海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP松田町「寄ロウバイまつり」と二宮町「吾妻山公園」の菜の花と富士山!?の旅行記

松田町「寄ロウバイまつり」と二宮町「吾妻山公園」の菜の花と富士山!?

神奈川県松田町の寄(やどりき)で開催のロウバイまつりと二宮町「吾妻山公園」の菜の花と富士山のコラボ!?を見てきました!

松田町「寄ロウバイまつり」と二宮町「吾妻山公園」の菜の花と富士山!?

松田町「寄ロウバイまつり」と二宮町「吾妻山公園」の菜の花と富士山!?

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

松田町「寄ロウバイまつり」と二宮町「吾妻山公園」の菜の花と富士山!?

新松田駅/小田原線

日本最大級、2万本のロウバイが見られるのが神奈川県松田町の「寄」です。「寄」と書いて「やどりき」と読みます。

寄には、小田急線新松田駅(JR御殿場線松田駅隣接)から路線バスを利用します。なお、バス停の近くの案内所で「往復切符(940円)」の購入をお忘れなく。料金が往復で100円おトクになります。

2番乗り場からバスは発車します。

写真を拡大する

松田町「寄ロウバイまつり」と二宮町「吾妻山公園」の菜の花と富士山!?

寄/富士急湘南バス

路線バスは、急な山道を上りながら約30分で終点の寄に到着です。「寄自然休暇村管理センター」の駐車場がバス停になっています。

写真を拡大する

松田町「寄ロウバイまつり」と二宮町「吾妻山公園」の菜の花と富士山!?

寄/富士急湘南バス

路線バスの寄停留所から「寄ロウバイ園」には、「寄ロウバイまつり」開催期間中に無料の送迎バスが発着しています。寄バス停からロウバイ園の入口まで徒歩約8分ですが、かなりの上り坂となっています。足腰が弱い方は、無料の送迎バスを利用しましょう。

ただし、この無料送迎バスは、約10人乗りの1台でピストン輸送となっています。私はそれほど並ばずに乗車できましたが、昼頃に見るとかなりの行列ができていました。無料送迎バスは、お年寄りや子供連れに譲る気持ちで、上りを頑張りましょう。

写真を拡大する

松田町「寄ロウバイまつり」と二宮町「吾妻山公園」の菜の花と富士山!?

松田町寄ロウバイ園

バン(無料送迎バス)が1台通れるぐらいの狭い舗装道路を上り、数分で寄ロウバイ園の入口に到着です(乗用車の場合、この入口付近までの乗り入れはできない。寄バス停付近の駐車場を利用)。入園料300円を支払って、園内に入りましょう。なお、この入口付近にちょっとした軽食が食べられる食事処とお土産ブースがあります。ロウバイの花で染めたという黄色いスカーフや布製のコースターなどがありました。

写真を拡大する

松田町「寄ロウバイまつり」と二宮町「吾妻山公園」の菜の花と富士山!?

松田町寄ロウバイ園

私が来園したのは、松田町のホームページで「見頃になりました」という告知が始まったとき。まだ、つぼみの花が多かったですが、ロウバイの甘い香りがあたりに漂っていました。

写真を拡大する

松田町「寄ロウバイまつり」と二宮町「吾妻山公園」の菜の花と富士山!?

松田町寄ロウバイ園

ロウバイ園の「順路」に沿って歩き、高いところからロウバイを見下ろします。画像の中央右側が寄のバス停付近となります。かなり高いところまで登ったことがわかると思います。

写真を拡大する

松田町「寄ロウバイまつり」と二宮町「吾妻山公園」の菜の花と富士山!?

松田町寄ロウバイ園

ロウバイは、梅ではありません。梅はバラの仲間ですが、ロウバイ(蝋梅)はクスノキの仲間なのです。花びらが梅に似たロウ細工のようです。

写真を拡大する

松田町「寄ロウバイまつり」と二宮町「吾妻山公園」の菜の花と富士山!?

