海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP弥勒菩薩から寺田屋まで京都一日旅行の旅行記

弥勒菩薩から寺田屋まで京都一日旅行

京都一日旅行。写真は京都でよく見る看板だが、静岡の例で分かるように、JR東海は東京-名古屋-大阪の間を一直線に結びたい・・・のである。

弥勒菩薩から寺田屋まで京都一日旅行

弥勒菩薩から寺田屋まで京都一日旅行

1

2

次のページへ→
写真を拡大する

弥勒菩薩から寺田屋まで京都一日旅行

ダイワロイネットホテル京都八条口

今回の旅行の目的は外国人のいないすいてる京都を楽しみたいのと、往復については究極の安さを追求したい・・・格安夜行バスを利用して往復4,200円。金券屋で買う新幹線の片道の半額以下である。とりあえず、まだ(肉体的に)夜行バス二連チャンでも問題ないことが分ったし・・・

旅先の朝ご飯はわざとホテルに行って食べることも多いが、今のご時世、ビュッフェは全滅で定食式だとあんまりお金を出すのも・・・という妥協点がこのダイワロイネットホテル。八条口から徒歩五分くらい。ご飯のお代わりは別の茶碗で持ってくるくらい徹底していた。

そう言えばJRバスだと京都タワーの前に止まるのが定番(?)だったが、八条口に格安バスターミナルみたいなのがきちんと整理されていて(これが名古屋だと、みなさん、行きますよーとガード下乗場まで連れて行かれる。)さすがしっかりしてるね、と感心。実は来ていない間に他にも進歩していた。

写真を拡大する

弥勒菩薩から寺田屋まで京都一日旅行

伏見稲荷大社

まずは朝一に伏見稲荷神社。ここは今まで全くチェックしたことがないが、ご存じ、トリップアドバイザーで何度も京都一の観光地に選ばれている。理由の一つに挙げられるのが、拝観料が要らない、開門時間が無く24時間営業・・・と言うことで朝一を目指す。何のことはない、奈良線で数駅・・・がこの日は前日の豪雨で奈良線は止まっていて、仕方なくバスで行く。

京都の地下鉄・バス一日券は2018年に何と1200円→900円に値下げされている。バス一日券は500円→600円に値上げされているが、これだけでバスから地下鉄に観光客が移るものか!京都のバス頼りの例としてよく言われるのが、清水寺とルーブル美術館はどちらも年間入場者数が1000万人だが、前者はバスしか行けない。・・・

話がずれました。写真は伏見稲荷神社のお祈りするお願いの英訳。これをどう使うのかまでは確認しなかったが。

写真を拡大する

弥勒菩薩から寺田屋まで京都一日旅行

伏見稲荷大社

この神社はやはり今回が初めての訪問である。けばい朱色調で中華風だし、こんな神社は珍しい、が、日本人向きではないと思う。写真はもちろん本家おいなりさんだが、鳥居よりこっちだろ、メインは・・・と思うのだけど。

写真を拡大する

弥勒菩薩から寺田屋まで京都一日旅行

伏見稲荷大社

当然のことながらこれだけたくさんの鳥居があると、メンテナンスも大変と思う。再建中の鳥居。

写真を拡大する

弥勒菩薩から寺田屋まで京都一日旅行

伏見稲荷大社

観光地のチェーン店は、その場所の雰囲気合わせる、との理由で普段と異なる配色のロゴにしていることがあるが、その一つか?伏見稲荷神社の真ん前にあるデイリーヤマザキ。ちなみに京都には東京ではなかなか見るのが難しくなってきているミニストップもそれなりにあって、やはりジャスコは関西のスーパーなのかなあ、と改めて感じた。

写真を拡大する

弥勒菩薩から寺田屋まで京都一日旅行

嵐山・渡月橋

奈良線はやはり止まったままだったので、仕方なく京阪電車で移動、伏見稲荷駅から三条まで行って、地下鉄に乗り換え、太秦天神川で嵐電に乗り換え、一路嵐山を目指す。嵐電天神川は初体験だが・・・それよりびっくりしたのは京福電車(今は嵐電という言い方の方がメジャーと言うが)が均一料金になっていたこと。京福は高い、というイメージだったのだが・・・220円均一になったとはびっくりです。

写真はやっとたどり着いた嵐山・渡月橋。川辺でゆっくり桂川を眺める、など出来ず。これも前日の豪雨の影響。

写真を拡大する

弥勒菩薩から寺田屋まで京都一日旅行

嵐山・渡月橋

普段は阪急の嵐山から、京福の嵐山に抜けて、広隆寺に行くパターンが多い。せっかく来た(?)ので、阪急電車の嵐山駅まで歩く。コロナウイルスのせいか豪雨のせいか人も少なく、これならまた来ようと言う気になる。京福の嵐山に戻り、京福電車で広隆寺に向かう。

