海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPアルバニア南部 イオニア海のビーチとジロカストラの歴史の旅行記

アルバニア南部 イオニア海のビーチとジロカストラの歴史

アルバニア? 観光地としてはまだあまりお目にかからないところですが、ヨーロッパでは人気上昇中。イオニア海沿のサランダとヒマラでビーチとシーフード三昧、そして山側のジロカストラにも足をのばしてみました。

アルバニア南部 イオニア海のビーチとジロカストラの歴史
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

アルバニア南部 イオニア海のビーチとジロカストラの歴史

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

アルバニア南部 イオニア海のビーチとジロカストラの歴史

ギリシアのコルフ島に飛び、フェリーでサランダの町に到着。サランダは海辺の小さい町で、おそらくアルバニア南部の海辺の町では最初に外国人の観光客が到来し始めたところです。

写真を拡大する

アルバニア南部 イオニア海のビーチとジロカストラの歴史

修道院の遺跡が残る丘から、町と海を見下ろした景色。

写真を拡大する

アルバニア南部 イオニア海のビーチとジロカストラの歴史

海辺の朝ごはんはどこに行っても大好き。毎朝、B&Bのおばさんが、テラスに運んでくれました。シンプルですが、パンとチーズがおいしかったです。コーヒーがついていないのが残念で、朝ごはんのあと、ビーチのカフェに通いました。

写真を拡大する

アルバニア南部 イオニア海のビーチとジロカストラの歴史

トリップアドバイザーで見つけたMussel Houseというレストランにどうしても行ってみたくて、またスクーターが活躍。Butrinit湖のムール貝の養殖所直営のレストランです。

写真を拡大する

アルバニア南部 イオニア海のビーチとジロカストラの歴史

湖に浮かぶように作られたレストランで、湖でとれた新鮮なムール貝。ちょっと贅沢でしょう?

写真を拡大する

アルバニア南部 イオニア海のビーチとジロカストラの歴史

残念なことに町のビーチは観光客とパラソルでいっぱい。大音響の音楽もあちこちで。
スクーターをレンタルして、町から少し離れたビーチに探検に行ってみました。一度丘に登り、そこから急な石段を下り、ビーチに無事到着。

写真を拡大する

アルバニア南部 イオニア海のビーチとジロカストラの歴史

サランだ最終日の夕食は街はずれの漁港のFishlandというレストラン。
ムール貝はMussel Houseに勝てませんでしたが、タコとエビのグリルは完璧。

写真を拡大する

アルバニア南部 イオニア海のビーチとジロカストラの歴史

サランダから海岸沿いにヒマラに移動。
休憩した小さなカフェからの景色。

写真を拡大する

アルバニア南部 イオニア海のビーチとジロカストラの歴史

ヒマラのB&B前のプライベートビーチ。
小石のビーチでビーチシューズが必要でしたが、こんなに美しい透明な碧。
サランダではビーチの大音響の音楽に閉口してしまったので、町の静かな側で、正解でした。

写真を拡大する

アルバニア南部 イオニア海のビーチとジロカストラの歴史

そしてまた私の好奇心が。山頂のほとんどゴーストタウンになってしまっているチェパロという村の記事を見つけ、昔ながらのアルバニアを見てみたい、とグーグルマップを片手に村を探しました。とても狭い四駆でないと登れそうにない道だったので、途中でレンタカーを残して残りは歩いて。羊飼いのおじさんにも遭遇しました。

写真を拡大する

アルバニア南部 イオニア海のビーチとジロカストラの歴史

村のおばあちゃんたち。

写真を拡大する

アルバニア南部 イオニア海のビーチとジロカストラの歴史

村の中の道は車が入れない細い道で、かなり急なところも。あのおばあちゃんたち、お家の外にでられるのでしょうか。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

アルバニア南部 イオニア海のビーチとジロカストラの歴史へのコメント

Meg Turkuさん  2019/08/16 16:01

コメントありがとうございます。そうですね、ビーチがメインだったので、コルフ島から入りました。私としては、海岸沿いの観光開発が急に進んでいるので、もっと早くに行っておけばよかった・・・と思ってしまいました。ベラティはサランダ側から入ると遠いので、あきらめました。ジロカストラも観光客多かったです。

railfan-cさん  2019/08/16 02:21

はじめまして。
マイナーな国アルバニアに5年ほど前に旅行したので、懐かしく読ませてもらいました。
やはり南部のサランダ、ジロカストラへはコルフ島から入るのが正解ですよね。
私はティラナからバスで7時間ということで諦めました。
中部のベラティの山腹の街も見ごたえがありましたが、当時はまだ観光客は少ないでした。今ではジロカストラみたいに観光開発されているのでしょうね。


※コメントの投稿にはログインが必要です

新着スケジュール