松田町寄ロウバイ園

順路は木のチップが敷き詰められているので、たいへん歩きやすいです。ただし、急な坂もあるので歩きやすい靴で訪問するようにしましょう。

ところで、寄のロウバイ園は2005年に寄中学校の卒業生が250本のロウバイを植樹したのがはじまりなのだとか。その後も植樹が行われ、敷地面積1万3000平方メートルに約2万本以上のロウバイが咲き誇る日本最大級のロウバイ園となりました。

写真を拡大する

松田町「寄ロウバイまつり」と二宮町「吾妻山公園」の菜の花と富士山!?

松田町寄ロウバイ園

朝早くの訪問だったので、ロウバイに朝露がついていました。この朝露を手に取ってみると、それも甘くて優しい香りです。柔軟剤のキツい香りではなく、このような優しい香りがいいですね。

写真を拡大する

松田町「寄ロウバイまつり」と二宮町「吾妻山公園」の菜の花と富士山!?

松田町寄ロウバイ園

ロウバイの写真を撮影しながら順路をゆっくり進みましたが、見学は1時間程度になりました。やわらかい初春の日差しとロウバイの香りに癒される「寄ロウバイまつり」でした。

写真を拡大する

松田町「寄ロウバイまつり」と二宮町「吾妻山公園」の菜の花と富士山!?

松田町寄ロウバイ園

満開を迎えたロウバイは黄色が濃く、見ごたえがあります。香りも強くなるようです。ちなみに、寄のロウバイ園にはソシンロウバイ(素心蝋梅)と満月蝋梅(マンゲツロウバイ)の2種類のロウバイが植えられています。受付の方に聞くと、1本だけワロウバイがあるそうです。

写真を拡大する

松田町「寄ロウバイまつり」と二宮町「吾妻山公園」の菜の花と富士山!?

松田町寄ロウバイ園

神奈川県松田町の「寄ロウバイまつり」は、例年1月上旬から2月上旬まで開催されます。

見た目の派手さは梅や桜にはかないませんが、香りは抜群です。日本最大級のロウバイの群落を観に、松田町の寄へ!

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

松田町「寄ロウバイまつり」と二宮町「吾妻山公園」の菜の花と富士山!?へのコメント

makoa187jpさん  2020/02/13 10:30

瓜太郎さま、コメントありがとうございます。
吾妻山公園、よかったですよ。でも、往路の途中で天気も良くないし、ヘトヘトになったので帰ろうかなという思いがよぎりました。せっかく、ココまで来たのだからと。頂上まで行ってよかったです。
菜の花、桜、富士山がコラボする奇跡のタイミングが訪れたら、再訪したいと思います。

瓜太郎さん  2020/02/12 18:12

こんにちは。
旅行記楽しく読ませていただきました☆
寄のロウバイがとてもきれいですね!写真からも香りが漂ってきそう(^^)
でも恥ずかしながらロウバイが梅ではなくクスノキの仲間だとは知りませんでした。勉強になりました。
吾妻山公園には子供の頃に遊びに行ったことがあるので懐かしかったです!菜の花と富士山のコラボ(できれば桜も)を見に行けたらいいなぁと思いました。


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

◆予算

(1)移動
・駒込-新宿: ¥168
・新宿→ 新松田: ¥786
・新宿 → 秦野(特急券): ¥630
・新松田駅 - 寄(富士急湘南バス): ¥940(往復切符)
・新松田 → 二宮: ¥462
・二宮 → 駒込: ¥1,518
・二宮 → 池袋(グリーン車): ¥800

(2)食事
・コンビニサンドイッチ: ¥279

(3)観光
・寄ロウバイ園: ¥300

(4)宿泊
・なし: ¥0

(5)その他
・雑費: ¥234

□参考サイト:
・松田町「寄ロウバイまつり」:
https://town.matsuda.kanagawa.jp/
・二宮町:
http://www.town.ninomiya.kanagawa.jp/
・小田急ロマンスカー:
https://www.odakyu.jp/romancecar/

近くの旅行記

【丹沢ウォーク】シタンゴ山から秦野峠・日影山(ブッシェ平)を越えて丹沢湖へ。 【丹沢ウォーク】丹沢主稜(檜洞丸・蛭ヶ岳・丹沢山・塔ノ岳・鍋割山)を縦走! 【小さな旅:足柄古道】地蔵堂から足柄駅までをハイキング。
【丹沢ウォーク… 【丹沢ウォーク… 【小さな旅:足…

新着スケジュール