注ぐ女」とレンブラントの「夜警」を見ることができました。
今度オランダを訪れるときにはデンハーグまで足を伸ばして「デルフト」も見てみたいです。

写真を拡大する

For 22 days,Europe

イーストサイドギャラリー

1月16日と17日。アムステルダムからの移動は長かったので、ベルリン市内を観光できたのは17日だけです。

ベルリンの壁は←の写真でみるように長々と続いていました。1990年まで東ドイツと西ドイツとを分断していた壁にはアートな絵が描かれていてとてもユニークでした。ベルリンは第二次世界大戦以降の建造物が多いです。近年の流れを感じる場所です。この後、流行の発信地ハッケシェンホーフでアンペルマングッズを沢山買いました。奮発して時計を買いました!

写真を拡大する

For 22 days,Europe

ブランデンブルク門

写真はブランデンブルク門です。

ここの前は観光客でとてもにぎわっていました。兵隊の格好をしている人と写真をとってもらったりしました。ここからベルリン大聖堂へと歩いていきます。すると、、)次の写真へ続く。

写真を拡大する

For 22 days,Europe

ベルリン大聖堂

ベルリン大聖堂へと続く道で何やら不穏な空気が、、。警察が沢山とんでいます。ジャーナリストもいればヘリコプターも飛んでいます。なんとデモをしていました。イスラエルのガザ爆破に対するデモでした。ホロコーストというプラカードを持っている人がいたのでイスラエル擁護派のデモだったんでしょうか?アンネフランクの家でも大画面にイスラエルの今行っていることを擁護するかしないかの討論を見ました。傍観者的な意見ですが、世界の動きがわかるときってこういう場面に実際出くわさないと感じませんね。
個人旅行を感じた瞬間でした。

ベルリン大聖堂はとてもでかかったです。中には入りませんでしたが、、

写真を拡大する

For 22 days,Europe

プラハ城

1月18日。20日。この二日はプラハ市内を見ました。19日は火薬塔~カレル橋まで、20日はカレル橋からプラハ城まで歩きました。勿論ストラホフ修道院にも行きました。

プラハはおとぎ話のような町ですと誰もが口をそろえます。ところがベルリンからプラハにたどり着きホテルにつくまでの道はおとぎ話どころか、むしろホラー映画。街の閑散たる空気と人の気配のなさに恐怖すら感じました。
しかし、雨の中火薬塔を通りカレル橋に辿りついた瞬間思いました。この場所は絵に描いたような世界だと。初日はカレル橋の上からまだ見ぬ向こう側を眺めるだけで大満足でした。
3日目にはカレル橋の先に行き、プラハ城とストラホフ修道院をじっくり見ました。ストラホフ修道院の最古の図書館はまさに必見です。これはすごかった!
プラハ城内は黄金小道などは通りましたが、王宮に入れなかったのがすごく残念でした。季節が悪かったみたいです。
←の写真はカレル橋からとったプラハ城です。

写真を拡大する

For 22 days,Europe

チェスキー・クルムロフ歴史地区

1月19日。この日は一日かけてチェスキークルムロフ歴史地区に行きました。

プラハから乗り継いだ最後の列車は特に面白かったです。ローカル線っていうのがまたいいですね!チェスキークルムロフ歴史地区はとても小さな町でした。そして、とても美しい街です。チェスキー城は登ることはできませんでしたが、中を通りぬけることは冬季でも可能でした。城近辺がメインなので外壁をじっくりみてみたり、城の周囲を歩いてみたり、川沿いに歩いたり、あるがままが素晴らしい街です。
午後には友人二人と高台まで競争しました。勝った!!けど、めっちゃ疲れた。。
その高台からとった写真です。遠くまで歩いたので街が小さく見えます。

1

2

3

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

For 22 days,Europeへのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

ロンドン・パリ ユーロスターの旅 フランス パリ☆全日フリーの旅 パリ☆モン・サン・ミッシェルの旅 10250_17 パリ/モンサンミッシェル旅行 10250_1
ロンドン・パリ… フランス パリ… パリ☆モン・サ… パリ9日間の旅… パリ/モンサン… 充実のイタリア…

新着スケジュール