海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP2019 スペイン 巡礼の道 2回目 part 2の旅行記

2019 スペイン 巡礼の道 2回目 part 2

LosArcosからBurgosまで アラフォー女1人

2019 スペイン 巡礼の道 2回目 part 2

2019 スペイン 巡礼の道 2回目 part 2

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

2019 スペイン 巡礼の道 2回目 part 2

Cervecería Titanic

水を買おうとスーパーを検索したけど、日曜日は休みばっかりで全滅。旧市街からちょっと南に行ったらすぐ現代市街だった。
cafeに入ってそこでボトルの水くれって言ってみた。最初330来て、さすがにそれは、、、と大きいのを要求したら1.5Lが来た。そうじゃないってこの頃うすうすわかり始めていたけどしょうがない、買った、しかも2€。スーパーよりずっと高いよね。たぶんこの翌日が一番荷物重かったのかも。スペイン語でやりとりしたのは嬉しかったけど。若干戸惑われたかもしれないけど。ホテルの自販機では500 0.7€だったからそれよりは高くない。 can~a 1.8€。 最初サングリア頼んだら、1L(デカンタかな)しかないけどいいのか、って2回言ってくれたからいい奴。
明日の予定とかをそこでみたり少しゆっくりした。 考えすぎてちょっと疲れたり、でも旅が終わってしまうことがもう今から寂しかったり。
まあまあな大きさの街だったけどバル・カフェが少なかったような。もっと夜遅くなったら栄えるのかな。人ももっともっと増えるのかな。

写真を拡大する

2019 スペイン 巡礼の道 2回目 part 2

Santo Domingo de la Calzada

19時過ぎの段階で人はまあまあ少なくて、日曜だからか、これから出てくるのか。もう少しぶらぶらして教会に入ってみたら誰もいなくて、しみじみしてみた。楽しむ、けど無理しない、って思った。
18時前に外出した時は快晴で気持ち良くて、外出しなきゃ勿体ない!と思ったけど、すぐに涼しくなって、街角の25度表示は嘘だろって思った。フリース着用。19~19:30だとちょっと日が傾いてきたくらい。でも「まだ散策しないと勿体ない」は封印した。
15時頃お昼(かなり満腹)を食べて、夕食は特に食べなかったな。ホテルで眠くなってきたけど夜中に起きないように21時までは我慢した。24時頃周りがうるさくて一度目が覚めたけどあとは寝て、4時過ぎからちょっと起きたけど、最初の頃よりはだいぶ眠れるようになった。明日からはゆっくりしようと思いながら。。
カフェで買った水、なんかおいしいかも。

写真を拡大する

2019 スペイン 巡礼の道 2回目 part 2

Santo Domingo de la Calzada

7:30くらいに出発、真っ暗だったが街を出てしばらく歩くと明るくなってきた。郊外に出てたあたりで2か所くらいちょっとわかりずらいところがあったかも。違う道の先の方に行ってしまっている巡礼者がいた気がする。2か所目?では私も間違えてしまい、後ろの外国人らがしばらく迷った後違う方に行ったので、あれ?と思って地図みたりしてそっちに戻った。声かけるって私もできないけどあいつらもしないんだな。
朝は20度、その後も快晴にはならずずっとユニクロ着用。

写真を拡大する

2019 スペイン 巡礼の道 2回目 part 2

Grañon

最初の街Groñonに入ってすぐの屋外(ワゴン車)のお店で朝食。クロワッサンやトーストなどのパンとカフェ(コンレチェ)とオレンジジュース(もちろん生絞り)のセット。こんな感じが定番なんだな。3.5とか5.5とかそんなだったような。募金するガラス瓶があって前の人が入れて、お店の人が周囲に知らしめる感じでベルをチンチン!って鳴らしてお礼言った。私も小銭を入れたけど、見てないところで入れたから全く無駄。善意もいいけどやっぱりもう少し考えて図太く行動してもいいかもな。入れたよ!って言いたい。
そういえば、Groñonの前の緑ルート狙ってたけど、気づかず通り過ぎたみたいだった。まあいいけど。幹線道路沿いだけど歩道はちょっと別になってて危なくはない。

写真を拡大する

2019 スペイン 巡礼の道 2回目 part 2

Grañon

途中の道、ブドウ畑と荒野以外ではひまわり畑もたくさんあった。食用?景観用?

その後の村というか集落は思った以上に本当になにもなくて、休憩はGroñonとしかできない。あとは広場に座ってとかそれくらい。Albergeはあったのでそこで飲食できるかも。ガイドブックのカフェマークはどれだったかな。スナックなどの自販機があったな。Viloria de la Riojaにしょぼい店?があったけど営業してたかな。

写真を拡大する

2019 スペイン 巡礼の道 2回目 part 2

Grañon

Groñonのすぐ先の、リオハ州とCastilla y león州の州境。リオハで飲むリオハのワインは思ったほど飲めなかったなあ。でもこの辺のワインはまだまだ美味しいはず。リオハが多いはず。
後半、昨日より早い時間から膝の痛みが出てきた。坂道(下り)。砂利道など不整地で悪化。外側、腱の炎症?そりゃover useっぽい?でもこの日も到着後散策。荷物を降ろすからか痛くなくなるんだよな。

