海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP日光の紅葉2020年★中禅寺湖、明智平、半月山、華厳の滝、竜頭の滝…の旅行記

日光の紅葉2020年★中禅寺湖、明智平、半月山、華厳の滝、竜頭の滝…

最盛期の日光の紅葉スポット、明智平、半月山、華厳の滝、竜頭の滝と日光東照宮を巡る1泊2日の旅

日光の紅葉2020年★中禅寺湖、明智平、半月山、華厳の滝、竜頭の滝…

日光の紅葉2020年★中禅寺湖、明智平、半月山、華厳の滝、竜頭の滝…

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

日光の紅葉2020年★中禅寺湖、明智平、半月山、華厳の滝、竜頭の滝…

日光ステーションホテル Ⅱ番館

「そうだ、日光へ行こう!」と日曜日の昼過ぎに思い立ち、月曜日の日光の天気を調べたら晴れ! 日光駅前付近のホテルは? 空いている! ということで、日曜日の夜に埼玉を出て、紅葉の日光へ。 コロナ禍で、紅葉の最盛期といえども、平日の月曜日。中禅寺湖周辺の道路の混雑は……。

格安(+「GoToキャンペーン」)なホテルでしたが、きれいなホテルでした。朝食はつかないとのことでしたが、1階の食堂で簡単なブッフェ(和+洋)もいただけて、満足です。

写真を拡大する

日光の紅葉2020年★中禅寺湖、明智平、半月山、華厳の滝、竜頭の滝…

東武日光駅/日光線

東武鉄道の日光の玄関口、東武日光駅。山小屋風の駅舎がすてきな佇まいです。駅前から中禅寺湖方面のバスが出発しますが、あえて東武日光駅からではなく、徒歩数分に隣接するJR日光駅へ向かいました。

写真を拡大する

日光の紅葉2020年★中禅寺湖、明智平、半月山、華厳の滝、竜頭の滝…

東武日光駅/日光線

東武日光駅前には、ショッキングなカラーリングの列車が1両。過去に「国鉄」日光駅から「いろは坂」の「馬返」までを走っていた路面電車「東武鉄道日光軌道線」の車両とのこと。この後紹介しますが、この軌道線に乗車し「馬返」で明智平へ登る「ケーブルカー」に乗り継げたのですね。今も残っていれば、便利だったような気がします。

写真を拡大する

日光の紅葉2020年★中禅寺湖、明智平、半月山、華厳の滝、竜頭の滝…

日光駅/日光線

こちらはJRの日光駅です。日光への玄関口を巡って、かつては東武と国鉄(現JR)で、し烈な争いを繰り広げたとのこと。JR側の駅舎も立派な佇まいです。

現在は、JR宇都宮駅とを結ぶローカル線のJR日光線の列車が1時間に1本程度発着する静かな佇まいですが、国鉄時代は東京方面からの列車が発着する玄関口でした。

写真を拡大する

日光の紅葉2020年★中禅寺湖、明智平、半月山、華厳の滝、竜頭の滝…

日光駅/日光線

中禅寺湖へのバスまで、少し時間がありますので、駅舎内を見学していきましょう。

写真を拡大する

日光の紅葉2020年★中禅寺湖、明智平、半月山、華厳の滝、竜頭の滝…

日光駅/日光線

駅舎の2階に上がれるようになっています。白い漆喰の壁と明治時代のシャンデリアが美しい「ホワイトルーム」です。旧国鉄時代、一等旅客専用特別待合室として使われたそうです。

写真を拡大する

日光の紅葉2020年★中禅寺湖、明智平、半月山、華厳の滝、竜頭の滝…

日光二荒山神社・神橋

JR日光駅から路線バスで中禅寺湖方面を目指します。JR日光駅からバスに乗車したのは、そこが始発だからです。紅葉時期などは多くの観光客でにぎわうため、途中のバス停からでは座ることが困難だろうと推測。コロナ禍の平日でしたが、JR日光駅発車時点で満席。東武日光駅からは座ることはできませんでした。

バスは、やや定刻より遅れて日光のランドマーク「日光東照宮」の玄関ともいうべき「神橋」を通過します。車窓からパチリ。

写真を拡大する

日光の紅葉2020年★中禅寺湖、明智平、半月山、華厳の滝、竜頭の滝…

いろは坂

バスは紅葉と渋滞の名所として知られる「いろは坂」を上ります。渋滞がなく、スムーズに走行していきます。

ヘアピンカーブを繰り返しながら紅葉の中、高度を上げていきます。

写真を拡大する

日光の紅葉2020年★中禅寺湖、明智平、半月山、華厳の滝、竜頭の滝…

明智平/東武バス

定刻より10分程度の遅れで明智平へ。

この明智平は、「いろは坂」の上り時のみ立ち寄れるスポットとなっています(「いろは坂」下り線では立ち寄れない)。ここから数分の乗車で楽しめる絶景スポットへ向かうためにロープウェイに乗り換えます。ただ、このロープウェイに乗車するには先着順の整理券をゲットしなければなりません。9:20発の回となりましたので、この駐車場で時間をつぶします。

