海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPアエロフロート ビジネスクラスでパリまでいく。の旅行記

アエロフロート ビジネスクラスでパリまでいく。

往路SU261便、帰路SU260でパリまでの利用。初のアエロフロートで緊張するが、大きなトラブルはなし。でも細かいことが続出!

アエロフロート ビジネスクラスでパリまでいく。
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

アエロフロート ビジネスクラスでパリまでいく。

1

2

3

次のページへ→
写真を拡大する

アエロフロート ビジネスクラスでパリまでいく。

2019.10.22(火)成田空港第1ターミナル12:15発。3時間前にカウンターに
行き、チェックイン。ビジネスクラスなので、優先でとてもスムーズ。ラウンジの案内もわかりやすかった。個人的にビジネスクラスを利用するのは初めて。格安のアエロフロートだから、できることだった。口コミを読むとロスバゲの心配があるなのどの酷評ばかり。手荷物である程度の着替えをもつなどの自衛策をとったので、重たくなった。

写真を拡大する

アエロフロート ビジネスクラスでパリまでいく。

搭乗口の近くにデルタのラウンジがあり、系列のアエロフロート利用者も入れる。せっかくなので、軽食をとった。アルコール類もあり、時間つぶしにはいい。

写真を拡大する

アエロフロート ビジネスクラスでパリまでいく。

パリ行きは、モスクワで乗り換え。同じSU261便ということで、降りる必要がないのかと思っていたら、機体が変わるということを、「地球の歩き方」の情報で教えてもらった。感謝の一言。それにしても同じ便名を使わなくてもいいと思うのだが。

写真を拡大する

アエロフロート ビジネスクラスでパリまでいく。

モスクワ行きはボーイング777.ロシア製ではないが、表示はロシア語と英語になっている。

写真を拡大する

アエロフロート ビジネスクラスでパリまでいく。

ビジネスクラスは30隻程度。隣り合わせで座ることができたが、窓側の席の人は、
通路側の人がフルフラットにすると出られない。他人とはいっしょに座りたくないと思った。

写真を拡大する

アエロフロート ビジネスクラスでパリまでいく。

アメニティは充実しているとのことだった。私には必要ないもので、奥さんにパスした。私が使ったのはスリッパだけ。

写真を拡大する

アエロフロート ビジネスクラスでパリまでいく。

機内食のMENU。日本語の表示もあり、それと照らし合わせながらオーダーすることができた。担当の男性CAが、とても丁寧な方で、細かく聞いてくれるのだが、正直聞き取りにくくて困った。きっと日本人のお客さんの扱い方に慣れていない人なのだと思う。

写真を拡大する

アエロフロート ビジネスクラスでパリまでいく。

ウェルカムシャンペン。おいしかったが、飲みすぎると悪酔いするので、2杯目は控える。

写真を拡大する

アエロフロート ビジネスクラスでパリまでいく。

テーブルセッティング。担当の男性CAは丁寧だった。

写真を拡大する

アエロフロート ビジネスクラスでパリまでいく。

前菜のオードブル。味はよかった。

写真を拡大する

アエロフロート ビジネスクラスでパリまでいく。

サラダ。ドレッシングはちょっと疑問符だったが、野菜はおいしい。日本発はやはり違う。

写真を拡大する

アエロフロート ビジネスクラスでパリまでいく。

スープ。何のスープかよくわからなかったが、結構おいしかった。

1

2

3

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

アエロフロート ビジネスクラスでパリまでいく。へのコメント

kujakuさん  2019/11/14 09:52

こんにちは。
拝見しました。
大きなトラブルがなくてなによりです。
文句言いつつ、今後もアエロフロートのビジネスクラスは使うと思います。
シートも以前より良くなりましたしね。


※コメントの投稿にはログインが必要です

新着スケジュール