突撃!ジモティ☆ベルベル教室♫ディープなモロッコの味わい方、教えちゃいます

ねぇ、そこの姐さん、とっておきのヤツが入ったんだけど、どぉ?ソイツを一度味わったら、二度と他のヤツは使えなくなるけどね。アンタがどうしてもって言うなら、教えてやるよ。ディープなモロッコの味わい方をね。

突撃!ジモティ☆ベルベル教室♫ディープなモロッコの味わい方、教えちゃいます

突撃!ジモティ☆ベルベル教室♫ディープなモロッコの味わい方、教えちゃいます

←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→
突撃!ジモティ☆ベルベル教室♫ディープなモロッコの味わい方、教えちゃいます

もともとオアシスのあった場所に発生したメルズーガ村なので、水が湧きあがる泉源が村の近くにあるのは普通のことで、年に数度、雨期の大雨の時にメルズーガ村の外れに1週間程度で消えてしまう幻の泉が生まれると言う話は、6年前に私もハミドから聞いて知っていた。

でも、この時に私たちの目の前にあったのは泉という規模ではなく、どう見ても湖。
その湖の湖畔にはフラミンゴが飛来し、長い首を湖面にさしこみ、エサをついばんでいた。

思わず、何コレ・・・と呟く私。

ハミドの説明によると、ここ何年かは雨期が終わって乾期の暑い時期を迎えても、泉の水は涸れることなく沸きだしていて、昔は幻の泉と呼ばれていた湖も、現在ではDayet Sriji湖(Lake of Merzougaが通称)と名前がつけられたそうだ。

Dayet Sriji湖では雨期に大雨が降ると湖水がオーバーフローし、周辺の草原(といっても礫漠に近い)にダメージを与えているとのこと。

アフリカで洪水というと、ナイルの大地の恵みをもたらす氾濫を連想するが、ここの洪水はナイルとは異なり湧き水と雨水がその源で、たちの悪いことに湖の塩分濃度がここ数年でどんどん高くなってきているらしい。

塩辛い水では、確かに草には悪影響しかないだろう。
←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→

新着スケジュール