海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP花めぐり2つの古都の旅―京都・奈良の旅行記

花めぐり2つの古都の旅―京都・奈良

椿と桜の季節。春の特別公開中の寺社をめぐりながら、京都の山科・鹿ケ谷の桜と椿、奈良・吉野の桜を楽しみました。

花めぐり2つの古都の旅―京都・奈良

花めぐり2つの古都の旅―京都・奈良

写真を拡大する

花めぐり2つの古都の旅―京都・奈良

醍醐寺

京都の桜といえば醍醐寺。朝一番に山科駅から醍醐寺へ。桜を前景とした五重塔が立派でした。太閤のしだれ桜も満開でした。
境内には木が切られてガランとした場所がありましたが、それは昨年の台風の被害を受けて木がなぎ倒されてしまったとのこと。火事の跡地のようで痛々しかったです。

写真を拡大する

花めぐり2つの古都の旅―京都・奈良

醍醐寺

雨が降ってしっとりした醍醐寺の三宝院の庭。豊臣秀吉が設計した庭で、苔が美しいです。縁側に座ってゆっくり眺めたくなる庭です。
普段は公開されない本堂は、ひっそりとして快慶作の仏像が安置されています。襖絵や壁の絵など部屋の内装を見ても、醍醐寺の大きさがわかります。

写真を拡大する

花めぐり2つの古都の旅―京都・奈良

随心院

小野小町ゆかりの寺。醍醐寺から歩いて10分。
本堂の屋根が張り出していて、迫力があります。本堂が独立しておらず、建物同士がつながっていて、見た目は寺というより屋敷のようです。
梅が有名なお寺だそうですが、梅の季節は終わって、ここでも桜が見られました。小野小町の人生を描いた極彩色の襖絵があって、目が覚めるようでした。

写真を拡大する

花めぐり2つの古都の旅―京都・奈良

霊鑑寺

今回京都で一番訪れたかったのは、このお寺。椿のかわいらしいディスプレイが出迎えてくれます。椿の寺と言われているそうで、いろいろな種類の椿の庭が見事です。普段は公開しておらず、今回は貴重な公開期間。
金色の下地の襖絵、壁は狩野永徳、丸山応挙らが描いたもの。歴代の皇女が入ったお寺でもあり、コンパクトながら内装は贅を尽くしています。尼寺でもあるためか、全体的にかわいらしい寺でした。

写真を拡大する

花めぐり2つの古都の旅―京都・奈良

真如堂(真正極楽寺)

鹿ケ谷エリアにある真如堂へ。サルが出ると書いてある看板を見ながら、急な坂道を上ると、広い境内にたどり着きました。
ここでも涅槃図と庭が特別公開されていました。拝観者は他におらず、貸し切り状態。お寺の方が5メートル以上の巨大な涅槃図の解説をしてくれました。主な人物、130種類ほどの動物がいることなど、解説があるとわかりやすい!
写真の庭も特別公開。平成に作られた庭ですが、檀家の三井の会社にちなんだデザインだとか。スタイリッシュなデザインです。

写真を拡大する

花めぐり2つの古都の旅―京都・奈良

金戒光明寺

真如堂の隣にある金戒光明寺。門が立派です。上下の屋根がほぼ同じ大きさで、どっしりと力強いです。

写真を拡大する

花めぐり2つの古都の旅―京都・奈良

哲学の道

何年かぶりで通る哲学の道。桜の並木に沿って散歩気分。桜を求めて散策している人も多かったです。狛犬ならぬ狛ねずみのいる大豊神社もこの道沿いにあります。

写真を拡大する

花めぐり2つの古都の旅―京都・奈良

吉野山

1日目のうちに奈良の畝傍に移動し、2日目の朝一番に吉野へ。
この日から吉野の神社仏閣で特別公開が始まるため、混雑を見越して7時過ぎに到着。こんな時間にしかも雨の中吉野を散策している人は、自分以外にいません。ケーブルカーもバスも稼働前。半ば修行の気分でハイキング開始です。

写真を拡大する

花めぐり2つの古都の旅―京都・奈良

吉野水分神社

吉野山で一番行きたかったのが、ここ。吉野駅を出発してひたすら山を登ること1時間半。汗びっしょりでようやくたどり着きました。ハイキングを通り越して山登りでした。
その疲れも一瞬忘れるほど、端正で美しい造りの神社です。本殿に向かい合って建つ回廊も趣があります。
さて、これから同じ道を引き返します。

写真を拡大する

花めぐり2つの古都の旅―京都・奈良

竹林院

宿泊所が併設している竹林院。お寺でもありますが、庭が有名です。小さな御堂に、苔の庭が趣深いです。庭にはいくつか階段があって何も知らずに上ると、小高いところに展望台がありました。
霧雨では山も見下ろせず、上千本まで登った疲労を感じながら引き返しました。

写真を拡大する

花めぐり2つの古都の旅―京都・奈良

如意輪寺

後醍醐天皇ゆかりの如意輪寺。メインストリートから一本逸れた場所にあり、また半ば山登り。フェンスもない山道は、雨で滑りやすくなっているのでちょっと怖かったです。
如意輪寺には、本堂、宝物館、多宝塔のほか、楠木正成挙兵の像に桜の庭があります。多宝塔がある小高い場所にも桜が咲いていて、静かに桜を楽しめます。

写真を拡大する

花めぐり2つの古都の旅―京都・奈良

金峯山寺

吉野山のもう一つの目的のひとつ、金峯山寺蔵王堂の特別公開。
折しも秘仏の特別公開開始の28日は、毎月の護摩の会で、訪れたときはちょうど読経の最中。特別公開の3体の巨大な青い不動像の前での読経は、すさまじいほどの迫力で感動を覚えるほどでした。

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

花めぐり2つの古都の旅―京都・奈良へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

春の京都&奈良 桜めぐり 桜の京都一人旅 京都世界遺産1日にいくつ見られるか 京都で桜&大阪でB級グルメを楽しむ5泊6日の旅 〇京都 椿の寺めぐり! 京都・日吉大社・石山寺・三井寺・湖東三山(西明寺・金剛輪寺・百済寺)・永源寺
春の京都&奈良… 桜の京都一人旅 京都世界遺産1… 京都で桜&大阪… 〇京都 椿の寺… 京都・日吉大社…

新着スケジュール