写真を拡大する

日光の紅葉2020年★中禅寺湖、明智平、半月山、華厳の滝、竜頭の滝…

明智平ロープウェイ

明智平ロープウェイ乗り場の駐車場には、石組みの遺構が。付近の看板を見ると、麓の「馬返」から高低差430mを駆けあがってくる日光鋼索鉄道線(ケーブルカー)の駅だったとのこと。かつては国鉄日光駅から「東武鉄道日光軌道線」を経て、ケーブルカーとロープウェイで「明智平展望台」間を行き来できたのですね。乗ってみたかったです。

写真を拡大する

日光の紅葉2020年★中禅寺湖、明智平、半月山、華厳の滝、竜頭の滝…

明智平ロープウェイ

標高1373mの「明智平展望台」へ向かうロープウェイの進行右側は、「いろは坂」の下り線などの絶景が見られます。晴れという予報でしたが、雲が厚くなってきてしまいました……。

写真を拡大する

日光の紅葉2020年★中禅寺湖、明智平、半月山、華厳の滝、竜頭の滝…

明智平展望台

3分の短い乗車で(待つ時間が長かった)ロープウェイの終点へ。眼下に明智平の駐車場などが見えます。

※ロープウェイの乗車定員が数十人と少ないので、紅葉時期などは乗車までに待ち時間が発生してしまいます。

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

日光の紅葉2020年★中禅寺湖、明智平、半月山、華厳の滝、竜頭の滝…へのコメント

makoa187jpさん  2020/12/17 10:43

tomitaspさま、コメントありがとうございます。

晴れていれば!さらに美しかったと思います。

25日は、天気良かったみたいですが、風が強くて明知平ロープウェイは運休だったそうです。

渋滞は覚悟ですが、それでも見たい紅葉ですね。

tomitaspさん  2020/12/16 21:34

こんばんは。
同じ時期に中禅寺湖に行っていた(我が家は通っただけですが)とは
思えないほどの美しい紅葉の写真の数々に感動しました。

makoa187jpさんがいかれた前日25日のいろは坂(中禅寺湖方面)はかなり渋滞してましたよ・・。


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

※1:東武鉄道特急「きぬ143号」 19:35 春日部発 → 20:43 下今市着 などを利用

※2:東武鉄道特急「けごん48号」 18:06 東武日光発 → 19:28 春日部着 などを利用

※3:「まるごと日光 東武フリーパス」は、東武鉄道発駅(新越谷駅)から東武日光駅間往復乗車券と日光エリア内の路線バスが期間内で乗り放題になったり、提携施設での優待が提供されるというおトクなきっぷ。今回の旅では正規料金(¥6620)に比べ、「明智平ロープウェイ」の往復運賃10%割引も含めて、¥2520ほどおトクになりました。

◆予算

(1)移動
・戸塚安行 ー 東川口: 210×2=¥420
・東川口 ー 南越谷: 160×2=¥320
・春日部 → 東武日光(特急券): ¥1250
・東武日光→ 春日部(特急券、午後割・夜割): ¥840
・「まるごと日光 東武フリーパス」: ¥4380
・明智平ロープウェイ: ¥740 → ¥670(※3)

(2)食事
・往路特急内で食べる弁当代など: ¥3173

(3)観光
・華厳の滝エレベーター: ¥570
・日光東照宮: ¥1200

(4)宿泊
・日光ステーションホテル Ⅱ番館: ¥5720
※「Gotoキャンペーン」適用後。「地域クーポン(¥1000分)」別途

(5)その他
・雑費: ¥0

□参考サイト:
・東武鉄道:
https://www.tobu.co.jp/
・東武バス(日光交通):
https://www.nikko-kotsu.co.jp/
・明智平ロープウェイ:
https://www.nikko-kotsu.co.jp/ropeway/
・華厳の滝エレベーター:
http://kegon.jp/
・日光旅ナビ(日光市観光協会)
http://www.nikko-kankou.org/
・日光ステーションホテル Ⅱ番館:
https://www.nsh2.jp/

近くの旅行記

【奥日光ウォーク】日光湯元温泉に泊って、初めてのスノーシューでハイキング。 川越・日光・浅草・・・関東圏の史跡をぶらりと散策。 【奥日光ウォーク】湯元温泉から刈込湖・切込湖を歩いて光徳牧場へ。 列車とバスで日光東照宮・浅草寺日帰り参拝 11月末の日光&鬼怒川を旅する 【各駅停車の旅】二つの世界遺産(日光&平泉)に寄って、岩手に帰省!
【奥日光ウォー… 川越・日光・浅… 【奥日光ウォー… 列車とバスで日… 11月末の日光… 【各駅停車の旅…

新着スケジュール