海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島の旅行記

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

息子と二人で思い出作り

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

←前のページへ

1

2

3

4

写真を拡大する

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

中間ガジュマル

2016.09.09
島の南西部にある中間集落に入ってすぐの「中間橋」のたもとにある巨大なガジュマルです。幹からは無数の気根が伸び、中央に空いたトンネルの下での写真撮影ができます。

写真を拡大する

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

屋久島

2016.09.09
今日は美しい夕日を見ることができました。

写真を拡大する

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

屋久島

2016.09.10
今日も良い天気。
三日続けてお天気だなんてそんなにないことらしい。
予定を入れ替えて、先に紀元杉に会いに行きます。

写真を拡大する

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

紀元杉

2016.09.10
紀元杉― 安房林道沿い標高1,230m。登山を必要とせず車窓からも見ることができる最も手軽で多くの人が訪れる、樹齢3,000年と島に伝わる紀元杉。縄文杉・大王杉・ウイルソン株など、屋久島を代表する巨木と比較しても決して引けはとらない大きさ。上部は白骨化していて涸れた老木を感じ、手を触れる程間近に見ることのできる木元では筋状の瘤、苔むした幹に強い生命力を感じます。

写真を拡大する

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

ヤクスギランド(自然休養林)

2016.09.10
ヤクスギランド周回50分コース沿い、小平坦地の鬱蒼とした湿度の高い場所に立ちつ。瘤だらけの奇妙な形、幹は空洞化し大きくうねる圧倒的な存在感で迫力を感じる仏陀杉。別名“釈迦杉”とも呼ばれ、無数に付いた瘤が仏様を連想させることからこの名前が付けられました。
大勢の人が訪れ根を踏まれ土壌の踏圧など環境悪化が進んだため、平成9年に展望デッキがつくられました。樹勢が著しく衰えているらしく、寿命はあと数十年とも数年とも。

写真を拡大する

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島

ヤクスギランド(自然休養林)

2016.09.10
ヤクスギランド(自然休養林)―ヤクスギランドは安房川の支流、荒川の上流にある面積270.33haの自然休養林で、安房から約16km、標高約1000mのところに入口があります。林内はいくつものコースに分れ、ヤクスギ林帯を代表するスギ、ツガ、モミなどの大木が見られます。屋久杉は推定樹齢1800年の仏陀杉をはじめ三根杉、母子杉、天柱杉などの巨木が見られます。
このヤクスギランドから登れる太忠岳の山頂には、巨大な岩『天柱石』が。駐車場からでもはっきり見えます。
観光はここまで、あとは家路につきます。
お天気にも助けられましたが、屋久島とても良いところでした。

←前のページへ

1

2

3

4

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

大型バスでは行けない秘境 感動の世界遺産屋久島へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

屋久島の縄文杉ともののけ姫の舞台&鹿児島市内も探検☆よくばり鹿児島県旅行☆ 海と山と温泉と。 in 屋久島
屋久島の縄文杉… 海と山と温泉と…

新着スケジュール