海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP廃墟と地下鉄アート_冬のヨーロッパの旅行記

廃墟と地下鉄アート_冬のヨーロッパ

凍った滝と湖に沈む刑務所跡が見たくてエストニアくんだりまで行き、ついでにスウェーデンで地下鉄駅巡りをしてきました

廃墟と地下鉄アート_冬のヨーロッパ
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

廃墟と地下鉄アート_冬のヨーロッパ

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

廃墟と地下鉄アート_冬のヨーロッパ

1/10
定時に仕事終えて東京駅からバスで成田空港へ。
電車より早い。座ってられて楽だし。
知らなかったけどトルコ航空ってインターネットチェックインしてると別レーンになるらしく、ネットチェックインしてあったからそんなに待たずに入れた。
お陰で予約より30分早くリフレッシュルームに入ることが出来た。
機内食、今回どちらも強制的に和食にさせられて、ライスだから胃が重くて痛いんだけど…。テンションだだ下がりだぁ

写真を拡大する

廃墟と地下鉄アート_冬のヨーロッパ

1/11
成田空港を何故か30分早く出て、予定より1時間前に乗り継ぎのイスタンブール空港に到着。
なぜかゲート通過の荷物検査で、前の人の袋から大量のペットボトルが出てきた。なぜあんなに?どこで?もちろん取り上げられていたけど…。
新イスタンブール空港は、前の空港も綺麗だったけど、もっと映え狙った空港にになってた。
椅子は長いソファになってるところもあってマジ寝しやすい。
笑えるけどトルコの空港の荷物検査の職員がTTLってなんだ?どこに行くんだ?って聞いてくる。
因みに5時間待ち予定が6時間待ちになったのでぶらつくとリュックにもなるスーツケースにキックボードがついてるやつ!が売ってて、欲しくなってしまった。

写真を拡大する

廃墟と地下鉄アート_冬のヨーロッパ

イスタンブールで猛威を振るった太陽はいつのまにか薄らいで、なんか、白っぽい、元気ない大地が見え始めた。
いよいよエストニアっぽくなってきた~

写真を拡大する

廃墟と地下鉄アート_冬のヨーロッパ

ほぼ定刻でタリンへ着き、
あまりの人の少なさに拍子抜けするほど入国審査に時間かからなかった。しかしカバンが出てくるのが遅くて結局1時に空港から出た。
お金下ろして、suicaみたいなカード買って、さらにSIMも買った。
3GB着き3.99ユーロだ。解除コード入れるだけで簡単に使えるようになった。素晴らしい!

写真を拡大する

廃墟と地下鉄アート_冬のヨーロッパ

あまりにも上手く行きすぎて、バスターミナルナルには15時到着。
近くのスーパーに行き、明日の朝の為のフルーツとパンと今夜のサラダとか水とか買ってみた。5ユーロほど。
日記を打ったり、bolt という配車アプリを念のため入れたりしてたら、すぐにバス発車の5時になり、定刻でkohtra-jarveに行くバスには発車する。そして定刻で街に着いた。
わかりやすい街で、バス停のデパートから出て、街中のホテルに着く。

写真を拡大する

廃墟と地下鉄アート_冬のヨーロッパ

virma hostelのお兄さんがめちゃくちゃ優しくて、明日バラステの滝に行きたいからカバン預けたいと言ったら、タダのバスを教えてくれた。しかも戻るバスが2:30頃で、それで帰ってきてからのチェックアウトでいいと!
なんといたせりつくせりな!
ホテルにはキッチン完備で、サラダと、クリームかと思ってたらポテトだったパンで軽く夕食。
めちゃくちゃ静かな町で、物凄く早く就寝。
朝食はクロワッサンとサラダとフルーツ。でかいし美味い〜。日本で買ったらきっと180円くらいがここでは60円くらい。

写真を拡大する

廃墟と地下鉄アート_冬のヨーロッパ

1/12
バスは定刻どうり走る。しかしなんか道路がなんともなっていない。嫌な予感しかしないままvalastejugaで降りて、広場みたいなところにある階段を降りる。
滝、めちゃくちゃ道路沿いじゃないですか。
そしてビックリなくらい氷の一文字もないくらいに普通に滝。

写真を拡大する

廃墟と地下鉄アート_冬のヨーロッパ

ネットで天気予報チェックしてたら、近日黄色注意報発令してたからいけるかとおもったんだけどダメだったか〜。
写真の景色が見たかった。

写真を拡大する

廃墟と地下鉄アート_冬のヨーロッパ

でも色々なことがわかった。すごい状態の時は凄い道路状態ということで、バスは運休になるから、車を持ってる地元の人しかなかなか見れないこと。
24時間カフェは空いているわけでなく、開けてもらう?ということ。
地元の人でもどうなっているのか分からず、休日に様子を見に来るらしいこと。

写真を拡大する

廃墟と地下鉄アート_冬のヨーロッパ

どうりで凄い景色だからもっと観光地化されておかしくないはずなのにされてないはずだ。
…うん、民間のバスとかで行くのは無理だ。
謎の、24時間オープンをうたうカフェでランチしつつ、地元の人に色々話しが聞けたことは良かった。
というか、エストニアにきて初めてじゃない?まともな食事。

写真を拡大する

廃墟と地下鉄アート_冬のヨーロッパ

ひたすらぶらぶらするも見るものが何も無いので、一日一本の帰りのバスまで待てず、歩き始める。多分1時間半くらいで着くはず…。
寒さと不安ですぐめげる。
ヒッチハイクする。
優しいお姉さんがのせてくれて
無事に何故かまだクリスマスツリーがある町に戻ってこれた。
バスを教えてくれたホテルのお兄さんは、あり得ない時間に戻ってきた私にビックリしていた。

写真を拡大する

廃墟と地下鉄アート_冬のヨーロッパ

タリン行きのバスはネットで購入済みなので、時間までは街をぶらぶらした。
といっても何もない。
virma hostelのすぐ近く、広場奥の店が面白くて、凄い一等地なのに、なんか乱雑。なんでもあるのに。しかし前日目について買って美味しかったチョコが1キロ4.37ユーロで売っていたので購入。謎の日本語のチョコもお買い上げ。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

廃墟と地下鉄アート_冬のヨーロッパへのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

新着スケジュール