広隆寺の弥勒菩薩はもう20回はみただろうか。一番のお気に入りの仏像である。やはり広隆寺の境内が「謎の帰化人秦氏」の霊気(?)に溢れていて、たまらない。この人はソグド人やらペルシア人やらユダヤ人、という説まであるが、西域の人である、という証拠でも出てこないだろうか。弥勒菩薩も旧朝鮮総督府時代のソウルの中央博物館で新羅の弥勒菩薩を見て以来、これは舶来品だろうと思っているが・・・ドイツ人哲学者ヤスパースが云々、という説明アナウンスがなくなっていた。いつもうざいアナウンスだ、と思っていたが、なくなるとちょっぴり寂しい。・・・

写真は嵐山で見かけた両替機。他でも見たが、こんなものが「街中」に置かれているのは初めて見た。が、運営会社は今、大変だろうな。

写真を拡大する

弥勒菩薩から寺田屋まで京都一日旅行

仁和寺

広隆寺を後にして、京福電車で龍安寺に向かう。禅寺こそ人が少ないときでないと、拝観の意味がない(?)龍安寺の駅には石庭の前に外国人で身動きも出来ないほど人が溢れている写真を飾っているが・・・このお寺は境内がいかにも「禅の世界(当たり前かも知れないが)」風で好きなのだが・・・さすがに石庭には私も含めて最大三人、くらいしか人がいなくて、十分に禅の世界に浸れた。

龍安寺から仁和寺までは徒歩。仁和寺は日本人の大部分は徒然草の「仁和寺の和尚」で知っているはずだが、境内には徒然草の「つ」の字もなく、全く触れられていない。触れてはいけない歴史、なのだろうか。皇室ゆかりのお寺はあのようなゴシップ記事(?)は無視なのだろう。・・・

写真は仁和寺の二王門の裏にいる阿吽の狛犬のどっちか。・・・・

写真を拡大する

弥勒菩薩から寺田屋まで京都一日旅行

仁和寺

仁和寺の境内にあった立て札(?)なのだが、写真からは分かりにくいが、書かれている木の板が20年くらい経過しているように見えて、令和っていつ頃始まったんだっけ?と思わず考えてしまった。

仁和寺からどこかへ行く、となると、まずは京福電車なのかも知れないが、お寺のすぐ前にバス停があり、行先に「河原町~」の文字があったので飛び乗った。三条で降りて歩いて三条大橋を渡り、東山に・・・目的は一澤信三郎帆布である。バスで直接行けるのだが、なぜかいつも徒歩になってしまう。

前回来たのは分裂していた「信三郎帆布」時代で、お家騒動が終わった後に来るのは初めてである。一澤帆布、信三郎帆布、信三郎かばんの3ブランド展開しているとのことで、「一澤帆布」は分裂前の時代の復刻版についてのみ使用しているという。来るたびになんでこんなに高いのだろう(?)といつも思うのだが、それは今回も同じ。二階もショップになっていた。が、やはり二点ほど買う。帰って調べると、10年以上ぶりのお買い物であった。

三条通りまで徒歩で戻ると、廃業した東山ユースホステルの近くに明智光秀の塚、首塚がある。久しぶりに行ってみたのだが・・・首が埋まっていると言うのも、言い伝えとは聞くが、それにしても戦国武将の墓としてはさびしい。首検分の後、首と胴体を分けたうえで晒されたそうだが・・・

写真を拡大する

弥勒菩薩から寺田屋まで京都一日旅行

本能寺跡

東山駅から地下鉄に乗り、烏丸御池まで戻る。次の目的地は本能寺、が、ご存知のように今の本能寺は秀吉の命令で移転していて、「本能寺の変」が起きた本能寺は移転前の別の場所にある。

烏丸御池駅からぶらぶらと歩いて、西洞院通り・元本能寺町を目指す。この辺は本物(?)の京都の長屋がいくつもあり、社会見学にもなる。写真は元の本能寺の跡地の標識。完全に住宅街になっていて、お寺の跡など微塵もなく、ここでクーデターが起きたのね、というただそれだけである。

写真を拡大する

弥勒菩薩から寺田屋まで京都一日旅行

本能寺跡

四条烏丸まで徒歩で出て、一休憩。さていよいよ未踏の地である伏見行きである。写真は地下鉄東西線の烏丸御池駅の京阪電車地下鉄乗入車両。東西線の乗入が始まった時は、欧州のように路面電車が地下鉄になるの?と不思議だったが、やや想像とは異なった(?)ものの引き続き乗入は続いている。こんなクロスシート車があるのは知らなかった。

1

2

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

弥勒菩薩から寺田屋まで京都一日旅行へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

京都・滋賀1泊2日 新春の京都初詣旅行と奈良おまけ 京都3泊4日の旅。 桜の京都一人旅 【鉄道旅行】夏の京都・奈良世界遺産、嵐山、貴船の川床めぐり 京都嵐山日帰り
京都・滋賀1泊… 新春の京都初詣… 京都3泊4日の… 桜の京都一人旅 【鉄道旅行】夏… 京都嵐山日帰り

新着スケジュール