写真を拡大する

2019 スペイン 巡礼の道 2回目 part 2

Hotel A Santiago

この日の宿、13時頃?到着。中心地よりは手前だが、5分くらいで旧市街だし夕方遊びにも行けた。
近づいて行ったときこのWelcome感の嬉しかったこと。レストラン兼レセプションにはもちろん人がいて、おばちゃんは聞いてくれようとして、部屋まで兄ちゃんが案内してくれて。、、嬉しい。こうあるべき。

今回の旅で必要なものを(B5で)印刷して全部まとめて持つの、すごく良かった。日記ももう少しすっきり加わったら良かったが。

写真を拡大する

2019 スペイン 巡礼の道 2回目 part 2

Hotel A Santiago

地図などの記載でも混ざってるけど、(日本の)2階がHotelで1階Albergeらしい。
夜部屋でテレビが観られず、コードを確認しても sin señar と出ていた。が、朝テレビ側の差し込みを直したら観られた。あと枕元にコンセントがないのが良くなかった。

写真を拡大する

2019 スペイン 巡礼の道 2回目 part 2

Hotel A Santiago

まずシャワー・洗濯が基本なんだけど、先にここのレストランで食事した。少し早かったので他に食事客なし。人は来てたけど。
この辺の名物はチョリソーとかの煮込みだって前日くらいに調べて、さっそくあったので頼んだ。2皿目、Huevos fritos con bacon、的な名前のもの。何かに目玉焼きが乗ってる素敵なものかと思ったけど、普通に目玉焼き。なぜウキウキスペイン旅行で目玉焼き、、これからは気を付けよう。もうスペインで目玉焼きは食べないぞ。あと、セットについてきたハウスワイン、小さいボトルにぼろぼろのこの宿のラベルが付いて、乗せた感じの古いコルク。味は薄くてミネラルたっぷり、、そう、これは(この旅2度目の)硬水で薄めたワインだ! でも2~3杯分ちゃんとのみ、おかわりはしなかった。

写真を拡大する

2019 スペイン 巡礼の道 2回目 part 2

Hotel A Santiago

着いた時にはなかった洗濯物が、食べ終わってシャワー・洗濯していたら物干しいっぱいになっていた。やっぱりそういう順番だよな。お昼前に途中でおやつ摂れてたらそれでも良かったんだけど。
洗濯機、こういうのはやり方見ながらやればたいがい出来ると思ってたけど、「ボタンを押す」のボタンがわかんねーよ!マークも、日本ではイラスト的マークは誰が見てもわかると思ってたけど外国の記号はわからない。思い込みってあるんだな。お金入れてそれなりにやってみたけど、余計なとこいじったり(2度押ししたり)したからか隣の人と同じように動かず。(宿の?)おっさんがきてやってくれたら動き出したけど、終わるころに行ってみたらどうも隣と動作が違う。時間前にもう動かなくなってるし赤ランプがついてない。隣は動いてるのに。で、もう一度ちょっとだけ(苦笑)触ったりしたら、水が出たみたいで数分後終わった時にはびっしょり。たぶん脱水までだったと思うんだけど(洗濯だけ?)、まあ、洗剤は新たに付いてないから乾けばよし。脱水?乾燥?機は故障2台、あとは使用中。やっぱり出遅れたんだ。手絞りした後外干しに参戦!なんか嬉しい!楽しい!なにより気持ちいい!もう一杯だったけどなんとか入り込んだ。遅くなったけど風もあったし乾くだろうと。 →→で、2軒ゆっくりしてきたら厚手以外は乾いてた。あとは部屋干しに移行。

写真を拡大する

2019 スペイン 巡礼の道 2回目 part 2

Cafe Bar BULEVAR

街に出て、ちょっと広めに散策。最初泊まろうとしていた宿もあった。教会の廃墟とかまで。
その後広場に行って流行っていたカフェへ。いろいろあるけど、おなかにたまらないピクルスのピンチョスいい。どこにでもあるし。今後の洗濯についてとか思慮。
でも長居はなんだし広場の向かいのBar KAISに移動。ほかにやってないのかと思うくらいひっそりしてたけど、どうやらやってたので入った。中には人がいた。でも「呼び水」効果を期待してテラスへ。でもたまには中もいいかもな。グラスワイン(赤)はこっちの方が向かいの繁盛店より美味しかった。 またピンチョス、計2.4€安い。ピクルスのししとうが当たりだった!辛い!
会計聞いたら考えながらの感じのおばちゃん可愛かった。バルって店主が暗算なイメージだったけど、今回かなりの割合のお店でタッチパネルのレジを導入していて、ワインとつまみ程度でも値段を即答できないことが多かった。時代かね。

写真を拡大する

2019 スペイン 巡礼の道 2回目 part 2

Supermercados Fernando Ruiz - Plaza Mayor

繁盛カフェの近くに小さいスーパー(地元の雑貨屋的な)があって、水とビールを買った。スペインでもno glutenとかノンアルとかのビールがあった、Mahóuとかの。500で0.25€、細めボトルで飲み口付きがあったのでその後数日使った♪
夜は宿のバルでもう一度グラスワイン。una copa de vino までで tintoを言う前にもう赤に取り掛かってる気がする。さすがだな。ハウスワインじゃなくてちゃんとボトルから出てきて安心、普通においしかった。リオハと信じる。ホテルのバー(という雰囲気ではないが)で、赤ワインを飲みながら一人予定確認と日記と・・・ロジック! それもまた良し。20:20前後、ほどよく人がいていい感じの時を過ごした。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

2019 スペイン 巡礼の道 2回目 part 2へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

新着スケジュール