海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPウイスキー、ホヤ、牛たん・・・非GO TOトラベル仙台旅行の旅行記

ウイスキー、ホヤ、牛たん・・・非GO TOトラベル仙台旅行

非Go Toトラベルの仙台0泊三日旅行。写真は多賀城跡に行く階段。2024年の多賀城創建1300年を目指して、色々工事中とのこと。

ウイスキー、ホヤ、牛たん・・・非GO TOトラベル仙台旅行

ウイスキー、ホヤ、牛たん・・・非GO TOトラベル仙台旅行

1

2

3

次のページへ→
写真を拡大する

ウイスキー、ホヤ、牛たん・・・非GO TOトラベル仙台旅行

バスタ新宿

バスタ新宿に着いたときは、前日の豪雨で東北道の一部・・・仙台の手前・・・が通行止めになっている。特にそれについてはアナウンスもなく、夜行バスに乗り込んだが、自動音声アナウンスは東北道経由になっている。一体どうするんだろう・・・と思いつつ、最初の休憩で止まったのは友部SA。あれ、友部SAって・・・常磐道経由になってた。

写真を拡大する

ウイスキー、ホヤ、牛たん・・・非GO TOトラベル仙台旅行

仙台駅東口さくらターミナル

仙台のさくら観光バスターミナルには定刻より20分早く、5時半頃着いた。さくら観光バスは自前のターミナルを仙台駅東口に持っていて、シェアの高さ(?)をうかがえる。会員制高速バスはこの東口のバス停に集約されているが、一つずつ固有の番号の付いたバス停が割り振られていて、最低でもこうでないと・・・写真は賑やかな表口にあたる仙台駅西口。さすがに五時台だと人はいないが。JRの券売機でまるごと仙台切符を買って(元が取れるか微妙であるが)、朝食に向かう。

写真を拡大する

ウイスキー、ホヤ、牛たん・・・非GO TOトラベル仙台旅行

半田屋 東口BiVi店

仙台駅でいいのは、駅の近くに24時間営業の半田屋があること。(近くに24時間営業のマックもあるが。)中堅ホテルの朝食にしようか悩んだが、久しぶりだったので半田屋に入る。色々と頼みすぎになるのだが・・・ご飯を一番大きいのにしてしまった。これで700円ちょっと。

写真を拡大する

ウイスキー、ホヤ、牛たん・・・非GO TOトラベル仙台旅行

仙台駅西口バスプール

バスプールという言い方は外国での言い方と思っていたが・・・ちなみにバスが止まるしまのことを(新宿西口にあるようなバス停方式)「交通島」と書いていて、言い得て妙だな・・・と思ったら、この言葉はきちんと法律用語としてもあるらしい。

朝食を食べた後、最初の目的地はニッカウヰスキー宮城峡蒸留所。一番速い行き方は仙山線で作並まで行き、バスで戻る、みたいなのだが、時間もあったので、仙台駅から840番作並温泉行きバスに乗り込み、最寄りのニッカ橋に向かう。仙台「市内」なのだが、仙山線は30分に一本、バスは一時間に一本なので注意が必要。

写真を拡大する

ウイスキー、ホヤ、牛たん・・・非GO TOトラベル仙台旅行

ニッカウヰスキー 仙台工場(宮城峡蒸留所)

私はサントリーの白州の近くにはよく行くので、いつかは行ってみようと思っていたが、こちらが私の初ウイスキー工場見学となった。このニッカウヰスキー宮城峡蒸留所は竹鶴政孝が作った蒸留所とのことで、たまたま政孝とリタ展、みたいなのをやっていて、本人のパスポートやら就職時の履歴書とかが展示してあった。見学は本来はもっと自由に出来るみたいだが、現在はコロナウイルス対策もあり完全予約制、試飲も一種類となっていた。ニッカ橋まで仙台駅から60分。写真はバス停のある48号線にある入口の看板

写真を拡大する

ウイスキー、ホヤ、牛たん・・・非GO TOトラベル仙台旅行

ニッカウヰスキー 仙台工場(宮城峡蒸留所)

この仙台工場、という言い方と、宮城峡蒸留所と言う言い方が並列している。

写真を拡大する

ウイスキー、ホヤ、牛たん・・・非GO TOトラベル仙台旅行

ニッカウヰスキー 仙台工場(宮城峡蒸留所)

仙台市交通局はへえ・・・と思うことがいくつかあったのだが、これも一つ。路線ごとの収支報告はバスでもどこでも作っているのかも知れないが、それをわざわざバス停に張り出して(!)乗客増を訴えるのも珍しい。写真は秋保温泉方面から来るバスの「ニッカ橋」バス停。

写真を拡大する

ウイスキー、ホヤ、牛たん・・・非GO TOトラベル仙台旅行

ニッカウヰスキー 仙台工場(宮城峡蒸留所)

創業者竹鶴政孝のポリシーとして、森の木はなるべく切らずに・・・というのがあったらしい。写真は工場受付に至るアプローチの道。

写真を拡大する

ウイスキー、ホヤ、牛たん・・・非GO TOトラベル仙台旅行

ニッカウヰスキー 仙台工場(宮城峡蒸留所)

このように宮城峡蒸留所、を強調する看板もある。

写真を拡大する

ウイスキー、ホヤ、牛たん・・・非GO TOトラベル仙台旅行

ニッカウヰスキー 仙台工場(宮城峡蒸留所)

私もモルトウイスキーとブレンディッドウイスキーの違いくらいは知ってたが、このようにジャンル分けされるのね。ただ、モルトウイスキーの原料の大麦はほとんどが輸入品とのことで、この辺はワインのような原産地呼称重視、テロワールみたいな考え方はない。ここのグレーンウイスキーはとうもろこしから作っている、との話だったが、だったらバーボンとどう違うのだろう、とか色々と謎があったが、コロナウイルス対策もあり「はしょりバージョン見学会」だったので、別の機会に聞いてみよう。

写真を拡大する

ウイスキー、ホヤ、牛たん・・・非GO TOトラベル仙台旅行

ニッカウヰスキー 仙台工場(宮城峡蒸留所)

蒸留所の設備の一部。これも竹鶴政孝のポリシーで建物はレンガ造りにする、とのことで、これは今も守るのは大変じゃないの。

写真を拡大する

ウイスキー、ホヤ、牛たん・・・非GO TOトラベル仙台旅行

ニッカウヰスキー 仙台工場(宮城峡蒸留所)

試飲室、と言うか、販売所に併設されているバー。本来はここで数種類の試飲をしたり、有料試飲もできるそうなのだが・・・今回は「宮城峡」というウイスキー一種のみ。氷、水、炭酸水、とあらゆる飲み方の準備がされていて、ワインに比べれば大変だなあ、と思う。もちろん私は氷も入れずストレート。最近は焼酎以外のスピリッツも飲むようになって、これもなかなかいける、と思った。

1

2

3

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

ウイスキー、ホヤ、牛たん・・・非GO TOトラベル仙台旅行へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

新着スケジュール