海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPフランス横断 レンタカー旅 何とか無事帰ってきました。の旅行記

フランス横断 レンタカー旅 何とか無事帰ってきました。

モンサンミッシェルからロワール川沿いを走り、ストラスブールそしてドイツへ。人生最後のヨーロッパレンタカー旅でした。

フランス横断 レンタカー旅 何とか無事帰ってきました。
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

フランス横断 レンタカー旅 何とか無事帰ってきました。

1

2

3

次のページへ→
写真を拡大する

フランス横断 レンタカー旅 何とか無事帰ってきました。

2019.10.22(火)成田空港12:15発アエロフロート261便で出発。モスクワで乗り換えて、パリ到着は現地時間の21時。その日は空港内のホテルに泊まった。

写真を拡大する

フランス横断 レンタカー旅 何とか無事帰ってきました。

2019.10.23(水)9:00に空港内のレンタカーオフィスへ。バジェットで借りた。万が一の場合の連絡先のカード(TRAVEL PARTNER)を受け取る。メールで知らせた。と言われたが、いつでもネットにつながるわけではないので、連絡先のカードは必需品。車はVOLVOを期待していたが、ルノーのSUVとなった。思ったより、トランクが小さくて
妻の小さいスーツケースは後部座席に置かざるをえなかった。ナビ(GPS)は英語だった。

写真を拡大する

フランス横断 レンタカー旅 何とか無事帰ってきました。

パリから200kmほどのLe Havreへ。ここにはセーヌ川の河口があり、大きなノルマンディー橋がかかっている。10年前に通った時は霧の中で何も見えなかった。今回は、その急坂を目の当たりにすることができた。この後、高速道路の料金所でトラブル発生。前のトラックが突然バックランプをつけて、ゆっくりバックしてきたのである。ホーンを鳴らして、後ろに車がいることを知らせ、こちらもバック。後ろに車がいなくてよかった。心臓がバクバクだった。ガソリンスタンドでセルフでいれようとしたら、カードを受け付けてくれない。レジに言ったら、後払いでやってくれた。今回、カードが使えないガソリンスタンドはここだけだった。

写真を拡大する

フランス横断 レンタカー旅 何とか無事帰ってきました。

高速を降りて、一般道をしばらく走り、モンサンミッシェルへ。ホテル指定のパーキング3を見つけるのに10分ほどさまよった。ナビは役立たず、カンが頼り。やっとこさ停め、シャトルバスで島内のホテルへ。スーツケースをもって階段を登るのは大変だった。ホテル代は高かったが、部屋からは海が見え、きれいな部屋だった。本日の走行距離およそ400km。

写真を拡大する

フランス横断 レンタカー旅 何とか無事帰ってきました。

2019.10.24(木)パーキングを出る時に、クレジットカードが必要。30秒以上の時間がかかり、カードがもどってくるまでひやひやだった。この後、天気は大荒れ。ワイパーを最大にしたり、川になっている一般道を100mほど走ることもあった。1時間ほどで小降りになり、一安心。ロワールに行く途中にLe Mansにより、24h博物館を見学し、ユーノディールの直線を90kmのスピードで走る。レースカーはここを300km以上で爆走していく。ただの直線道路なのだが、レース好きにはたまらない。

写真を拡大する

フランス横断 レンタカー旅 何とか無事帰ってきました。

夕方には陽射しも出てきて、最初の城ヴィランドリー城へ。駐車場は無料でわかりやすい。お城は道路をへだてて反対側。閉園時間まで1時間ほどしかなく、あわてて入城。庭園だけの見学なので一人7ユーロ。

写真を拡大する

フランス横断 レンタカー旅 何とか無事帰ってきました。

庭園は幾何学模様ですばらしいものだった。ベルサイユ宮殿にもひけをとらないものだと思う。本来は2時間かかるが、ショートカットした。個人旅行のいいところは、自分のいい時間で行動できること。余裕があれば、ゆっくりしたいところだった。

写真を拡大する

フランス横断 レンタカー旅 何とか無事帰ってきました。

ホテルはお城のとなりのLe Cheval Rouge.駐車場はお城の駐車場の隣なのだが、アクセスコードが必要なので、一度レセプションに行く必要がある。2食つけて、2人で150ユーロはお得。バスタブのふたがないだけがマイナス点だった。本日の走行距離およそ200km。

写真を拡大する

フランス横断 レンタカー旅 何とか無事帰ってきました。

2019.10.25(金)ホテルから30分ほどでユッセ城到着。ここは、「眠れる森の美女」のモデルと言われる。駐車場にはキャンピングカーが数台停まっていた。歩いて、周辺を散策した。お城は開城前だった。

写真を拡大する

フランス横断 レンタカー旅 何とか無事帰ってきました。

また30分ほどでシノン城へ。川むこうから全景をねらうが、大きすぎて難しかった。ここは、ジャンヌダルクがシャルル王太子と初めてあったところ。王太子は家来のところにいて、偽物の王太子を立たせていた。ジャンヌダルクは、それを見破ったという場所である。

写真を拡大する

フランス横断 レンタカー旅 何とか無事帰ってきました。

4番目はシュノンソー城。1時間ほどで到着。駐車場はわかりやすい。そこから歩いて10分ほど。入城料14.5ユーロ。人気の城なので観光客が多い。ここは「6人の貴婦人の城」と言われるところで、水の上に浮かぶ城として有名である。でも、この写真のように庭園ごしに見るのもなかなかよかった。

写真を拡大する

フランス横断 レンタカー旅 何とか無事帰ってきました。

5番目はアンボワーズ城。ここも大きいので川むこうから写真を撮る。レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのお城である。

1

2

3

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

フランス横断 レンタカー旅 何とか無事帰ってきました。へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

新着スケジュール