海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP今年は初秋の北海道をレンタカーでゆっくりと巡ります。の旅行記

今年は初秋の北海道をレンタカーでゆっくりと巡ります。

3年前は8泊9日で時計回りに北海道の外周を巡りましたが、今回は函館を出発し6泊7日で反時計回りに自然を満喫しながら一周してみます。本来6月を予定してましたが、コロナ禍の影響で4ヶ月ずれ込みました。

今年は初秋の北海道をレンタカーでゆっくりと巡ります。

今年は初秋の北海道をレンタカーでゆっくりと巡ります。

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

今年は初秋の北海道をレンタカーでゆっくりと巡ります。

大沼国定公園

道内最初の観光は大沼公園です。休火山北海道駒ケ岳のある自然保護区で、小さな小島が点在しており、宮城の松島を彷彿とさせます。沼の家の裏手にある駐車場が無料開放されていましたので、ここにレンタカーを駐めてから徒歩で沼周辺を散策しました。霧雨が若干降ってましたが、傘を差す間でもありませんでした。沼周辺は紅葉も進み、遠くに駒ヶ岳も見えます。駐車場への戻りしな「沼の家」で名物の「元祖大沼だんご」と津島謹製の「わかさぎ筏焼き折詰」を購入しました。

写真を拡大する

今年は初秋の北海道をレンタカーでゆっくりと巡ります。

豊浦展望台

豊浦町噴火湾展望公園の中にある展望台でエレベーターで展望室まで上がることが出来ます。勿論展望台は無料です。古さは否めませんが、小さな町にしては立派な施設を持っています。展望台からは噴火湾を一望することが出来ますし、1階には売店やら軽食を取ることが出来る場所もあります。

写真を拡大する

今年は初秋の北海道をレンタカーでゆっくりと巡ります。

きのこ王国

支笏湖へ向かう国道453号線沿いにある、きのこ&北海道物産を扱うのが「きのこ王国(https://www.kinoko-oukoku.com/)」です。きのこ土産がメインですが、その他に北海道物産も扱っています。私が訪れた時には日曜日だったこともあってか、駐車場はほぼ満車でした。家族連れや観光客が一杯来てます。買い物だけではなくレストランもありますので、食事を取ることも出来ますし、トイレは24時間開放されています。色々な味のなめ茸の瓶詰めがよりどり3本で1,000円でした。一番奥では地元野菜も扱ってました。

写真を拡大する

今年は初秋の北海道をレンタカーでゆっくりと巡ります。

日勝峠展望台

十勝平野が一望できる峠の展望台です。当日は雨上がりで雲海が広がり、十勝平野を見下ろすことが出来ませんでしたが、逆に幻想的な雲海を見ることが出来ました。十勝平野側は真っ白な雲海が広がってましたが、逆の山側は紅葉が進み太陽に照らされて雲海の白とのコントラストが素晴らしかったです。駐車場には24時間使用可能なトイレも整備されており、ちょっとした休憩にはもってこいです。

写真を拡大する

今年は初秋の北海道をレンタカーでゆっくりと巡ります。

美蔓パノラマパーク

日高山脈を背景に十勝の田園風景が見渡せる展望台です。パークというほどの広さはありませんが、トイレなども整備されています。日勝峠側から来た場合には、入り口がカーブの途中で道路の反対側になりますので注意が必要です。

写真を拡大する

今年は初秋の北海道をレンタカーでゆっくりと巡ります。

十勝しんむら牧場

当初予定にはありませんでしたが、足寄へ向かう途中に時間が合ったので「十勝しんむら牧場(https://milkjam.net/)」へ立ち寄りました。軽い食事などが出来るカフェ「クリームテラス」が併設されており、美味しいミルクジャムなどが買える売店もあります。建物の入り口脇の壁に半身を突っ込んだような牛のモニュメントもあり、放し飼いされたヤギなどへの餌やりも体験できます。

