神秘の絶景☆ドラゴン 天翔 - 太古の白輝龍が棲まう 岩窟宮へ

遥か昔の数十万年前、阿蘇火山の噴火で巨大な火砕流が発生し草木は一瞬で燃え尽き、地表は熱いマグマで覆われました。そして冷えた溶岩が残したのが巨大な柱状節理。六角形の柱が立ち並ぶその絶景は宮崎にありました

神秘の絶景☆ドラゴン 天翔 - 太古の白輝龍が棲まう 岩窟宮へ

神秘の絶景☆ドラゴン 天翔 - 太古の白輝龍が棲まう 岩窟宮へ

←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→
神秘の絶景☆ドラゴン 天翔 - 太古の白輝龍が棲まう 岩窟宮へ

今から遥か昔の、縄文時代と言われていた頃。
そこは八百万の神の思想も生まれる前の世界で、人々は自然の中に神を見出し、暮らしていました。

まだ稲が大陸から伝わっていなかった前期縄文時代には耕作という概念は存在せず、人々は海で魚や海藻を採取し、山で小動物や木の実を獲る生活を送っていました。
天気が崩れ、嵐が続き、海や山が荒れると何日も海や山に狩りには行けず、栄養不足による体調不良で命を落とす者もいました。

そんな彼らがある日、海辺で見つけた洞窟。
見た目は何の変哲もない海蝕窟でしたが、実はそこは龍神の棲み処。
一定条件が揃う日時、その洞窟には天へと翔昇る輝く龍神が現れます。

最初にその龍神の姿を見た縄文人は、さぞ驚いたことでしょう。

古代中国の文化から日本に龍が伝来したのは弥生時代と言われていて、縄文時代には龍のシンボルの概念は日本には存在しませんでした。
それなのに縄文時代の人々は、海蝕窟に現れた輝く光の筋を天翔ける龍と認識し、龍神として崇めたという不思議。

古事記に登場する国津神の神々も、そのモチーフは龍。
龍はもしかして伝説上の生き物ではなく、太古の昔には存在していた目に見えぬ神だったのかもしれません。

☆古事記を巡る宮崎旅
旅行記-1:本当はアダルトな古事記:https://tabisuke.arukikata.co.jp/album/29869/
旅行記-2:実はエグい古事記:https://tabisuke.arukikata.co.jp/album/29878/
旅行記-3:モアイを肴に時間旅行:https://tabisuke.arukikata.co.jp/album/29903/
旅行記-4:天翔ける白龍:https://tabisuke.arukikata.co.jp/album/29914/

←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→

新着スケジュール