海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島の旅行記

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

息子と二人で思い出作り

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

2016.09.08
次男坊と二人で親子旅。
まずはセントレアから鹿児島空港まで向かいます。
旅の始めはあいにくのお天気。
でも、西から晴れる予報。

写真を拡大する

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

鹿児島空港

2016.09.08
鹿児島空港に到着。
こちらはとっても良い天気。
屋久島までの船も、穏やかだといいなぁ。

写真を拡大する

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

名勝 仙巌園(磯庭園)

2016.09.08
1658年(万治元年)に第19代当主であった島津光久によって造園され、その後も歴代当主による改築が重ねられてきたそうです。
借景技法を用い、桜島を築山に、鹿児島湾を池に見立てた素晴らしい景色と広大な庭園が特徴で、1958年(昭和33年)に国の名勝に指定されました。

錫門
江戸時代の正門で、屋根は薩摩の特産品の錫で葺かれています。

写真を拡大する

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

名勝 仙巌園(磯庭園)

2016.09.08
園内はかなり広いです。
お昼はこの中のレストランでいただきました。

松風軒
天気が良い日は桜島から遠くには開聞岳まで見晴らせるパノラマビューが自慢のレストランです。
明るくカジュアルな店内で鹿児島の素材を使った料理が楽しめます。

写真を拡大する

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

名勝 仙巌園(磯庭園)

2016.09.08
庭園
桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた雄大な景色が広がります。

桜島も美しく見えました。
前回来た時は曇天だったので、うれしいです。

写真を拡大する

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

名勝 仙巌園(磯庭園)

2016.09.08
磯御殿の裏山の上の方の岩に「千尋巌」と刻まれています。
千尋巌とは、「とても大きな岩」という意味があるそうです。

写真を拡大する

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

名勝 仙巌園(磯庭園)

2016.09.08
巨大な岩石に刻まれた十一メートルにも及ぶ“千尋巌”の大文字は、ニ十七代島津斉興が文化十一年(1814)四月に完成させたものです。これを刻むために延人員三千九百人と三ヶ月もの日数を要し、工事の際は磯山の杉や竹で足場を組んで作業を行ったといわれています。
 このように岩に文字を刻む作庭方法は日本庭園では大変珍しく、中国文化の影響と思われます。

写真を拡大する

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

名勝 仙巌園(磯庭園)

2016.09.08
猫神
17代義弘は猫の瞳で時刻をよみ、戦に役立てました。今は猫神様として慕われています。

写真を拡大する

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

南埠頭 種子・屋久フェリーターミナル

2016.09.08
ジェットフォイルトッピー
ボーイング929 (Boeing 929) は、米国ボーイング社によって開発された水中翼船。
当初は軍事用に開発されたが、1974年に旅客用が開発され、1977年に日本に初導入された。
旅客用はジェットフォイル (Jetfoil) という愛称を持つ。

いよいよこの船で屋久島に向かいます。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

霧島温泉・はやとの風・坂本竜馬ゆかりの旅 18きっぷdeぶらり九州旅 鹿児島シティービューで鹿児島の歴史を巡ります。
霧島温泉・はや… 18きっぷde… 鹿児島シティー…

新着スケジュール