写真を拡大する

今年は初秋の北海道をレンタカーでゆっくりと巡ります。

シオワッカ公園(石灰華半ドーム)

石灰ドーム。イカアイトの生成物が地上で見られるのは、世界でこことカリフォルニアしかないという、意外と貴重なスポット。駐車場も整備されており、道路のすぐ脇にあるのでドライブの休憩がてらちょっと立ち寄ると良いと思います。川沿いでもあり気持ちいいです。但し、人気も余りありませので、ちょっと不気味な感じも否めません。ここを見た後にオンネトーへ向かう場合には、途中から道路が未舗装の凸凹ダートになりますので注意が必要です。凸凹ダートに不慣れな方はここを見た後に国道241号線へ戻り、ちょっと遠回りした方が逆に早く着くかも知れません。道幅も狭くかなり危険な道路が続きますので!

写真を拡大する

今年は初秋の北海道をレンタカーでゆっくりと巡ります。

オンネトー

雌阿寒岳の麓にあるので、雌阿寒岳を眺めることができる湖です。ここの湖はとても神秘的で湖面がブルー色に輝き、美しい湖面の景色を堪能することができます。ここへ足寄側から道道664号線で来る場合には、道幅の狭い凸凹ダートをかなりの距離走らなくてはなりません。

写真を拡大する

今年は初秋の北海道をレンタカーでゆっくりと巡ります。

美幌峠

道内屈指の景勝地。美幌峠は美幌町と弟子屈町を結ぶ国道で、標高525mの場所から屈斜路湖の絶景を拝める人気スポットです。道東に来たら外せない場所ですが、悪天候だと最悪でもある場所です。眼下に望む日本最大のカルデラ湖「屈斜路湖」は必見です。ダラダラと長い上りの峠道を上がってきた甲斐があります。道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠」もあります。

写真を拡大する

今年は初秋の北海道をレンタカーでゆっくりと巡ります。

硫黄山

川湯温泉から摩周湖第三展望台へ向かう途中にあります。アイヌ語ではアトサヌプリ(裸の山)と言われています。硫黄の香りと噴気が強く男性的な一方で、紅葉が美しい場所でもありますが、山一つ向こう側は死の大地、そう形容する他ない地獄を連想する所です。噴き出す蒸気、美事なまでの醸成された鮮やかな硫黄の塊は必見です。

写真を拡大する

今年は初秋の北海道をレンタカーでゆっくりと巡ります。

摩周湖第三展望台

摩周岳の中腹に大きく口をあけた陥没火口(カルデラ)湖です。火口壁から水面までは200㍍以上の断崖で、水深は212㍍あるそうです。湖水は神秘的な色を湛えて美しく、透明度25㍍は日本一を誇っており、湖の中央には中島(カムイッシュ)があり、神の棲む島として尊ばれてきました。中島を中心に摩周岳を正面に見る展望台で、原生林に囲まれた摩周湖が横に大きく広がって見えます。因みに第一展望台は有料ですが、こちらは無料です。また、当日は朝早いこともありましたが、風が強く寒かったです。

写真を拡大する

今年は初秋の北海道をレンタカーでゆっくりと巡ります。

900草原展望台

牧草地面積が900haある事から、その名が付いた900草原。地平線は見えませんが、多和平、開陽台と並び、道東三大展望地としてメジャーな場所です。実際の牧場面積は1440haあり、摩周岳や硫黄山などの著名な山々の景観が素晴らしい。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

今年は初秋の北海道をレンタカーでゆっくりと巡ります。へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

冬の北海道 洞爺湖・大沼・函館モニターツアー (第2日目) 函館日帰り旅行 デートにおすすめ☆函館キレイどころスポット満載旅行☆ ★開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅・モニターツアー2日目 GOTO第3弾 ホテルが安すぎ!週末釧路3日間
冬の北海道 洞… 函館日帰り旅行 デートにおすす… ★開港の街「函… GOTO第3弾…

新着スケジュール