神秘の絶景☆ドラゴン 天翔 - 太古の白輝龍が棲まう 岩窟宮へ

遥か昔の数十万年前、阿蘇火山の噴火で巨大な火砕流が発生し草木は一瞬で燃え尽き、地表は熱いマグマで覆われました。そして冷えた溶岩が残したのが巨大な柱状節理。六角形の柱が立ち並ぶその絶景は宮崎にありました

神秘の絶景☆ドラゴン 天翔 - 太古の白輝龍が棲まう 岩窟宮へ

神秘の絶景☆ドラゴン 天翔 - 太古の白輝龍が棲まう 岩窟宮へ

←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→
神秘の絶景☆ドラゴン 天翔 - 太古の白輝龍が棲まう 岩窟宮へ

古事記に触発され、旅した宮崎。

旅の下調べは、もちろん古事記に縁のある土地について。
古事記、日本書紀の解説書を読み解き、現在の地名との関連を調べ旅に出ました。

しかし、旅には想定外がつきもの。
現地入りしてからもなんだかんだと調べる内に、宮崎にはGeo Loverが涎を垂らして喜びそうな地形がゴロゴロあることを知ってしまいました。
そしてその中には、龍宮伝説にまつわる龍宮岩窟があることも…。

その龍宮があるのは古事記にも縁がある場所ですが、龍宮岩窟の歴史は古事記以上に古く、その信仰が始まったのは縄文時代。

入り江の奥にひっそりと奉られる龍宮岩窟。
果たして、そこに現在も龍が眠るのか。

朱色の鳥居から天上へと駆け上る竜神の姿を求め、宮崎の海岸線を走りました。
←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→

新着スケジュール