海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPイラン 南部 世界遺産を巡る旅の旅行記

イラン 南部 世界遺産を巡る旅

イラン南部の世界遺産(シャフリ・ソフテ、アルゲ・バム、フィルザバード)とゾロアスター教の聖地クーヘ・ハージェをツアーを使って巡ります。

イラン 南部 世界遺産を巡る旅

イラン 南部 世界遺産を巡る旅

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

イラン 南部 世界遺産を巡る旅

ホラサン州立博物館

2018-11-28
マシュハド

2015年に新しく建設された博物館。イランのホラサン州で出土した、拝火教神殿やイスラム教に関する品を展示。

写真を拡大する

イラン 南部 世界遺産を巡る旅

バンダーン村

2018-11-29
ビルジャンドとザボールの間

村にはササン朝の砦が残っている。

写真を拡大する

イラン 南部 世界遺産を巡る旅

クーヘ・ハージェ

2018-11-29
ザボール郊外

かつてハ―ムーン湖に浮かんでいた島で、ゾロアスター教聖地である遺跡。ササン朝時代に建設されたガエル・カハ神殿は当時の姿を留める。

写真を拡大する

イラン 南部 世界遺産を巡る旅

クーヘ・ハージェ

2018-11-29
ザボール郊外

クーヘ・ハージェの風景

写真を拡大する

イラン 南部 世界遺産を巡る旅

クーヘ・ハージェ

2018-11-29
ザボール郊外

クーヘ・ハージェの風景

写真を拡大する

イラン 南部 世界遺産を巡る旅

クーヘ・ハージェ

2018-11-29
ザボール郊外

クーヘ・ハージェの風景

写真を拡大する

イラン 南部 世界遺産を巡る旅

ダハネイェ・ゴラーマーン

2018-11-30
ザボール郊外(アフガニスタン国境近く)

アケメネス朝時代の街跡が残る遺跡。拝火教神殿、生贄を捧げた祭壇、聖職者の家の跡が残る。

写真を拡大する

イラン 南部 世界遺産を巡る旅

ザーヘダーネ・コフネ

2018-11-30
ザボール郊外(アフガニスタン国境近く)

9世紀末から10世紀頃の街跡が残る遺跡。

写真を拡大する

イラン 南部 世界遺産を巡る旅

シャフレ・ソフテ

2018-11-30
ザボールとザーヘダーンの間
世界遺産(文化遺産)「シャフレ・ソフテ」

BC3200年からBC1800年ころの遺構。住居地、世界最古のジグラット、工房、墓地等が残る。アフガニスタンのバダシャン地方で採れたラピスラズリが、テぺ・ヤヒヤを経由してスーサまで運ばれた交易路上にある。 シャフレは街、ソフテは燃えたと言う意味。2014年に世界遺産に登録された。

写真を拡大する

イラン 南部 世界遺産を巡る旅

シャフレ・ソフテ

2018-11-30
ザボールとザーヘダーンの間
世界遺産(文化遺産)「シャフレ・ソフテ」

写真を拡大する

イラン 南部 世界遺産を巡る旅

シャフレ・ソフテ

2018-11-30
ザボールとザーヘダーンの間
世界遺産(文化遺産)「シャフレ・ソフテ」

写真を拡大する

イラン 南部 世界遺産を巡る旅

シャフレ・ソフテ

2018-11-30
ザボールとザーヘダーンの間
世界遺産(文化遺産)「シャフレ・ソフテ」

シャフレ・ソフテから出土したネックレス
ネックレスには青いラピスラズリが用いられている。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

イラン 南部 世界遺産を巡る旅へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

新着スケジュール