海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP英国少女の不思議な夢☆秋バラ薫るハロウィン添えの旅行記

英国少女の不思議な夢☆秋バラ薫るハロウィン添え

不思議の国のアリスの世界観とハロウィンが融合したら、何が起こる?【Alice and Lorina's Adventures in Halloween World】

英国少女の不思議な夢☆秋バラ薫るハロウィン添え

英国少女の不思議な夢☆秋バラ薫るハロウィン添え

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

英国少女の不思議な夢☆秋バラ薫るハロウィン添え

ねぇ、こねこちゃん

夢を見ていたのは、いったい だぁれ?

わたし?
それとも 赤の王様?

赤の王様がわたしの夢を見るのを止めたら わたしは何処にいるかしら?

ぱっと消えてしまう?
蝋燭みたいに

だって、わたしは赤の王様が見る夢の中の登場人物に過ぎないのだから・・・

--Through the Looking-Glass, and What Alice Found There-- 
        アリスの呟き より

写真を拡大する

英国少女の不思議な夢☆秋バラ薫るハロウィン添え

私の膝の上で気持ちよさそうに寝ていた幼い妹のアリス(Alice)。
彼女がウトウトとしていたのは、ほんのつかの間のこと。
アリスは幾度か瞬きをした後に、私を見上げて呟きました。

ねぇ、お姉ちゃん。
今、夢を見ていたのは、いったいだぁれ?

あたし? 赤の王様?
それとも、お姉ちゃん?

もし、夢を見ている誰かさんのその夢がパチンとはじけてしまったら、夢の中のあたしは一体どうなるの?

写真を拡大する

英国少女の不思議な夢☆秋バラ薫るハロウィン添え

夢と一緒に、ぱっと消えてしまう?
それとも、うさぎの穴の中を落ちて、別の誰かさんの夢の中に移動する?

もしかして、もしかして、今、お姉ちゃんとお話ししているあたしが、また、誰かさんの夢のモノだとしたら、
あたしは何?
あたしは誰?

写真を拡大する

英国少女の不思議な夢☆秋バラ薫るハロウィン添え

妹のアリスが唄うように話すお話は、謎かけようでもあり、宗教審理のようでもありました。

アリスが幼い口調で話す夢のストーリーに耳を傾けていた私は、いつのまにかアリスの夢の世界の中に取り込まれてしまったようです。

写真を拡大する

英国少女の不思議な夢☆秋バラ薫るハロウィン添え

気がつくと、私とアリスは野バラの草陰で見つけた白ウサギを追いかけて、うさぎ穴に足を踏み入れ、深い深い穴の中を落ちているところでした。

写真を拡大する

英国少女の不思議な夢☆秋バラ薫るハロウィン添え

妹のアリスの夢の世界は、不思議がいっぱい。

世間の常識も、物事の順序もすべてがグチャグチャ。
本当の世界でこんなことが起きてしまったら、パニックで気を失ってしまいそうですが、ここは妹アリスの夢の世界。

何が起きたって平気です。

写真を拡大する

英国少女の不思議な夢☆秋バラ薫るハロウィン添え

だから、大きな葉っぱの上にいる芋虫が水キセルを吸っていて、さらに芋虫に「君は誰だね?」とたずねられたときも全く驚きませんでした。

写真を拡大する

英国少女の不思議な夢☆秋バラ薫るハロウィン添え

グリフォンとニセウミガメのダンスは、学校で習うフォーク・ダンスよりも楽しくて、

ディー(トイードリディー)とダム(トイードルダム)が語るセイウチと大工の話は、お父様が友人の方々と議論する政治の話とどこか似通っていて、その理不尽な牡蠣の運命に涙しました。

写真を拡大する

英国少女の不思議な夢☆秋バラ薫るハロウィン添え

おしゃべりな鬼百合の花が教えてくれたのは、本当は世界中のすべてのお花は話ができるっていうこと。

だけれど、人間が花壇の土を軟らかくしすぎるから花は心地よくって、いつも眠っているのですって。

花におしゃべりをしてほしかったら、土を堅くするだけ。

そうしたら、町中の花壇のお花がしゃべり出すらしいけれど、花ってゴシップ話が好きでしょ?
花たちが一斉にお話を始めたら、地球の上の音は花たちのおしゃべりで埋もれてしまいそう。

花壇の土の硬さは、ほどほどに柔らかめの方がOxfordのような静かな町には良いのかもね。

写真を拡大する

英国少女の不思議な夢☆秋バラ薫るハロウィン添え

ヒヨコくらいの大きさのある蚊は、見た目は怖いけれど、だじゃれが好きな落ち着いた紳士。

蚊の紳士とは、もっとゆっくりとお話をしたかったのに、彼は自分のついた大きなため息でどこかに飛んで行ってしまいました。

写真を拡大する

英国少女の不思議な夢☆秋バラ薫るハロウィン添え

どんなことにも驚かなかった私ですが、たったひとつだけ、どうしようか悩んだのが、子豚ちゃん事件。
公爵夫人から預かった赤ん坊の鳴き声がだんだん変わっていき、ついにはその姿が私の手の中でブヒブヒと鳴く子豚ちゃんになった時には、このまま赤ん坊を抱き続けるべきか悩みました。

人間の赤ん坊ならば私が抱いて保護しなければならないけれど、豚の赤ちゃんならば親豚の元へと返してあげるのが一番。

だから、私は子豚をそっと地面に下ろしてあげたのですが、子豚となった赤ん坊は公爵夫人のことなどはもう覚えていないようで、森の奥深くへと行ってしまいました。

写真を拡大する

英国少女の不思議な夢☆秋バラ薫るハロウィン添え

何でもありのアリスの夢の中

たくさんの生き物が突然のように出てきますが、中でも鍵となるのが白ウサギ。
白ウサギがいなかったら、私とアリスはウサギ穴の中へ落ちることも、赤の女王と出会うこともなかったのでしょう。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

英国少女の不思議な夢☆秋バラ薫るハロウィン添えへのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

・入場料 
横浜イングリッシュ・ガーデン:700円
不思議の国のアリス展:1500円(当日券)
横浜西洋館:無料

交通費
・横浜駅から石川町まで JR:157円(IC)
・桜木町から横浜駅まで JR:136円(IC)

ランチ&お茶代
・2000円程度


新着スケジュール