海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPフォーレンダム 夏のアラスカ氷河湾クルーズの旅行記

フォーレンダム 夏のアラスカ氷河湾クルーズ

母がパスポートを忘れたので、急遽のびのび一人旅。グレイシャーベイ国立公園の迫力の氷河崩落と伝統文化を楽しむ。

フォーレンダム 夏のアラスカ氷河湾クルーズ

フォーレンダム 夏のアラスカ氷河湾クルーズ

←前のページへ

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

フォーレンダム 夏のアラスカ氷河湾クルーズ

2017.08.31
船はインサイド・パッセージを航行します。
舳先のデッキでは、イルカに遭遇。

写真を拡大する

フォーレンダム 夏のアラスカ氷河湾クルーズ

2017.08.31
今日の夕食は、フォーマルナイトでした。
初めてのことで心配していましたが、普通のワンピースでOKでした。
食後は、シアターでキャプテンの乗船歓迎パーティー 。
かっこいいキャプテンでした。
そのまま、ロックな歌とダンスのショーを楽しんで部屋へ戻ります。

写真を拡大する

フォーレンダム 夏のアラスカ氷河湾クルーズ

2017.08.31
夜のデッキもきれいです。
風がちょっと冷たいかな?

写真を拡大する

フォーレンダム 夏のアラスカ氷河湾クルーズ

2017.08.31
今夜の動物は像ですね。
明日はジュノーに到着します。

写真を拡大する

フォーレンダム 夏のアラスカ氷河湾クルーズ

2017.09.01
朝のヨガに参加。
その前にデッキを三周ほどウォーキング。
その後は、デッキセールでお土産を物色。
お昼過ぎに、ジュノーへ到着。
デッキからロープを投げて、着岸します。

写真を拡大する

フォーレンダム 夏のアラスカ氷河湾クルーズ

2017.09.01
初めての寄港地です。
下船は、カードをチェックして簡単な荷物検査です。
厚い雲で、お天気はいまいち。

写真を拡大する

フォーレンダム 夏のアラスカ氷河湾クルーズ

2017.09.01
アラスカの州都ジュノーの歴史は二人の鉱山師ジョー・ジュノーとリチャード・ハリスが今も街の中央を流れている小さな川から豆粒ほどの金塊を見つけたことから始まりました。これが世界最大級の金鉱床の発見につながり、アラスカは第一次ゴールドラッシュの時代に入りました。
今では金鉱は閉鎖され、州政府や合衆国政府の建物が並ぶアラスカの政治の中心地として栄えています。
ガスティーノ海峡に挟まれたこの町は狭い平野にある人口3万人程の小さい町。陸からのアクセスが出来ない州都という珍しい場所です。

写真を拡大する

フォーレンダム 夏のアラスカ氷河湾クルーズ

アラスカ州立博物館

2017.09.01
アラスカ全土にわたる民族・歴史の展示がなされています。
部族ごと、また時代順に様々なものが展示されていました。
館内ガイドのメアリーさんに細かいことまで説明してもらいました。

写真を拡大する

フォーレンダム 夏のアラスカ氷河湾クルーズ

アラスカ州立博物館

2017.09.01
インディアンのクリンギット族の家や祭事に使う衣装、北方のエスキモーの衣装。また動物のなめし革を貼り付けた精度の高いカヤックの説明。

写真を拡大する

フォーレンダム 夏のアラスカ氷河湾クルーズ

アラスカ州立博物館

2017.09.01
古くからクジラ漁を行ってきたアリュート族のカヤックと狩猟道具を実際に手に取り、かつて何千キロという距離を、カヤック一つで大海原に出て行った男たちに想いを馳せました。
ロシア、または日本とのかかわり。
毛皮・ゴールド・油田と、いろいろなものに踊らされた歴史。
どれも興味深かったです。

写真を拡大する

フォーレンダム 夏のアラスカ氷河湾クルーズ

メインストリート

2017.09.01
博物館の後は、メインストリートへ。
土産物店を見て買い物を楽しみながら、船に戻ります。

写真を拡大する

フォーレンダム 夏のアラスカ氷河湾クルーズ

2017.09.01
今日の動物は恐竜でしょうか?
夜、船はスキャグウェイに向けて出航しました。

←前のページへ

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

フォーレンダム 夏のアラスカ氷河湾クルーズへのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

新着スケジュール