海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP春のシンフォニー/桜の囁きに耳をそばだてての旅行記

春のシンフォニー/桜の囁きに耳をそばだてて

春の囁きに耳をそばだてて、始発電車で、一人花見。その後、何気ない涼しい顔で、いつもの時間に出社しました

春のシンフォニー/桜の囁きに耳をそばだてて

春のシンフォニー/桜の囁きに耳をそばだてて

←前のページへ

1

2

3

4

写真を拡大する

春のシンフォニー/桜の囁きに耳をそばだてて

桜を見ていて仕事に遅刻するのは、許されない。

午前9時。
私は“いつも通り出勤しました”という涼しい顔をして、朝のメールチェックをしていた。

写真を拡大する

春のシンフォニー/桜の囁きに耳をそばだてて

この日の午後、仕事以外の用事で休暇を貰っていた私。

その用事が思ったより早く終わったので、夕方の幸手権現堂へと駆けつけた。

写真を拡大する

春のシンフォニー/桜の囁きに耳をそばだてて

時刻は16:30。

川沿いの土手は、夕日に照らされた菜の花の黄色の色味が強くなり、反対に桜並木はグレーが入った墨桜色。

写真を拡大する

春のシンフォニー/桜の囁きに耳をそばだてて

土手の上を歩くヒトの数も朝とは比べものにならないほど多いが、それでも例年よりは少ないかな。

写真を拡大する

春のシンフォニー/桜の囁きに耳をそばだてて

でもね・・・。

人出が少ないと言っても、ヒトとヒトがすれ違うときはその距離は50cmも離れていない近距離。

写真を拡大する

春のシンフォニー/桜の囁きに耳をそばだてて

そんな距離を歩くヒトの半数以上、特に年配の方達のマスク率が異様に低いのが気になった。

写真を拡大する

春のシンフォニー/桜の囁きに耳をそばだてて

電車などの公共交通機関でのアクセスが悪い幸手権現堂は、車利用で訪れる方が多い。
自家用車で桜を見に来る方々は、自分たちしか車には乗っていないのだから、感染の心配はしなくていい。
→→→だから、マスクはしなくて大丈夫!
と思われているのかもしれないが、土手ですれ違う人たちの中に感染者がいて、その方が頭の近くで咳をしたり、くしゃみをしたりするか/しないかは誰にも分からない。

マスクやマフラーなどで鼻や口の粘膜を覆う事で自分自身を、家族を、そして、他のヒトをコロナ・ウイルスから守れるのだから、少しでもヒトが多いと予想される場所に出かける際には、最低限のウイルス対策はして欲しいかな。

写真を拡大する

春のシンフォニー/桜の囁きに耳をそばだてて

私はヒトが多い土手を離れて、中川の岸を繋ぐ外野橋の上へ。

写真を拡大する

春のシンフォニー/桜の囁きに耳をそばだてて

対岸から眺める千本桜の並木は夕日色。

写真を拡大する

春のシンフォニー/桜の囁きに耳をそばだてて

落日はあっというまで、外野橋と中川もオレンジ色に染まっていく。

写真を拡大する

春のシンフォニー/桜の囁きに耳をそばだてて

サンセット・タイム。

桜並木をその根元からゆっくりと照らし出す夕陽。
桜まつりが中止となったお陰で、意図的な灯りが一切ない2020年の権現堂桜堤。

お祭りとしては桜まつりの人工的なライトアップは必要なのは分かるが、たまにはこんな風に自然が作り出すライトアップも乙なものだ。

写真を拡大する

春のシンフォニー/桜の囁きに耳をそばだてて

春の雪解けと共に、その芽をグングン伸ばすツクシンボ。

世界中で様々な研究者がCovid-19に対抗する手段を考え、治験を開始している。
ツクシンボの様にその研究が日々成長し、成果を出すことを祈ってやまない。

←前のページへ

1

2

3

4

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

春のシンフォニー/桜の囁きに耳をそばだててへのコメント

animoさん  2020/03/31 23:41

春は芽吹きの季節、サクラもツクシもグングンと成長していました。
今はコロナで世界中が真冬のような状況ですが、いずれ私たちにも春が来ます。
まずは、自分自身の体力、免疫力の維持が一番大事。
来年の春はウイルスのことなど気にしないで、のんびりお花見をしたいですね。

makoa187jpさん  2020/03/31 16:36

2020年も権現堂は、花が咲くのですね。
祭りの中止で、臨時バスの運行が中止になったりしたようですが、混雑していないようで、かえって…。ドンチャンは、嫌いですが、花見をしたいという気分になる日が早く来るといいですね。


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

・交通費 
 バス:幸手駅-権現堂 180円/片道

新着スケジュール