海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPスローな島旅バスで廻った小豆島&播磨の小京都龍野2014秋の旅行記

スローな島旅バスで廻った小豆島&播磨の小京都龍野2014秋

秋が深まり紅葉が美しい小豆島をのんびり楽しみました。翌日は奥ゆかしいたつの市を訪れました。

スローな島旅バスで廻った小豆島&播磨の小京都龍野2014秋

スローな島旅バスで廻った小豆島&播磨の小京都龍野2014秋

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

スローな島旅バスで廻った小豆島&播磨の小京都龍野2014秋

坂手港

2014.11.21早朝
神戸から出航したフェリーがもうすぐ小豆島の坂手港に着きます。とても良い天気で朝日がきれいでした。
船内で知り合った女性とお話ししていると旅の話になりました。
私は下船後バスで草壁港まで行き、その後寒霞渓行きのバスが9時までないのでそこから50分くらいぶらぶら歩いていくつもりと話すとそれは大変だから港に車で迎えに来てくれてるご主人に送ってもらうよう頼んであげるとおっしゃってくださりお言葉に甘え寒霞渓(かんかけい)ロープウエイ乗り場まで送ってもらえました。
池田港近くで仕出し屋さんを営んでおられるとのこと。お忙しいのに親切にしていただき暖かい気持ちで旅が始まりました。

写真を拡大する

スローな島旅バスで廻った小豆島&播磨の小京都龍野2014秋

寒霞渓

寒霞渓ロープウエイ乗り場へ送ってもらった車からの風景は空は澄みきり真っ青で山々の紅葉がとてもきれいでした。寒霞渓ロープウエイ乗り場へは8時前に着いたのにもうすでに長蛇の列ができていました。頂上へはロープウエイで5分くらいで着いてしまいます。

寒霞渓は1300万年前の火山活動による安山岩、集塊岩等が侵食、地殻変動によってできているそうです。美しい紅葉と地球のエネルギーでできた力強い岩。

写真を拡大する

スローな島旅バスで廻った小豆島&播磨の小京都龍野2014秋

寒霞渓

色鮮やかな紅葉
山頂には展望台やお土産屋さんなどあり賑わっていました。

写真を拡大する

スローな島旅バスで廻った小豆島&播磨の小京都龍野2014秋

寒霞渓には3つのハイキングコース(登山道)があります。
・表12景をめぐるゆるやかなコース(距離2㎞、1時間)
・裏8景をめぐるコース(距離1.8㎞、1時間)
・小豆島の最高峰星ヶ城山へと続く山上のコース(距離2.3㎞、1時間30分)

もし時間や体力が許すのなら裏8景をめぐるコースで山を下りたいと思っていました。寒霞渓まで歩かずに来られ、天気もよいので登山道を下りていきました。
【石門】自然の力でできた石門。すごい!周りに人はなく美しい風景を一人占めしました。

写真を拡大する

スローな島旅バスで廻った小豆島&播磨の小京都龍野2014秋

寒霞渓

石門から見える幟岳(のぼりだけ)
この景色も一人占めです。石門の景色はとってもきれいで足をとめてしまいました。
登山道には奇岩がたくさんあります。途中松茸岩がありました。鹿岩もあるはずでしたがわかりませんでした。

写真を拡大する

スローな島旅バスで廻った小豆島&播磨の小京都龍野2014秋

寒霞渓

幟岳と紅葉。美しい。誰もいないのでゆっくり満喫でます。至福のひとときでした。

写真を拡大する

スローな島旅バスで廻った小豆島&播磨の小京都龍野2014秋

石門洞
不動明王大石仏があります。ここの紅葉も本当にきれいでした。感激でした。

写真を拡大する

スローな島旅バスで廻った小豆島&播磨の小京都龍野2014秋

ずっと美しい紅葉が続く道を下山しています。この辺りは大分降りていますが人がいません。静かに満喫できます。

写真を拡大する

スローな島旅バスで廻った小豆島&播磨の小京都龍野2014秋

美しい紅葉

写真を拡大する

スローな島旅バスで廻った小豆島&播磨の小京都龍野2014秋

猪谷バス停の近くです。雄大な自然を下からみると地球のエネルギーを感じます。
ロープウエイ乗り場の紅雲亭バス停から1つ目です。
バスの時間に間に合ってほっとしました。
しかし 山道は石段に整備されていて歩きやすかったのですが普段履きのショートブーツを履いていたのでクッションがなく足に堪えました。

写真を拡大する

スローな島旅バスで廻った小豆島&播磨の小京都龍野2014秋

オリーブバスに乗車して1日フリー券を購入しました。
次は二十四の瞳 映画村へいきます。
草壁港で下車して映画村行きのバスに乗り換えます。草壁港から映画村行きのバスの本数は極端に少なく絶対に逃すことはできないので予定通り乗車できひと安心でした。

写真を拡大する

スローな島旅バスで廻った小豆島&播磨の小京都龍野2014秋

二十四の瞳映画村

映画「二十四の瞳」や「八日目の蝉」のロケが行われたそうです。
「壷井榮文学館」があり作家壷井榮のひととなりをしることができました。
コスモスが風に揺れてのどかでした。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

スローな島旅バスで廻った小豆島&播磨の小京都龍野2014秋へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

乗り物などの料金や時刻は旅のスケジュールに記載しました。

新着スケジュール