コロナに負けるな!雪天狗に挑むSnow Trek@北八ヶ岳

毎日毎日、TVも新聞もコロナのことばかり。このままでは、精神的に疲れて心の健康を保てなくなってしまいそう。こんな時こそ、アウトドア☆雪山トレッキング&人里離れた信玄の秘湯へ行こう♪

コロナに負けるな!雪天狗に挑むSnow Trek@北八ヶ岳

コロナに負けるな!雪天狗に挑むSnow Trek@北八ヶ岳

←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→
コロナに負けるな!雪天狗に挑むSnow Trek@北八ヶ岳

大きく、深呼吸をしたい!
体を思いっきり動かしたい!

3月2日以降の政府による学校の休校要請以降、子供達はフラストレーションが蓄積していると思います。
ソレは、コドモだけではなくオトナも同じです。

日本の通勤電車では同じ車両に乗り合う方と2m以上の間隔を空けて立ったり座ったりするのは到底無理な話で、COVID-19の不顕性感染が示唆され、誰がウイルスを保持しているのか何処にウイルスが付着しているのかが分からない状態下、見知らぬヒトとお互いの肩や背中、髪がふれあう空間に閉じ込められ、通勤電車は感染の危機に晒された状況と化しています。

そんな綱渡り的な状態で運行されている通勤電車での感染を少しでも防ぐためにマスクを装着したくても、使い捨てマスクは2月初旬には店頭から姿を消し、運良く最後に入手できた1箱すら消毒して洗って再利用を繰り返しても(洗うことで効果が持続するのかは疑問ですが)、もう底を尽きようとしています。

自宅以外では、職場でも通勤途中でも深呼吸をすることすら躊躇われる日々が続き、体を動かして緊張でこわばった全身を緩めたくても、スポーツジムはクラスターの発生しやすい場所として名指しされ、ジムという単語をだすことすら憚られる雰囲気が世間に蔓延しています。

もう、こんな毎日は嫌!
このままでは、ウイルスにやられる前に精神的な健康状態が悪化し、感染を予防するための健康な肉体の維持すら難しくなってしまいます。

ジムで運動できないのならば、他のヒトとの十分な間隔を空けられる場所で躰を思いっきり動かせば、良いのではないでしょうか?
でも、そんな場所はいずこに?

感染の危険性が少なくて、他の方が居たとしてもヒト間距離をたっぷりととれる場所は、雪山。
幸い、我が家の相棒は山が大好きで、そんな彼を雪山トレックに誘えば二つ返事でプランニングに協力してくれる筈。

相棒と共に雪の北八ヶ岳を楽しむSnow Trekに、心の安定と健康を取り戻しに行ってきました。
←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→

新着スケジュール